2017.03.22

東京都少年剣道大会

IMG_9205.jpg
3/19はいよいよ東京都少年剣道大会をむかえました。

これまで2年連続の三位で悔しい思いをしてきており、
今年こそは優勝を!と稽古に励み大会に臨みました。

結果はAチームが準優勝、
Bチームが2次リーグ敗退・三位入賞まであと一歩という結果でした。


Aチームは2次リーグ・準決勝ともに基本技を僅差でリードした場面で
一本勝負をねばり強く戦い、団結して勝ち上がることができました。

決勝では基本技5-2と離されてしまう展開となり、
一本勝負では先鋒・次鋒が連続して勝ち
もう一歩まで迫ったのですがそこから勝ちを奪えず敗退となりました。

念願の優勝に届かなかったことは無念です。
一本勝負では勝負強さを発揮しただけに、
基本技でもっとリードさせてあげられていたらと思います。

一本勝負は個人の力量ですが、基本技は指導力の戦いだと思っています。
優勝するためには私の力量がもうひとつ足りなかったのでしょう。

また、Bチームは1次リーグの2試合をどちらも
基本技7-0で勝ち上がっており、稽古の成果が出すことができました。

来年は優勝、そしてAB両チームの同時入賞を目指します。

ご指導・ご協力いただいた先生方、保護者の皆様ありがとうございました。
そして選手のみんな、稽古・大会とお疲れ様でした。
それぞれの新学年でまた気持ち新たに頑張りましょう。

Posted at 22:59 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2017.03.13

試合稽古

いよいよ東京都少年剣道大会が今週末に迫ってきました。
基本技稽古法、一本勝負も何度も稽古を重ね、
あとは最後の調整をして自信を持って大会に臨みたいと思います。


こちらの大会とは別に、5月に行われる区の剣道大会に向けて
所属道場の有志で集まって稽古をすることができました。
この大会は大人の団体戦があるため、
それぞれの団体の名誉をかけた重要な一戦です。

私は六段となってもう出場できませんが、
自分の稽古にもなりますし、他の大会は多くありますし、
皆さんの稽古相手になればと思い参加してきました。
怪我をしないよう細心の注意を払いながらです笑


基本稽古や試合を想定した稽古の後、
審判を立てて三本勝負も5回行うことができました。

試合稽古では、ウェイトトレーニングの成果なのか
下半身が非常に安定して、打突も強く鋭く打ち切ることができ、
相手の打突に対しても落ち着いてさばけました。

逆に攻め合いの攻防で左足が曲がってしまう点はまだ改善できず。
自分の攻める形で間合いを詰められれば、
この姿勢はなくせるはずですので、常に攻めを意識することを考えます。

大人同士で試合稽古はなかなかできないため、
とても有意義な稽古になりました。

また開催予定だそうですので、
試合においても七段の試合ができるよう
次回はより意識したいと思います。

Posted at 23:46 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2017.03.08

防具の修理 ~審査に向けて~

東京都剣道大会も終わり、
自分が試合をする大会はしばらくなさそうなので
この期間に防具の修理をしたいと思っています。

11月の七段審査に向けてのメンテナンスです。
直前にドタバタしたくはないので、
この時期がちょうどいいかなと。

私の出稽古・試合用の防具は地元大阪の剣道具店で
職人の「おっちゃん」が布団から作ってくれたものです。

おっちゃんに電話をしたところ、
防具一式郵送してから修理内容相談ということでしたので、
さっそく送りました。

IMG_8881.jpg

IMG_8882.jpg

IMG_8883.jpg
面は一度バラして汗抜きをしたあと、
布団塗り・縁塗り・内輪交換

IMG_8887.jpg

IMG_8888.jpg

IMG_8889.jpg
垂れも汗抜きのあと塗り直し

IMG_8885.jpg
胴は磨きと皮部分の塗り直し

IMG_8884.jpg
小手はバラして手の部分ごと取り替え
をお願いしました。

面が一番汚れと破損がひどく、
あごの黒い塗りがはげている部分は
自分でビデオを見ていても、白くて気になるほどでした。

もうバケツにつけて汗抜きを始めてくれたそうで、
できあがりが楽しみです!(^-^)

Posted at 23:33 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2017.03.02

剣道でウェイトジャケットを使ってみました

IMG_8877.jpg
どどん、これがウェイトジャケットです。
重りのついたジャケットですね。

IMG_8878.jpg
マジックテープで装着する仕様になっています。

少し前に九州学院の選手の特集がテレビで取り上げられていて、
大会前の稽古ではウェイトトレーニングの重りを
ロープで身体にしばりつけて稽古をしていました。

その時は『なるほど、その発想はなかったな~』ぐらいに
と思っていたのですが、しばらく経ったころ
妻がネットでこのジャケットを見つけてきました。

購入はちょっと迷ったのですが、
ちゃんとしたメーカー(ミズノ)が作っているものですし
空手の稽古にも使えるかもしれない
ということで思い切って買ってみることにしました。


このジャケットは小さな重りを自由につけ外しできる
ようになっていて、最大10kgの重りを装着できます。
ひとまず稽古では5kgの重さでつけてみています。

5kgにして手で持つと、ズシッと感じるほどですが
稽古で来てみた感想は、「意外と動ける」という印象です。
もちろん身体が重くはなるので遠い面などは難しくなりますが、
打突の機会を捉えて打てばきちんと打つことができます。
ただ、慣れないとひざに衝撃が来るかもしれません。

稽古で使ってみて、周りの反応は…
『ドラゴンボールみたい!』というものや
『何を目指してるの?』などさまざまです笑

これを着けて稽古すると、
相手の方によっては不快に感じることもあると思いますので
機会など見計らって稽古に使っていこうと思います。

Posted at 23:48 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2017.03.01

筋トレビッグ3

昇段審査や自身の大会などもありましたが、
東京都少年剣道大会に向けて
忙しく稽古を重ねています。

A/Bチームのそれぞれのメンバーも決定し、
元立ちと掛かり手で何度も
動作を確認しながら合わせています。

もう暦が3月になり、
大会まであと2週間…
しっかり仕上げて自信を持って大会に望めるようにします。


さて、空手もボチボチ稽古を重ねていまして…
こちらの稽古後のフリートレーニングの時間には
ウェイトトレーニングをやっています。

種目は「筋トレビッグ3」と呼ばれているこの内容

①ベンチプレス
②デッドリフト
③スクワット

この3つで全身を万遍なく鍛えられるそうで、
それぞれYoutubeでフォームを勉強しながらトレーニングをしています。
回数は40kg、10回×3セットを目安に行っています。

最近はようやく慣れてきたところですが、
3種目やろうと思うとなかなか時間もかかります。
本当は重さも徐々に重くしながら
「オールアウト」という全部出し切った状態にするのが
良いそうですが、時間の関係もあってなかなかできません。

目的は審査や大会に向けて、
強い身体(特に下半身)を作ることなので
自分にあった重さや回数を模索しながら続けていきます。

2017.02.23

四五段審査会

IMG_8807.jpg
話が前後してしまいますが、2/18は四五段審査会の会場に。
朝早く着いたため、まだ誰もいません。。。

この日の審査会では、所属の道場から
四段1名五段1名が合格されました。
おめでとうございます!


私はというと、今回は審査会場の係員を務めました。
受審者の整列と、番号の読み上げを交代で行いました。

一日係員をしていて感じたのは、若い方が多い会場だったためか
皆さん直前まで面をつけないことです。
私だったら緊張して早めに面を着けて待ちそうですが、
番号を呼ばれてから面を着ける方も多いぐらいで、
間に合わなかったらどうするの?と私が心配になりました。

緊張感の感じ方が違うのかもしれません。
ジェネレーションギャップでしょうか?(^-^;)


立ち合いも多く拝見できました。
さすが大学生は腰からの打突がしっかりしている方が多かったです。
左手の握りで、柄が余っている方が多いのが気になりました。

形審査では、座礼の座り方・木刀の置き方(特に仕太刀)が
わからず戸惑っている方が多かったですね。
ただ、私も大学生の時は剣道形は何も知りませんでしたから、
大きなことは全く言えません笑
きちんと先生に教わって剣道形も稽古して欲しいですね。


そうそう、もう次回4月の審査案内が届きました。
審査を間近で見られた経験を指導にも活かしたいと思います。

Posted at 23:51 | 昇段審査 | COM(3) | TB(0) |
2017.02.21

東京都剣道大会

toukyotokendo.jpg
2/19は東京都剣道大会に大将として出場しました。
画像は右が私です。

結果は1回戦接戦の末代表戦を制し、
2回戦は余裕をもって勝ち上がりましたが、
3回戦で法務に敗退となりました。

チームとして、2・3回戦に勝ち上がれる力はついてきましたが、
そこからの戦いがまたレベルが上がって難しいことを感じました。
次はこの一歩上を目指したいと思います。


私は、1回戦スコアが勝ち数・本数とも同数のまま回ってきましたが、
大将戦は一旦引き分けという結果になりました。
その後の代表戦に選ばれたところ、大将戦と同じ組み合わせとなり、
これをなんとか制することができました。

2回戦は前4人が順調に勝つことができ、
大将戦では1本勝ち。

3回戦は5-1のスコアですでに負けが決まっている状態で、
なんとかもうひとつ勝ちたいところでしたが、
初太刀から出小手を奪われ、続いて相手の攻めに
苦し紛れに小手を打ち、その後を面に返されてしまいました。


勝つことができた1・2回戦でも、相手の攻めに対して
構えや体を崩してかわす場面が多くなってしまった点は反省点です。
勝負がかかってくると、どうしても守りすぎてしまいます。
ただ、そこで打たれてもいけないので難しいところです。

理想としては、極力構えを崩さずに相手の打突をかわし、
打ち終わり、もしくはつば競り合いから
即座に打突できるようにしたいと思っています。

負けてしまった法務戦では、攻めて相手を崩すことができず、
相手の攻めの形で打ってしまいました。
攻めを作れなかった理由を振り返って次に活かします。


大会終盤は、学生クラブ(中央大)と警視庁の決勝戦を見られました。
全体的に学生が挑戦者の立場で生き生きと試合をしており、
警視庁を大将戦で1本先制という状況まで追い詰めましたが
最終的に警視庁大将の越川選手が逆転して優勝となりました。

また上位の選手から刺激をもらえましたし、
あとひとつ上に行くために必要なものが見えてきた気がしています。
またこの経験を糧に稽古に励みます。

Posted at 23:54 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2017.02.13

都道府県対抗 東京都予選会

201802都道府県対抗予選
2/12は都道府県対抗の東京都予選会に出場し、
準々決勝まで勝ち上がることができました。

1、2回戦は時間ギリギリで一本を奪って勝ち、
3回戦は延長戦を制しましたが、
4回戦となる準々決勝で法務の選手に敗れました。

これまで個人戦では1,2回戦敗退がほとんどでしたが、
ひとつ上まで進むことでより高いレベルの選手と
剣を交えることができ、とても貴重な経験になりました。


試合運びの面では、
3回戦で長い延長になりましたが、
やみくもにイチかバチかの勝負をしかけず
粘り強く攻めて機会を捉えることができました。

日頃子供たちには「攻める剣道をしなさい」
「攻めて引き出す剣道をしなさい」と話していますので、
それを自分が実践しなければという想いでした。

先の攻めを意識しましたが、先に一本を奪えたのは
全試合を通じて攻めて挙がった手元を打った1度だけ。
残りは返し技が多い結果となりましたが、
先の攻めがあればこそ、返し技を奪えたのかと思います。


決して充分な稽古をして臨めたわけではなかったのですが、
秋ごろから身体づくりを進めてきたのが
良い結果につながったひとつの理由かもしれません。

ビデオで振り返ってみると、身体が少し大きくなった印象で、
いままでより下半身が安定することで
構えも安定して良くなっているように感じました。

画像は向こう側が私ですが、
相手の方の姿勢が素晴らしいです。

今回はつばぜり合いでも下がらないことを意識し、
多少体力を使っても押し負けないことを考えてみました。
つばぜり合いになると、いつもはなんとなく場所を移動してしまいますが、
そこを譲らず、下がる場合も自分から下がる、
ここでも先を取ることを意識しました。


今回の良い部分はしっかり振り返って、
次のトレーニング、稽古、大会につなげたいと思います。

来週は東京都剣道大会に出場しますので、
ひとつでも多く勝ち上がれるよう全力を尽くします。

Posted at 23:16 | 試合参加 | COM(2) | TB(0) |
2017.02.10

稽古の課題

201802稽古
所属の道場では春の六段審査の申込みも終わり、
私も七段審査への緊張感が少しずつ高まってきました。
気を引き締めて自身の稽古に励みたいと思います。

毎回稽古をビデオに撮っていますので、
「七段の剣道になっているか」という視点で確認するようにしています。

最近の振り返りでは、姿勢・構えに"伸びやかさ"が足りないと感じ
・背筋を伸ばし、立ち姿を美しく
・左こぶしの位置を下げ、剣先を効かせる
ことで品位・風格のある構えを目指しています。


先日ふと書店で購入した剣道の本に、
右手で握手した状態で、『スッと手首を内側にして少し前に出す』と
相手の手をロックした状態になり、
竹刀で同じようにすると攻めが効く、とありました。

これも剣先の攻めのテーマとして試しています。
うまく感覚をつかめれば少年指導にも活かしたいと思います。


攻めでは、構え合った状態から、
打突時の"右足一歩の攻め"を特に意識しています。

この交刃から打ち間への一歩の足遣いで、
相手の状況を感じ、動かないなら先に打ち、
出てくるなら返す、これを同時に行うことを目指しています。
足遣いの「懸待一致」とでも言うべきでしょうか。

まだまだ攻めて打って出た際に
出ばなに小手を抑えられる場面も多いため、
この一歩の攻め足を工夫したいと思います。

稽古のテーマは尽きません。
一度の稽古を大切にしたいと思います。

Posted at 23:58 | 稽古録 | COM(4) | TB(0) |
2017.02.07

初段弐段参段審査

週末に行われた審査会にて、
初段1名、参段2名の全員が合格することができました。
昇段おめでとうございます!

初段の方は中国からの留学生で、
母国でも剣道の経験はありましたが
学科試験も日本語で書いて合格したのですから立派です。

参段はふたりとも高校生ですが
稽古と剣道形をしっかり頑張ってくれました。
経験も充分ありますし安心して見ていられました。


私はというと、今回は審査会場での立ち合いを務めました。
参段以下の審査では2回目になります。
受審者の誘導や説明も立ち合いの係が行いますが
他の先生方と協力しスムーズに進行できたかなと思います。

2/18は東京都の四五段審査の係員を依頼されました。
こちらは初めてですが、円滑に行えるよう努めたいと思います。


そういえば自分が出場する試合が迫っています。
2/11 東京都都道府県対抗予選会(個人)
2/18 東京都剣道大会(団体)

東京都少年剣道大会に向けた稽古・指導もありますが、
自分の試合も良い成績につながるよう努力します。

Posted at 23:41 | 昇段審査 | COM(2) | TB(0) |