2018.09.10

柄の長さをかんがえてみる

IMG_2709.jpg
竹刀の柄の長さについて、
以前37.5に変えてみたということを書きました。

一般的に竹刀の柄の長さはこんな特徴があるかなと思います。

長い:
 手元の操作がしやすい、打突部が短い
 小手が得意な人向け、面には不向き
 高校生・大学生に多い

短い:
 手元の操作がしにくい、打突部が長い
 面が得意な人向け、小手には不向き
 高段者に多い

私は小手が得意なのでどうしても
柄が長い竹刀が使いやすかったのですが、
柄が長いと両手の間隔があるため
姿勢も前傾しがちになってしまいます。

最近小手を変えたことと、手の内の握りを
人差し指・親指も使うことを意識してきたことで
柄が短くても小手を打つことに
それほど不自由しないことを感じてきました。

今では37.5よりも37.0にしようかと思っているぐらいです。
小手を打つことに問題がなければ
やはり姿勢を良くしたいですね。
理想は警視庁の選手のような背筋が美しく伸びた構えです。

ただ、高段者は柄は短い方がいいと
盲目的に短くするつもりはありません。
あくまで自分の剣道がしっかり行える範囲で考えています。
自分の感覚と理屈を重視する人間なのです笑

握りと姿勢と柄皮の長さ、
これからも工夫していきます。

Posted at 23:49 | 剣道具 | COM(2) | TB(0) |
2018.08.12

37.5

IMG_2558.jpg
稽古の際の立ち姿を、もっとスッと伸びるように構えたいと常々思っていて
・手首の柔らかい小手を使ってみる
・柄革を短くする
ことで改善するのではないかと考えていました。

小手は先日とうとう新しくなったので、
柄革も短くすることに挑戦してみました。

私は普段は柄革は長めで、元々は38のもの(だったかな?)
使い込むうちに伸びてきているので
それが右手の位置や左手のおさまりの悪さに
つながっているのかと思った次第です。

よく覚えていないのは、いつも使っている柄革を持って行って
長さを調整してもらっているからです。
自分でも38だったか、39のものだったか忘れてしまいましたw


それでどの長さぐらいがいいのかと思っていたところ、
ある先生から「37.5(さぶななてんご)」を
使っているというお話をうかがいました。

同じ頃にお店に行って事情を話すと
ちょうど37.5を紹介されたので、これをつかってみることにしました。
写真の柄革にうっすら37.5の数字が残っていますw

柄革に0.5のサイズがあるんですね。
いや~、いままで知りませんでした。


稽古1
さっそく稽古で試してみました。
まだまだですが、少し伸びやかに構えることができてきた気がします。

柄革は段位に応じた剣道をするためにも、
これぐらいが両手の収まりを見ても良さそうに感じます。

柄革を長くしていたのは、得意な小手が打ちやすいからなので
試合までに新しいものに慣らしたいところです。
面を打つ間合いも柄革を変えたことで
調整できたりしないかといろいろと考えています。

小手の握りや柄革を変えることで、
また稽古のテーマができたので、回数を重ねて工夫していきます。

Posted at 13:34 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.08.10

小手の握り方

小手を購入した剣道具店で教わった握り方。

「左手の親指が四本の指の上にかぶさるように握る」
「右手の親指を打突の際に押し込む」
をやってみるとこんな形になります。

IMG_2562.jpg
まずは指を指先までしっかり小手に押し込みます。
竹刀はこの指先まで意識して包むように握ります。

IMG_2563.jpg
左手は親指を他4本にかぶせるように握り込みます。
この親指の使い方で構え、中心の取り方が安定し強くなるそうです。
ここまで握りこむことが、この小手の柔らかさがないとできません。

IMG_2565.jpg
右手の親指は一般的には、人差し指の上に並ぶ形になると思いますが…

IMG_2564.jpg
親指を人差し指側に押し込むように握るそうです。
特に打突の際はこの親指、右手の使い方が重要になるそうです。

有名選手の小手は、親指が触れるこの人差し指部分が
へこむように大きく変形していました。
よほど強く、毎回やっていないと小手が変形することなんてありませんよね…
これは店頭で見せていただいて本当に驚きました。


実際に稽古で行ってみると、握り始めは意識できても
稽古を続けているとしっかり握れていないことが多いです。

左手の握りはずれてしまいますし、
右手も親指を意識すると肩に力が入りがちで難しいです。
これは継続して取り組まなければと思います。

Posted at 23:51 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.08.08

小手が完成しました

IMG_2559.jpg

IMG_2560.jpg

IMG_2561.jpg
少し前ですが、とうとう小手が完成したとの連絡が!
早速お店に取りにうかがい受け取ってきました。

手に取った感触は柔らかくて、手になじんでフィットする感じです。
小手を購入した際の固さをほとんど感じないですね。


稽古でも使ってみました。

まず最初の印象としては、驚くほど軽い!ということです。
手に持ってみても軽いのですが、
稽古の始めの切返しで振りかぶった際に
小手の重さを感じないことにびっくりしました。

あとは全体的に柔らかいために
指先までしっかり握れる点が今までの小手と違う印象です。

使っていけばもっと柔らかくなるようなので、
繰り返し稽古で使ってみたいと思います。


逆に基本打ちなどで小手を打たせる場合、
子供たち相手に数を打たせる場合は
従来の小手の方が向いていそうです。

新しいものは少し筒の部分が薄めで
数をたくさん打たせるとやや痛い印象でした。


あとはお店で教わった握り方、
「左手の親指が四本の指の上にかぶさるように握る」ことと
「右手の親指を打突の際に押し込む意識」を
やってみましたが、いままでの握りのクセもあって
すぐにこなすのは難しそうです。

まずは小手の奥までしっかり指を入れて
左右の指先まで意識して握ることから取り組んでみようと思います。


稽古でご一緒した先生も長年愛用されているとのこと。
特に試合や審査などには欠かせないそうです。
私も同じ印象でした。これから長く使っていきます。

Posted at 23:34 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.06.05

一引印の握り方

小手を注文した際に竹刀の握り方を一緒に教えていただきました。

印象に残った点は
・小手は親指を奥まで押し込んでつける
・握りは指の第一関節までしっかり竹刀につける
・左手親指はげんこつの形で親指までしっかり握る
・小指・薬指など下の指だけでなく、すべての指に均等に力をかけて握る
・握り込んだ状態で力を抜く
・右手は打突の際に押し手として使い、親指の使いを意識する

言葉だけではわかりにくいかもしれませんが、
全日本クラスの選手の方が使った小手と
合わせるととても説得力がありました。

私がいままで意識できていなかったのは、
指の第一関節まで使って握る、
構え・打突の際に親指を意識する、
ということでした。

この握りがしっかりできるのはこのお店の小手だけだそうで、
どんなものが出来上がるのか楽しみにしています。

Posted at 23:02 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.06.03

平野武道具の小手と握り方

先日平野武道具さんにて小手を注文してきました。
有名な「一引印」の小手です。
1ヶ月程度かかるそうで、楽しみに待っています。


京都大会
昨年七段に昇段することができ、これからの稽古のテーマを考えたときに
ひとつは「構え、竹刀の握り」をもう一度見直す必要があると思いました。

というのは、警視庁の選手などと自分の姿勢を比べると
大きな違いは握り、腕の使い方だと長年感じていたためです。

京都大会でも、相手の先生は力が抜けつつ、
力強い構えをされていました。

防具のせいにするつもりはありませんが、
防具からもう一度見直してみて取り組んでみようという気持ちです。
妻の防具を探した際にミシンでもいい小手があるんだと
気が付かされたことも理由のひとつですね。


さて、お店は個人宅の一角で営んでいるものでしたが、
中には内村選手、寺本選手、栄花選手などの使っていた小手も
飾ってあり、手に取ってみることができました。

その小手を手に取ってみて驚いたのは、
右手の親指の先端がすり減っていたこと、
右手の親指が触れる人差し指の部分がへこんでいたことです。

これは打突の際に右手親指で押し込むように
力を使っているためだそうで、
その力の使い方に衝撃を受けました。
その話はまた今度くわしく。


実際の購入する小手はまず非常に軽い印象で、
手を通してみた感触でもとても握りやすく感じたのですが
使いこむほどにやわらかくなるようで、
指を五本とも指先まですべてを使って握れるようになっているそうです。

握り方も店主の先生から教えていただき、
なんと小手も握りも両方の目的を果たせたことになります。
小手を待ちながら、握りも稽古で試していきたいと思います。

Posted at 23:58 | 剣道具 | COM(2) | TB(0) |
2018.05.22

防具が届きました!

妻の防具が郵送で届きました。
新品はワクワクしますね~。

IMG_1756.jpg
まず個人的に良さそうなのが小手です。
軽くて手の内がフィットする感じで使いやすそうです。

IMG_1757.jpg
裏には輝く『日本製』の文字が!笑
ミシンでも軽くて使いやすく、見栄えも悪くありません。
個人的にはちょっと衝撃で、ミシンの考えがすっかり変わりました。


IMG_1763.jpg

IMG_1761.jpg
面も『日本製』です。
面垂れはやや短めで、縫い目もきれいです。
さすがにオーダーメイドで作ってもらった
手刺しのものよりは少し重いようです。面金の素材の違いですね。


IMG_1772.jpg

IMG_1766.jpg
胴と垂れも安く揃えられました。
なぜか垂れが横方向に表示されません・・・。


そういえば道着と袴は京都大会の際に
出店していたものを買ってきたのですが、
これもなかなか良さそうです。

ちょっと写真を撮れなかったのが残念ですが…
(稽古場所に持って行ってしまいました)
道着はジャージ素材のものを初めて買ってみたのですが、
安っぽく見えず適度な厚さもあっていいものを探せました。

袴は東レの化学繊維のものがあったのですが、
色合いもテトロンよりも濃く、
生地にとても張りがあってびっくりしました。


私も小手を探す気持ちが高まってきました…笑

Posted at 23:03 | 剣道具 | COM(2) | TB(0) |
2018.05.12

河戸部道具さん訪問

5/2は翌日の京都大会に向けて大阪に帰省し、
なじみの河戸武道具さんに行ってきました。

こちらは防具をふとんから組み立てて
しかも破格の値段で作ってくれるため
私と妻の手刺しの防具もすべて作っていただいています。


今回は妻の稽古用のミシンの防具が古くなってしまったので
買い替えにやってきました。
中学生から使っているものなので、安く新しく揃えられたらいいなと。


いろいろ紹介してもらって、
日本製のミシンでいいものをそろえることができました。
特に小手が手にぴったりで握りやすく、
小手の頭も大きすぎずとても使いやすそうです。


最近は日本製のミシンがかなり見直されてきているようですね。
世界選手権モデルなどもありますし、
軽くて使いやすく、見栄えも手差しに劣らないようになっています。

私もミシンでいいものを探したくなってきました。
まずは小手が古くなってきたので、ぴったりフィットするものが欲しいな。
垂れも腹がキュッとしまるものはないものか。
面も二刀を意識すると柔らかいものがいいですね。

と欲を出すとキリがないですね(^-^;)
でもいい小手は真剣に探してみたいと思っています。

Posted at 23:21 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.27

防具袋を買えました!

IMG_1628.jpg

IMG_1629.jpg
先日ブログに書いた防具袋を購入できました!

同じタイプの防具袋を探していて、
ネットで検索しても、もう売っていないようでしたが
仕事現場近くの武道具店に立ち寄ってみたところ
なんと新品が置いてありました!

最近はやはり軽めのナイロンのバックが主流で
「この合皮の袋が欲しい方もまだいるんですね~」
と驚かれてしまいました(^-^;)


肩掛けベルトの接合部分はプラスチックになっているので
少し劣化や破損が心配ですが…
それを伝えたところ、余っていたベルトもいただけました。

もっと高いものを買うしかないかなと思っていたので、
思わぬ掘り出し物に出会えて感激です。

大事に使いたいと思います。

Posted at 23:00 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.22

もう限界?な防具袋

少し前の話になってしまいますが、東京剣道祭に出場した時、
負けて肩を落として、さぁ帰ろうと防具袋をかつぐと…

IMG_1303.jpg
防具袋の肩紐の金具が壊れてしまいました。
なんだかダブルでショックです…笑


金具が外れたのではなくて、
金属部分自体が劣化して壊れてしまいました。
金属がこんな風にちぎれるなんてなかなかありません。

この防具袋はいつから使っているか覚えていませんが、
(高校生ぐらいからかな?)
外側の小物入れのカバーの手で持つ部分の皮はすでに取れ、
小物入れ自体も縫い合わせが取れかけています。

そういえば肩掛けのベルトは一度壊れてしまったため、
別の防具袋のものを付替えていたのですが、
それも壊れてしまったことになります。


防具袋は他にもひとつあり、
過去にはいろいろ試したこともあったのですが
結局昔からよくあるクラシックスタイル?の
この防具袋が気に入っています。

ローラーが付いていると重くて手で運びにくかったり、
バッグとして大きすぎたり小さすぎたりすることもあって、
結局このクラシックに戻ってきた経緯があります。

とはいえさすがにそろそろ限界が近そうです。
もうこのタイプの防具袋は扱っていないお店が多く、
似たタイプでも高かったりするため、
新しい別のものを探さないとなぁ。


IMG_1597.jpg
ひとまず金具は使えないので、紐をしばって対応。
まだしばらくは持ちそうです。

Posted at 23:32 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |