2010.12.08

「火の呼吸」の講座をうけてきました

中央区立総合体育館
ちょっと前にクンダリーニ・ヨガである「火の呼吸」のチャリティー講座に参加してきました!
会社帰りなのでもうまっくら、会場は中央区立体育館でした。

火の呼吸とは、ヨガの中でも呼吸に焦点を当てており、
呼吸から身心を制御して、身体を活性化させるものだそうです。

身体を柔軟にという一般的なヨガとは少し違っているようで、
スポーツにも効果があると言われていて、ずっと興味を持っていました。

ちょっと昔ですが、グレイシー柔術のヒクソン・グレイシーが
「シュッシュッシュッシュッ」と呼吸しながらトレーニングするのを見たことありますか?
あれはクンダリーニ・ヨガを応用させたものだそうですよ。

さてさて、講座に参加してきた感想としては…
正直火の呼吸の効果とか全体像まではまだよくわからなかったです。
でもざっくりこのヨガの雰囲気が感じられてよかったです。

最初に講師の方に「DVDを見て火の呼吸を試してみました」とお話すると、
「じゃあやってみて下さい」とのこと。

いきなりのテストでびっくりしましたが、
自己流でやってみた火の呼吸はOKをもらえました!(*^-^)b

それからの講座は2時間程度で、
いろいろな姿勢でロングディープブレス→火の呼吸という流れ。

てっきり火の呼吸は座位でやるものとばかり思っていたのですが、
ねころんだり、手を上げた状態などなどいろんな姿勢があるんですね。

あと聞いてきたこと

・火の呼吸の最中はあごをひかないこと

 火の呼吸でエネルギーは尾骨にたまる
 そのエネルギーを背骨を通して身体に行き渡らせるのだが、
 あごを引くとそのエネルギーが頭まであがってしまい、頭痛になるそう

・ムルバンドゥ

 1のチャクラは肛門
 2のチャクラは性器
 これを順番に引き上げ、引き締める
 引き締め後はムダな力をいれなくてOK

「ヨガではスポーツと違って、"内観"という自分の身体を見つめることが大切です」
と講師の先生が話されていました。

呼吸をしながら自分の身心の変化を感じ取るのが大事だそうです。
なんだか難しそうですが、ちょっと面白そうだと思えました。
またやってみたいのですが、しばらくは講座がないみたいで残念です・・・。

話はずれますが、ちょうど体育館の剣道場で少年剣道教室もやっていて、
ちょっと見学してきました。

ちっちゃい子が防具をかかえて集まって、
元気に稽古しているのを見ると嬉しいですね!

Posted at 23:36 | ヨガ | COM(0) | TB(0) |