2017.08.15

昇段審査講習会

昇段講習会
8月13日は東京都の昇段審査講習会を受講してきました。

七段受講者はあまり多くなく30名ほどで、
私が最年少だったようです。

1時間程度剣道形の稽古と、
もう1時間は本番同様に相手を組んで
模擬審査の稽古がありました。


模擬審査では攻めをじっくりとためたうえで
先をかけて技をしかけることを意識しました。

お一人目は初太刀相面を決めることができ、
その後出小手、返し胴を打つことができましたが、
先の動作で"相手を使う"ことができなかったと感じました。

お二人目は面の相打ちが何度かあり、
返し胴は打つことができましたが
攻め合いから自分の形でしかけることができませんでした。

どちらも攻めて間合いを詰めたところから、
そこからどのように引き出すか、
どのように打突するのかの工夫ができていませんでした。

指導の先生からの講評では、
「間合いを詰めるのが早い」ということでした。
しっかり自分の気勢、姿勢を作ってから詰める必要があり、
それができていなかったために
間合いを詰めてからもたついてしまったのでしょう。

短い講習会でしたがとても勉強になりました。
本番で力を発揮できるよう稽古に励みます。

Posted at 23:15 | 講習会 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.11

ひさしぶりの講習会

今日は剣道ブロック講習会に参加してきました。

今回は私の区が開催当番団体だったこともあり、
錬士称号を取得した時以来の久しぶりに参加になりました。


IMG_0138.jpg
荷物がもりだくさんでした。
防具、竹刀袋(木刀入り)、講師の先生用の木刀、
あと講習会終了後のウェイトトレーニング用アイテム笑


講習会は私は会場係員だったため、
形の稽古などはできませんでしたが
講師の先生のお話は聞くことができました。

お互いの稽古の時間は、組み合わせが端数だったため
私も相手として参加することができました。
係員で一日が終わると思っていたのでラッキー(^-^)


2分間を10回程度の周り稽古でしたが、
審査を考えて立ち上がりから初太刀を意識しました。

初太刀から面を決められた機会もありましたが、
良くなかったパターンが決まっていました。

攻めても相手の方が動じられず
攻めきれないまま打って出たところを返される。
初太刀が悪いと、次の技の流れも悪くなってしまいました。

攻めをしっかりとタメたうえで、
相手の打突の意思を感じとることで
待ちかまえる相手を見抜かないといけません。

打って出る際もただ勢いで打つのではなく、
相手の打突する気持ちが高まるのを待ち、
その打つ気持ちの先をとらえる必要があると感じました。

初見のお相手と稽古の数を重ねられたのはいい機会でした。
また次回の稽古の課題にしたいと思います。

Posted at 23:43 | 講習会 | COM(0) | TB(0) |
2015.08.07

社会体育指導員の認定証が届きました

社会体育指導員3
社会体育指導員の認定証と成績表が送られてきました。
認定証、受講証、成績表、集合写真が一緒に届きました。

成績は通信教育のテストと提出論文、
実技実習として審判法、基本理論、実技理論、形演技、基本演技の7項目あり、
各5点満点で採点されています。

私は幸運にも35点満点をいただくことができました。(^-^)

Posted at 12:37 | 講習会 | COM(2) | TB(0) |
2015.07.14

講習会の出会い

今回の講習会では、大学時代に
お世話になった先生に再開することができました。

先生は私が大学卒業後に八段を取得され、
講習会では講師を担当されていていました。

元々私の高校剣道部の顧問の先生と、
先生同士が大学で同期であるという縁もあり、
私は大学時代は剣道部ではなかったのですが、
剣道の授業などで稽古をつけていただいていました。

東京都の大会で審判をされる先生に
会場で挨拶することはありましたが、
時間をとってお話できたのは初めてだったので嬉しかったです。

これからの大会は先生にも見ていただけるわけですから、
益々がんばりたいと思います。(^-^)


また、実技や剣道形・模擬試合のお相手の方々は強豪大学出身であったり、
各県警から全日本選手権に出られている方もいらっしゃり、
竹刀を交えて稽古することもできましたし、
全日本選手権の様子なども話をうかがうことができました。

座学の講義もとても面白かったですし、
いろいろと充実し、今後につながる合宿でした。( ^-^)/

Posted at 23:11 | 講習会 | COM(4) | TB(0) |
2015.07.13

社会体育指導員講習会に行ってきました

社会体育指導員2

社会体育指導員1
週末の金~日曜日で東京新木場で行われた
社会体育指導員剣道初級講習会に参加してきました(^-^)

今回の参加は130名だそうで、テストもなんとか合格できました。
成績表は後日郵送されてくるそうです。

充実した三日間で、思わぬ出会いあり、
錚々たる八段の先生方にご教授いただき、
すばらしい稽古のお相手にも恵まれました。

剣道に指導に携わるものとして、
剣道に対して、指導に対しての考え方が変わりました。
そして、八段の先生方を見て、私も八段を目指そうと感じました。

細かな点はまた書きたいと思います。( ^-^)/

Posted at 23:53 | 講習会 | COM(0) | TB(0) |
2015.06.26

社会体育指導員講座に参加します

社会体育指導員
来月開催される剣道社会体育指導員の
初級講座に参加することにしました。

先日申込みを済ませて、さっそく分厚いテキストが届きました(^-^;)


受講生はどのくらいの人数なのでしょうか…?
指導の先生は八段の先生が12人で、
2泊3日で朝から夜までスケジュールがびっしりです。

指導法、審判法、剣道形、稽古、学科テストともりだくさんなので、
楽しみにしつつ少しおっかなびっくりです。笑


以前からこの社会体育指導員には申込みたいと思っていたものの、
なかなか日程が合わずに参加できずにいました。

昨年度の東京都少年剣道大会の指導を担当したこともあって、
さらに参加したい気持ちが高くなっていたところ、
今年はうまく参加できる日程でした。

子どもたちの指導は周りの先生に学びつつも、
自己流の部分も大きいので、この機会にしっかり勉強したいと思っています。


持ち物に審判旗とあったので、さっそく購入しました!(^-^)
妻も一緒に参加するので二組分、名前も入れてもらえました。

事前課題もあるので、しっかり準備して臨みたいと思います。

Posted at 23:26 | 講習会 | COM(2) | TB(0) |
2012.08.21

剣道講習会@城北地区

8/19(日)は剣道講習会に参加してきました。
何度出ても1日がかりの講習会は大変ですね。(^-^;)

今回は午前中に基本技稽古法と剣道形をみっちり行い、
午後は審判の練習と、指導の先生による基本打ちの稽古がありました。

指導を担当された八段の先生は地元の高校・大学で教えられているそうで、
教え子にあたる方が講習に参加されていたようです。
先生も生徒もずっと剣道を続けて、一生の関係でいられるのは素晴らしいですね。


午後の指導稽古のなかで、先をとって応じ技を打つ約束稽古がありました。
①かかり手が気迫を充実させ、遠間から打ち間に攻め込む
②攻めに対して、元立ちが面を打つ
③かかり手が返し胴(もしくはその他応じ技)を打つ

②の部分は元立ちは約束事として打つのですが、
かかり手は、攻めて、相手が動じて出てきたところを返す形になります。
これは攻めを勉強するうえで、簡単ですが示唆の多い稽古方法だと思いました。

実際の稽古では、この"攻め込んで相手に打たせる"ことがすごく難しいですよね。
私も挑戦中ですが、なかなか思うように相手を出させることができないので、
まだまだ修練と工夫が必要ですね。

ちなみに、返し胴の場合は、
左ひざが自分の進行方向(右斜め前)を向くようにすると良いそうです。

左ひざから向きを変えれば、自然と体は前に進むし、
この向きを変えること自体が相手の打突をかわす動作になるそうです。
さっそく次回の稽古のときにやってみようと思います!


ともあれ、これで講習会の受講は3回になりました。
無事錬士の審査を受けることができそうです。(^-^)/

Posted at 22:10 | 講習会 | COM(4) | TB(0) |
2012.07.10

剣道講習会に参加してきました

7/8(日)は城西ブロック剣道講習会に参加してきました。
今回は会場が自宅から比較的近かったので助かりました。(^-^)

朝9時半から4時半まで、まる一日勉強です。
立っている時間が長かったので、さすがに少し腰が痛かったです。

午前中は剣道全般の講義と基本技稽古法、
午後は審判法と指導法という内容でした。


備忘も兼ねて、私が印象に残ったところを少しメモしたいと思います。

・総論
実業団の試合や、世界大会などで試合開始と同時にお互いに守ったり、
つば競り合いになってしまうことが多くみられる。
勝負・試合にばかり固執しすぎないこと。

大切なことは、間合いのやりとりをして、攻めることであり、
少年指導においても、試合ばかりに目を奪われることなく、
忍耐力・ひいては人間力を形成することをめざして欲しい。

・木刀による基本技稽古法
「基本3 払い技」については、まず足から始動すること。
足から出て、身体全体で払う、すり上げる要領で強く行う。
また、払いの始動で手元をゆるめると、小手を打たれるため注意すること。

・審判法
主審が宣告しておらず、副審が必要と判断した場合は、
副審も「止め」の宣告及び発声をしてよい。

その場合は、直後に主審も「止め」の宣告を行うこと。

・指導法
警視庁流の切返し・元立ちの紹介

切返しでは面打ちのあとに体当たりをせず、元立ちもかかり手と同時に下がる。
元立ちは竹刀を垂直に立てた状態から打ち落とすように受ける。
竹刀がきっちり面の位置にくるように切り返す。

かかり稽古の元立ちでは、近間、一足一刀の間合いなどを使いわけて、
かかり手の縁が切れないように元立ちは間合いを調整する。

かかり稽古の最中にも、元立ちは攻めて技を返す稽古を行う。
一瞬の攻めがあることが、七段八段審査では特に重要。

転じて、地稽古の元立ちをする場合も、
まず攻めがあり、その上で打たせて技を返すことを特に意識すること。

ただタイミングで技が決まったのでは、高段位の審査には合格できない。
攻めて相手を崩し、打たせるといった相手を動かすことが必要である。


総論の部分では、剣道で何をめざすべきかというお話が勉強になりました。
私自身たくさん試合に出ていますが、六段という段位として
どのように剣道を他の方に伝えるのかはこれからとても大事だと思っています。

審判法では、私と同じ世代、段位の方が
"攻め"のある見事な試合をされていて、いい刺激を受けました。

勉強してきたことは稽古でいかさないといけないですね!
また稽古に励みたいと思います。(^-^)

Posted at 23:10 | 講習会 | COM(2) | TB(0) |
2012.02.14

めざせ錬士称号!

12日は西東京剣道連盟主催の講習会に参加してきました。(・ω・)ゝ

講習会は五段以上が参加可能で、
指導は八段の先生方(今回は6人)が行なわれます。
わかりやすく言うと"先生の勉強会"という感じですね。

全日本剣道連盟からこういった講習会を通じて、
各道場の先生へ指導法やルールの細かな改正などが
伝えられるというとても大切な機会なのです。

また、六段では錬士、七段では教士の称号を
取得するために参加が義務付けられています。
剣連によっては、試合の審判をする先生は参加必須であったりします。

ちなみに錬士の受審資格は、
①六段取得後1年経過
②受審の直近3年以内に3回講習会に参加していること
③大会の審判を5回務めること
となっていて、僕は②を満たせば受審することができそうです。
あと2回は夏の開催に参加するつもりです。


さてさて、講習会の内容はこんな感じです。
①9:30-12:00 剣道基本技稽古法の指導
②13:00-15:00 審判法(模擬試合)
③15:15-16:00 稽古指導法(地稽古)

それぞれ八段の先生方が指導され、実技を稽古する形式で進みます。
先生の教えは的確で学ぶことが多いのですが、
一日がかりなので、気が抜けずなかなか大変です。(^-^;)

僕としては、基本技稽古法、審判法ともに普段道場で
子供たちに指導する関係からかなり勉強していますし、
大会の審判をする機会も多いので経験は積んでいます。

今回うかがった内容を振り返ってみても、
いままでやってきたことが大きく違っていなかったようで自信になりました。
道場で先生にそれだけきちんと指導いただけたからですね。
本当に感謝しなければいけません。

子供たちの指導や審判をする機会があるというのは、
自分が剣道を学ぶ上でもとても貴重な機会をいただけているのだと思います。


最後の地稽古では、同じ段の方々と稽古をお願いできました。
前日に引き続き攻め合いからの間合いの詰め方を意識して・・・
うまくいく部分もありましたし、打たれてしまう部分もありましたが、
充実していて楽しい稽古ができました。

稽古の最後には八段の先生にもかかることができました!
気合充分で打ち込んでいったのですが、文字通り手も足も出ませんでした。(^-^;)

打っていけば相面に乗られてしまいますし、
攻めをためようと思っても無造作に間合いを詰められて強烈に打たれてしまいます。

特にススッと入ってくる動作の始めから終わりまで全く隙がなく、
自分なりに「ここだ!」と思って打っても、すべて読まれてしまっています。

間合いを詰める動作の"途中"で、相手の次の動きを読み取っている感じがしました。
詰めながら、先を取りながら、攻めながらの動作の読みで、
しかもそれが恐ろしく的確なので歯が立たないのかな、と。

八段の先生の強さは、七段の方とは全く異質なものですね。
スピード頼みでも、まぐれでも全く打てる気がしなかったです。

やっぱりすごいですね。本当にいい勉強になりました。
これからは八段の先生に稽古をお願いする機会も増やしたいなぁ。


あと、またまたATUSHIさんにお会いできて、
基本技稽古法もご一緒することができました。

ありがとうございました!(*^-^)ノシ

Posted at 23:01 | 講習会 | COM(2) | TB(0) |