2018.05.10

空手の昇級審査

イベント尽くしのGW、4/29は空手の昇級審査に臨みました。
現在4級のため、3級への審査です。

空手の級審査は以下の内容になっていて、
受審する級が上がると、実施する内容が難しくなる仕組みになっています。

・基本稽古(突き・受け技・蹴り技)
・移動稽古(前屈立ち回転からの突き・蹴り技)
・パンチコンビネーション
・体力審査(拳立て、スクワットなど)
・組手

私が苦手なのは移動稽古です。
前屈立ちという構えから180度または360度回転したり、
回転して他の構えに移行したりするのですが、
軸足を安定させたまま回転するのが難しいです。

これは稽古回数が重要なのですが、
どうしても参加回数が限られるため苦手を克服できずにいます。


本番はというと…
なんとかやり切りました!

結果は次回の稽古で伝えられます。
移動稽古は完璧ではなかったのですが、
なんとかごまかしました…(^-^;)

組手は得意なのですが、打たれ弱いのが難点ですね。
これも稽古を重ねて鍛えることが大事です。
昇段審査を受ける方の相手なども担当したため、
この日で3回も組手ができて、いい経験になりました。

緊張した中で審査をすることで稽古不足を痛感しましたが、
またできる限り稽古に参加して精進したいと思います。

6月には久しぶりに大会にも参加したいと思っています。

Posted at 23:17 | 空手 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.05

空手をはじめるきっかけ

先日の空手の稽古で、新しく入会された方のあいさつがありました。

「○○と申します、今年で50歳になります。
8歳の息子を鍛えるために入会させたのですが、
息子にだけに辛い思いをさせるわけにはいかず、
自分も入会することにしました。」

パパ魂にちょっと感動しました。
ただ、そんなに辛い場所ではないと思うのですが…(^-^;)


会社に別の団体で空手をしている先輩がいるので話してみたところ、
「息子にボコボコにされないためじゃない?」
とのことでした。

受け止め方は人それぞれですね(^-^)

Posted at 23:31 | 空手 | COM(0) | TB(0) |
2016.12.02

久しぶりの空手

ようやく仕事が落ち着いてきて、
なんとか平日の空手の稽古にも参加できるようになってきました。
(といっても途中参加ですが…(^-^;))

半年ぐらいはほとんど参加できていなかったのですが、
基本稽古はなんとか忘れずにこなせました。

移動稽古の回転系はまだまだ稽古不足ですね。
クルっと回ってピタッと止まり、
前屈立ち、三戦立ちなどの構えに戻るのが難しいです。
180度回転はまだしも、360度回転はきちんと稽古しないと。

スパーリングも本当に久しぶりできて楽しかったのですが、
力みを取ることと、しっかりガードをすることが課題ですね。
パンチは押し込むようになってしまうのですが、
上級者は逆に打って戻すようなスナップの効いた打ち方をするそうです。

剣道で言うと手の内の感覚なのだと思います。
これができると打っていても疲れにくいし、
より素早く連打できるようになるようです。

と、課題だらけなのですが
研究しながら上達できるようがんばります!(^-^)

Posted at 23:01 | 空手 | COM(2) | TB(0) |
2016.08.23

昇級できました

ミルク2
空手道4級・黄帯から緑帯になりました!

審査の内容はあまり良くなかったので
おまけで合格させてもらったものと思っています。
時間を作ってしっかり稽古しなければ。


最近はスパーリング稽古の日に何度か参加できました。
試合や審査を控えた方が多くて盛り上がっているのですが、
中には私より後に入会した後輩にあたる方もいます。

下の帯の方と稽古すると、自分に若干の余裕があるので、
ディフェンスをしっかりすることや、
身体を左右にさばくこと、力を抜いて打つことなど
普段稽古でできないことも意識することができます。

剣道でもいろんな方と稽古し
自分の課題をもって稽古することが
上達の近道になるのだと改めて感じました。


他には、相手のパンチ(突き)をいなして打ち返すこともトライしています。

相手のパンチをいなせれば、相手の姿勢を崩すことができ、
こちらから攻めるチャンスを作れますし、
相手の連続技をカットする効果もあります。

ちょっと剣道を意識して攻め方を考えてみたのが、
まずは先にこちらから2、3技を強めに出しておき、
それに対して相手が打ち返してきたところをとらえて
さらに攻めようというものです。

まだ挑戦中ではありますが、
うまくいった場面もありました。

相手の技を待っていると、出所をつかむのが難しく
なかなか相手の突きをいなせないのですが、
相手が技を出す機会を作ってあげると
技が読みやすくなります。

自分に空手の技やさばきがもう少し身につけば
もっといろいろ攻め方も工夫できそうです。

Posted at 23:40 | 空手 | COM(0) | TB(0) |
2016.08.08

夏の空手昇級審査

剣道では錬成大会で大きなイベントが終わり、
週末は空手の昇級審査に挑みました。

現在5級黄帯なので、4級緑帯への受審になります。
ここのところ空手の稽古も充分には出られておらず
稽古不足は否めない状況ですが、
剣道の行事と重なると受審できなくなってしまうため、
受けられる時に受けておきたいと思っていました。


昇級審査の内容は、
三戦(サンチン)立ちからの突き・受け技・蹴りや
三戦立ち、前屈立ち、後屈立ちからの移動や
体力審査と組手が行われます。

移動稽古では前後へグルっと回転しながら
進むメニューがあるのですが、
そこでピタッと止まれず稽古不足がバレバレでした(^-^;)

組手審査では相手の方の上段蹴りをもらって
ポイントを取られ、その後相手のミスの減点で
ポイントが並び判定で勝つ、というイマイチな内容に。

合否は次回の稽古で伝えられるのですが…
それはともかく空手もきちんと稽古しなければ!

Posted at 23:31 | 空手 | COM(0) | TB(0) |
2016.04.13

東都空手道選手権大会

H28東都1
先週末は空手の大会に出場しました!
(右側が私です)

昨年は青帯だったため初級の部に出場しましたが、
今年は黄帯で中級の部の参加でした。

結果は・・・初戦で延長戦の末無念の敗退でした。


自分としては体幹を活かして突き(パンチ)で
相手を下がらせつつ、下段蹴り(ローキック)を
効かせていきたいと思っていました。

ところが相手の方の応戦が厳しく下がらせることができず、
ローキックもいい形で何度も蹴ることができたのですが、
ダメージとして効かせることができませんでした。

H28東都3
ローキックを蹴っているところ。
うーん、腰が入っていないですね。

逆に相手の方のインロー(太腿を内側から蹴ります)をかわせず
もらってしまう場面が多くて足を止められてしまい、
試合運びの拙さから終盤は疲れしまい優勢負けとなりました。

H28東都2
インローを蹴られているところ。

全体的に相手の方の習熟度が勝っていたと思います。
自分の使える技が少ないことと、基本的な"空手の動作"が
まだまだできていないことを痛感しました。

今後の課題
・基本の構え(半身、内股、脱力、肩の使い方など)
・力を抜いた素早い突き
・前蹴り、中段蹴り、上段蹴り、インロー
・利き足でない足での蹴り
・攻めつつの防御

ほぼ全部ですね(^-^;)
空手も剣道と同じで力を抜く(かつ威力のある技を出す)ことが
大事なのですが、まだまだ力任せなので
そこが身につくまで稽古が必要だと思います。

自分の習熟度を確認できた良い機会でした。
これを活かして稽古をより有意義にしたいと思います。

Posted at 23:44 | 空手 | COM(2) | TB(0) |
2016.03.17

空手の大会に出場します

剣道の大会はひと段落したのですが、
来月は空手の大会に出場する予定です。

去年初級の部で出場した大会で、
今回は帯が上がって中級での出場になります。

出張中もなるべく金曜日に早く戻ってきて
稽古には参加していたのですが、
稽古不足なのは間違いありません。

これからできる限り稽古に出て
試合で力を尽くせるようにしたいと思います。


そういえば、空手を始めてから1年と少しで
なんと体重が5kgも増えました!

空手では筋トレもありますし、
いままでに剣道ではあまり使っていない部分の
筋肉がついているのかなと思います。

決して単に太っただけではない…はずです(^-^;)
剣道でもビデオを見ていると腰周りや肩周りが大きくなり
ズシッとした重量感が少し出てきました。

八段の先生方に細い方はいらっしゃらず、
腰回りが立派な先生が多いですから、
この身体の変化は喜んで受け止めています。
身体の動作は遅くならないよう気を付けないといけないですね。

Posted at 22:30 | 空手 | COM(2) | TB(0) |
2015.12.29

空手の稽古納め

剣道の稽古納めに続いて、
空手でも稽古納めとなりました。

最後の稽古では、腰の使い方を確認できる
おもしろいメニューがありました。


空手では基本の姿勢として、
三戦(サンチン)立ちという構えがあります。

両足を八の字に立ち、内膝を締めやや腰を落とし、
腕は肘を内側に絞り立ちます。

そして、この時の腰は
腹をへこませるようにするので、
骨盤が後ろに傾くような状態になります。

三戦には呼吸法など他にも
身体の使い方のポイントがあるようですが、
筋肉だけに頼らない内的なパワーを
発揮する構えなのだそうです。


今回の稽古では、まず壁を背にして
普通に気を付けをして立ちました。

気を付けの状態だと
お尻・背中・頭が壁についています。
(背中は少しカーブしているので
 腰は壁につかないですよね)

ここから三戦立ちの構えをして、
お尻と腰が両方とも壁につくようにします。

な、なるほど・・・。

これは初心者には客観的に
構えと腰の状態が確認できて
いい稽古法だと思いました。


剣道と空手を比べておもしろいのは
腰の使い方が逆だということですね。

剣道では帯を押し返すように
腹圧を高めることで骨盤を前傾させます。
姿勢は基本的に気を付けと同じですね。

上級者になると袴の腰板が
お尻よりも前にある姿勢になります。
(腰板の部分がへこんで見えます)

逆に空手では骨盤をやや後傾させます。
(なので腰とお尻の両方が壁につきます)

剣道では素早く前に移動するために骨盤を前傾させ、
空手では力を発揮するために骨盤を後傾させる、
そういった違いがあるのかなと思います。

両方に共通するのは丹田を意識するということ。

まだ空手で丹田を意識する、
というところまで稽古できていませんが、
腰の使い方が違っても
丹田の意識の仕方は同じなのでしょうか。

丹田について、丹田の使い方を
もう少し勉強できたら
空手も剣道ももっと上達できるかも?
そう思い至った稽古納めでした。

Posted at 23:26 | 空手 | COM(2) | TB(0) |
2015.10.19

秋の空手大会

空手全日本2
週末は空手で所属する道場の大きな大会があり、
係員としてお手伝いをしてきました。
写真はスタッフシャツとパンフレットです。

会場は埼玉県立武道館で、自宅からは少し遠くて大変だったのですが、
モダンでいて、和の風情を取り入れた武道館はとても立派でした。
埼玉での剣道大会もここで開催されているのでしょう。

空手全日本1
係員として会場設営をしました。
武道館の雰囲気が伝われば。


大会は女子クラスで出場していた妻が準優勝でした!

ここのところ仕事で充分に稽古できていませんでしたが、
決勝まで勝ち上がりました。あっぱれですね。

その他、強い選手の試合をたくさん見られて刺激を受けました。
まだまだ自分は経験1年未満の初心者ですが、
上手な選手の動きを見て感心しきりです。

突きの動作が速い!速い!
そしてそれを打ち続けるスタミナ!
これも上手に力を抜くことができるからこそなのだと思います。


最近空手の先輩に借りた本によると、
パンチは足から突く、股関節を使って突くそうです。
足から、というのは剣道の打突の感覚を活かせるかもしれません。

他にもパンチは力を抜いて、当たる瞬間だけ力を入れるそうです。
これは完全に剣道の手の内と同じですね。
ただ、それをまだパンチに応用できていないので
これから稽古と工夫が必要です(^-^;)

Posted at 22:12 | 空手 | COM(2) | TB(0) |
2015.10.01

空手大会応援

先週のシルバーウィークは大忙しでした。

空手の応援で福島へ行き、
実家への帰省で大阪へ行き、
形の勉強会、審判講習会にも参加しました。

福島空手1

福島空手2
まずは奥さんの空手の大会の応援に福島へ。
結果は序盤で敗退してしまい残念でした。

仕事が忙しくてなかなか稽古できていないので、
剣道もそうですが、大会は難しいですね。

私の道場からは奥さんを含めて3名の女性が出場していて、
普段の稽古も男女が半々くらいの人数なので、
空手の世界も女性が元気なようです。


福島空手3
主催団体の師範の演武も拝見しました。
剣道も空手も熟達された方の動作には美しさがありますね。
男子選手の上位の試合も見られてとても勉強になりました。

空手の稽古も仕事と剣道の合間をぬって続けています。
課題は変わらず力を抜くことですね。
上手な方のマネをしつつ、稽古を重ねたいと思います。

Posted at 23:13 | 空手 | COM(2) | TB(0) |