2016.07.04

日々一歩前へ

IMG_7301.jpg
本屋さんで偶然見つけたこの本。

1週間ごとに違うストレッチを4週間続けると
開脚できるようになるという内容で、
毎日少しずつ取り組んでいます。

ここ最近は仕事が忙しくて、
なかなか稽古ができていません。

家で素振りだけでも、と思うものの
なんとマンションの工事でベランダが使えません。
(いつもベランダで振っているのです
 周りからは死角になっているので便利です笑)

というわけでストレッチだけでも!
と思っています。

なにか少しでも前日より前進したいと思います(^-^)

Posted at 23:05 | ストレッチ | COM(2) | TB(0) |
2016.02.21

"筋膜リリース"とは?

IMG_6257.jpg
じゃじゃん!
こちらグリッドフォームローラーというものです。

空手でトレーニング理論などを調べていると、
"筋膜"という言葉を知り、そこから"筋膜リリース"という言葉、
このグリッドフォームローラーを知ることになり、
悩んだ末に思い切って買ってみました。


こちらのサイトに詳しい説明が載っているのですが、
"筋膜"とは筋肉を覆っている膜のことで、
疲労や運動不足などでここが固くなってしまうと
身体のコリなどになって現れてくるそうです。

ストレッチは筋肉を伸ばすことができますが、
伸びた筋肉でも筋膜は固くなってしまうそうで、
そこをこのローラーで効果的にほぐすことができるそうです。

私自身はストレッチの効果を期待して、
奥さんは腰痛や肩こりに効くのではと思って購入しました。


実物は40cmぐらい、少し固めのシリコン素材という感じで、
これに身体を乗せて身体の方を動かすことで
ローラーに筋膜を刺激してもらうことができます。

実際にやってみると・・・
思った以上に痛いです!

まずふくらはぎを乗せて身体を動かしてみたのですが、
痛くてちょっと続けるのをためらうほどでした(^-^;)
どうやら痛いところほど筋膜が固いということのようです。

まだ私はあまり使えていないのですが、
すでに奥さんは腰痛と肩こりに効く!ということで
何度もコロコロさせています。

もうちょっと理論的なこともしっかり調べて
疲労回復や体調管理に役立てたいと思います。
テニスのジョコビッチ選手も使っているそうですよ!

Posted at 23:04 | ストレッチ | COM(4) | TB(0) |
2015.09.28

股割り撮ってみました

股割り1

形の勉強会やシルバーウィークの稽古などなど、
書きたいことがありますが、まずは股割りの話を。

先日開脚について書いたのですが、
写真に撮ってもらうことができました。

いまのところこんな感じなのです。
おしりの部分が少し前に"入る"ようになり、
足も左右に開くようになってきました。

身体は無理をすれば(背中を丸めれば)もっと倒れるのですが、
腰から回転させて倒せるように意識しているところです。

Posted at 23:13 | ストレッチ | COM(2) | TB(0) |
2015.09.05

開脚ストレッチの進化

このサイトでずっと以前から書いてきた開脚ストレッチ(股割り)ですが、
先日大きな進歩がありました!

いつものようにお風呂上りに身体を前に倒していると・・・
"ぐっ"といままでにないほど前屈することができました(^-^)


長く開脚ストレッチを続けていましたが、
前屈する際にどうしてもお尻がぐっと前に入らず、
背中で曲げている感じで、窮屈だったのですが、
お尻がすんなりと前に入る感覚になりました。

もう前屈して胸まで床に着きそうなのですが、
無理しても仕方ないので、焦らずもう一歩進めたいと思います。


急に一段階進める瞬間があるものですね。
やはり継続してストレッチを続けたことと、
空手を始めたことが大きいのかなと思います。

剣道にはない足を上げる動作など、
実際に足をいろいろな方法で使うと
柔軟に使うことができるようになるようです。


股割りマスターの妻によると、あとはふとももを前に回転させて
大腿骨・腰ごと前に倒すと良いそうです。
引き続きやってみます( ^-^)/

Posted at 23:13 | ストレッチ | COM(2) | TB(0) |
2014.08.24

股割りふたたび

ここ1ヶ月ほど、あまり稽古できなかった間は
股割りストレッチに再チャレンジしていました。

奥さんが空手で股割りをするので、
ちょっとコツを教えてもらってやってみると、
随分進歩してきました。


まずストレッチは拮抗筋という対になる筋肉を
同時に柔らかくするとより効果があると聞き、
腿の裏を伸ばすなら同時に表側もストレッチすることにしました。

また、股割りでは腿の裏側だけでなく上半身、
特に背中の柔軟性を高めると良いそうで、これもやってみました。

開脚した際に骨盤を立たせる必要があるのですが、
これは腿の前側を床に付けるようにするのだそうです。
開脚の姿勢で、つま先は立てたまま腿を90度下に回すイメージですね。

いろいろやってみたところ、開脚状態でようやく骨盤が立つ
(開脚して後ろにステンと倒れない)程度にはなってきました。

焦らずにゆっくりやっていると、気持ちも落ち着いてリラックスできますね(^-^)
あともう一息でしょうか、続けてやっていきます。

Posted at 23:31 | ストレッチ | COM(2) | TB(0) |
2013.05.02

柔軟体操の近況

最近またまた柔軟体操に凝っているところです。
なかでも、やはり大きな壁は開脚前屈、通称股割りですね。

本を読んだり、詳しい方にアドバイスをもらったり、
一時期熱心にやってみたり、飽きてさぼってみたり・・・
ですが、牛歩ならが前進している気がします。(^-^;)


最近ようやく、開脚前屈は"身体を曲げない"という意味がわかってきました。
"曲げよう"と思うと、どうしても上半身を曲げてしまいます。

そうではなくて、上半身を曲げずに(できれば反るぐらいの状態で)
"股関節を回す"ことで上体を前に"倒す"感じが良いようです。

なかなかこの感覚がつかめずにいたのですが、
今のイメージだと"尾てい骨を浮かせる感じ"です。
お尻のとがった骨が下ではなくて、後ろを向くときちんとできている気がします。

お腹に力を入れて、腹圧を高めることも意識していて、
開脚した状態で、少しずつ重心が前に移るようになってきました。


いい感触が続いているのですが、試合前なのでやりすぎは禁物ですね。
マイペースでいこうと思います。(^-^)

Posted at 22:05 | ストレッチ | COM(7) | TB(0) |
2012.05.31

またわりメモ

久しぶりに股割りのおはなしを。

僕は試合がある時期は股割りはあまりやらないのですが、
最近またボチボチと継続してやっています。

ちょっと調べたところによると、前屈するよりも
むしろ開脚ができるようになることが大切なようです。

・前屈するよりも、しっかり開脚することが大事
 180度(!)近く開脚できるようになれば、前屈は自然にできる
 開脚した状態で、腿の内側で座るようにすると、自然と骨盤が倒れる

・気持ちいい状態を維持する
 「痛い!」と感じると、逆に筋が固まってしまう
 「気持ちいい」ぐらいの状態で、伸ばしたまま維持する
 しばらくすると、身体が慣れて自然に伸びるようになる

というわけで、ひとまず開脚することに少し方向転換しました。
ここのところ、上のやり方でやっていると、
いままでよりも少しずつ開けるようになってきました。

股割りは半分趣味?みたいなものなので、
気長にのんびりやってみます。(^-^)

Posted at 23:47 | ストレッチ | COM(6) | TB(0) |
2012.02.09

ストレッチ × anan

anan兼子さん
おぉっ、コンビニで兼子さんの本が!

ananとコラボですか。
どんどん有名になっていっていますね~。(*^-^)/

Posted at 23:13 | ストレッチ | COM(2) | TB(0) |
2011.04.10

ストレッチやりすぎ注意?

そうそう、書き忘れたんですが、
ストレッチをやりすぎると怪我することもある気がします。

これは僕の体験談なので、もしかしたら違っているかもしれませんが・・・

僕は一時期、試合前になると足が腫れたり、
捻挫のような症状がよく出たことがありました。
そのせいで大事な試合を棄権したことも何度かあります。

その時はよくわかっていなかったのですが、
たぶん原因はストレッチのやりすぎなんだと思います。

試合前だと稽古にも熱が入って身体が疲れてしまうので、
いつも以上に時間をかけてストレッチを入念にやろうとしてしまっていて、
元々ダメージをうけている筋肉に余計に負荷をかけてしまっていた気がします。

腿を中心に伸ばしていて、そこ自体に痛みはなくても
それをかばったり、見えないダメージがたまって足が腫れたり、捻挫になるんでしょう。

適度にリラックスして伸ばす場合は疲労回復効果があっても、
稼動域を広げるようなストレッチは身体にダメージがかかるようなので、
このふたつは分けて考えたほうがよさそうです。

いろいろ検索したり調べてみても、そんな記載は見つからなかったんですが
自分の感覚としては間違いないんじゃないかな~と思っています。

いまは試合前でもやりすぎないよう気をつけています。

Posted at 23:58 | ストレッチ | COM(4) | TB(0) |
2011.04.08

これまでのストレッチあれやこれや

前回ストレッチの現状について書いたので、
これまでやってみたことをまとめてみようと思います。

元々ストレッチをしようと思ったのは、
怪我を防止すること、
いつまでも体力と瞬発力に頼った剣道をしないようにすること、
そして力を抜くすることを学べないかな?と思ったからです。

武術やスポーツのいきつくところは必ず自然体、脱力なので
柔軟をすればまた新しいカラダの使い方がわかるかな?と思ったんです。
このころ色々武術や身体操作の本を読んだことにもかなり影響を受けています。

そんなわけで取り組み始めたのですが、
最初はまず身体がカッチカチでまともに開脚もできなかったので、
お風呂あがりに片足前屈から取り組みました。

これはしばらくやっているとすぐ成果があって、
開脚の姿勢を取ることができるようになって、
片足前屈なら身体が足につくぐらいになりました。

でも、開脚前屈となると全く身体を曲げられません。
曲げよう曲げようと思って、お風呂あがりに汗を流して
一生懸命ストレッチをしていました。(;^_^A

そんなときに知ったのがSSSのストレッチ講座。
ここで姿勢やストレッチの考え方を教えてもらい、
あとは自分でコツコツやることにしました。

こんな風に取り組んできて
初めて1~2年で開脚もかなり曲げられるようになったんですが、
ここで壁になったのが"骨盤を開く"こと。

骨盤を開けないので、どうしても背中を少し曲げて前屈するような感じになってしまいます。
やっぱり裏腿のお尻に近い部分がどうしても固くて
そこをしっかり伸ばして、骨盤を開けるようになるまで時間がかかりました。

あとは自分なりにいろいろ試してみて、身体にあった伸ばし方を工夫してきました。
最近効果があるなと思っているのは、間に何度か時間をおいてストレッチする方法です。

まずお風呂あがりに一度ストレッチをやって、
しばらく10分ぐらいは他のことをやっています。
その後もう一度ストレッチをやると自然にさっきよりも柔らかくなっています。
これを3回ぐらい繰り返すと、1日でもかなり効果があるのを感じます。

あとはやっぱり気持ちをリラックスさせて、
気長に取り組むぐらいの気持ちもすごく大切ですね。
だれかが「ココロを開かないとカラダも開かないよ」って言ってました。

もしいまからストレッチをやろうかな~という方がいたら、
参考にしてみてください。

それでは~。

Posted at 23:30 | ストレッチ | COM(0) | TB(0) |