2011.04.28

小さく面をどうやって教えたらいいの?

さっそく子供たちの教え方、
目下のテーマは「小さく面打ち(刺し面)」です。

道場の子どもたちは振りかぶっての基本打ちは上手なんですが、
小さく面打ちが打てません。

これは小学生でも試合では圧倒的に不利なので、
なんとか小さく打てるように教えてあげたいところです。
大きく面打ちと、小さく面打ちは同じ面でも
身体の使い方が全く違うので、そこをうまく伝えたい。

自分ではもちろん小さく面打ちはできますが、
意外に教える方法が難しいのです。
大人で集まっていろいろ話しても、
「難しいよね~」でなかなか結論がでません。

僕が小学生のころは、特に小さい打ち方を教えてもらった覚えがなくて、
高学年ぐらいになるといつの間にかできていた気がします。
周りの上級生とかを真似したのかな・・・?

一般的な教え方としては
・手の内を柔らかく
・打つ瞬間に手の内を締める
・身体をしっかり前に出して打つ
・強く踏み込む
などだと思いますが、それだけではどうもうまく伝わりません。

逆に手首だけで打ってしまっている子もいるので、
「手の内で」と言って、みんな手首を使うと嫌だなと思っています。
それにそもそも「手の内」がのみ込めていない感じですし。

うーん、といろいろ考えて
まずは素振りを大きく振らせることから始めようと思います。

僕が子どものころに教えてもらったことで、いまでも覚えているのは

「大きく振る人は、大きく打てるし、小さくも打てるようになる。
 小さく振る人は、大きくも打てないし、小さくも打てない。」

という言葉です。

そのころは意味も考えず、そういうものだと思って大きく振るようにしていました。
今になって思うと、これは「肩を使う」ことの大切さを教えているんだと思います。

大きく振りかぶれば、背中の肩甲骨が左右に動きますが、
小さくだとほとんど動きません。

この肩甲骨の動作を繰り返すことで、
小さく打つときにも肩甲骨が自然とはたらき、
動きが小さくても強い打ちが打てるようになるんだと思います。

経験の浅い方や大人から剣道を始めた方は、肩周りが硬くて
肩甲骨が使えないので、ぎこちない打ち方になってしまうし、
上下素振りでも身体が前後にふれてしまうことも多いと思います。

というわけで、まず上下素振り、正面素振り、左右面素振りでは
竹刀をおしりにつけるまで振りかぶらせることにしました。

大きく一本一本をしっかり振る!

まずはここから挑戦します!(*^-^)b

Posted at 23:51 | 剣道の指導 | COM(4) | TB(0) |
2011.04.27

子供たちの指導がいい方向に

最近は子供たちの稽古時間にどんどん
指導と号令を任せていただけるようになりました。

いまは体操・素振りはだいたい毎回担当していて、
面をつけての基本稽古も号令をかけることが多くなっています。

子供たちも僕の号令に慣れてきたのもあって、
かなり僕の話す内容が「届く」ようになってきた気がします。
表面上だけじゃなくて、きちんと伝わってるのを感じます。

こころがけているのは、
子供たちと同じ目線で話すこと
相手が話すときはきちんと最後まで聞くこと
できないとき・わからないときに無意味に怒らないこと
やる気をうながす話しをすること、話し方をすること
などです。

話すときも、稽古しているときも、
「相手を認めてあげる」ことを大前提として意識しています。
地稽古をしているときは、相手のやろうとしていること、
とりくんでいることを考えて、それを引き出すような稽古をしようと思っています。

道場の先生からも、指導内容を認めていただけるようになってきました。

子供たちに僕から本格的に指導できる機会が増えてきたので、
"上手になる"、"試合に勝てるようになる"ような
効果的な教え方をさらに考えていこうと思います。

Posted at 23:55 | 剣道の指導 | COM(2) | TB(0) |
2011.04.25

骨盤をバラバラに使って打つ!

七人のトップアスリートと骨盤力七人のトップアスリートと骨盤力
手塚 一志 手塚一志

キネマ旬報社 2010-03-25
売り上げランキング : 316861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
打つ!といっても野球の話。
ジュンク堂で見かけたこの本、とても面白かったです。

野球を専門とする著者がトップアスリートを分析していきついたのが、
投げるにも打つにも「骨盤をバラバラに使う」ということだそうです。

骨盤は背骨の延長の仙骨と、
その両脇にあるふたつの腸骨でできています。

この本の理論は、投球の時の身体のスピンを
腸骨を前後にずらして主導させることで
無理なく大きな力を生み出すというものです。

投げる時には、身体のスピンによる遠心力を使いますが、
よく知られている身体全体でスピンして投げるよりも、
骨盤からスピンさせた方が回転の半径が小さくなり
より大きな力が生まれるのだそうです。

浅田真央選手はトリプルアクセルの時に
うでをたたんで回っていますよね?
あれはうでをたたんで回転半径を小さくした方が
より回転の推力が得られるからなんだそうです。

投球の時も同じで、回転半径を小さくするために、
骨盤から投げる!ということを説明されています。

この理論でいくと、身体が細くて手足が長い選手ほど
回転半径が小さくなって、その回転力を遠心力に変えて投げられるので
ダルビッシュ選手や岩隈選手がこの投球の代表格だそう。

うーん、そう言われてみると説得力あるなぁ。
ここまで緻密に身体の仕組みを解析されたのがすごいし、
人間の身体のおもしろさ、ふしぎさを改めて感じますね。

・・・でも残念なのは剣道はスピン系動作じゃないこと。
そのまま応用するのは難しそうだなぁ。

2011.04.24

携帯リサイクル

携帯リサイクル
もう使わなくなってしまった携帯電話。

auショップとソフトバンクショップにそれぞれ持っていって
リサイクル処分してもらってきました。(*^-^)b
ちなみにいまはiphoneを使っています。

携帯電話はレアメタルの宝庫だけど、
思い出もあってなかなかリサイクルされないそうなので
あえて思い切って処分に出してきました。

これは震災とは違うけれど、
日本の問題に少しでも貢献できることかなと思います。

政治や経済の批判はいろいろありますが、
自分でできることもいっぱいあると思うので、
そういうことをしっかりやっていきたいと思います。

僕は充電器は捨ててしまっていたんですが、
被災地への寄付という形で集めているそうですよ。

Posted at 23:55 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.21

試合ダブルヘッダー

なんと一日でふたつの大会に出ることになりました。
人生初です!

5/8の区民大会の終了後、
区の剣道連盟創立60周年記念大会が開かれ、
この試合の代表選手に選ばれました。

開催区の代表は2チーム出場し、
他近隣4区のそれぞれの代表チームとのリーグ戦で、
勝負は一本勝負だそうです。

ただいま区民大会での団体戦優勝旗奪還を目標にしていますが、
同日のもうひとつの優勝も目標になりました。
なにせホーム開催なので、負けられません!

いつも区の代表の試合は、関係者がほとんどいない会場でやっているので
少し寂しい感じもしていましたが、今度はホームで区民大会の後なので
観客は多すぎるぐらいですね(みんなすぐに帰らなければ)。

楽しそうでワクワクするのと、プレッシャーが半々。
一本勝負か~、気を抜いたら一瞬で終わりだなぁ。

・・・やっぱりプレッシャーの方が大きいです。(;^_^A

区民大会は勝ちあがれば4試合ほど、
記念大会はリーグ戦なので5試合。
・・・体力もつかな?((((;゜Д゜)))

どちらも優勝するつもりで準備します!

Posted at 23:38 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.19

春の昇級審査とトトロとポニョ

2011春昇級審査
4/17(日)は区の昇級審査会に小中学生を引率してきました!

春の昇級審査は学年が上がっての受審者が多いそうで、
三級40人、二級70人、一級120人ほど。
これだけ大勢の審査をひとつの区で行っているところは、
東京都でもいまではめずらしいそうですよ。

さてさて、結果はうちの道場から受審した小学生4人、
中学生1人無事みんな合格しました!

切返し、実技審査、剣道基本技稽古法と長丁場でしたが、
みんな稽古通りしっかりがんばってくれました。
というかいつもの稽古より全然立派な出来でした。
普段もっとちゃんとできるってことか!(;^_^A

今回は待ち時間が長かったのですが、
審査をうける兄弟についてきた子と遊んだり
普段なかなか話す機会のないお母さん達ともいろいろお話できました。

僕のおしごとは着装を点検したり、ひと言アドバイスなどです。
みんなしっかりできていたので、あんまり言うことはなかったんですが。
最後に「今日の審査の道着と防具の着装、礼法を普段からしっかりやるようにしよう」
と言っておきました。

ともあれ、みんな合格してなによりでした!
今回の審査がまた次につながってくれると嬉しいです。

トトロにがおえ
子どもたちとおえかきしてて僕が書いたトトロ。
「アタマがヘン!」とやや不評。
え~、似てますよね~?

ポニョにがおえ
iphoneで検索しながら書いたポニョ。
なかなか上手でしょ?

Posted at 23:40 | 昇段審査 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.18

アルミ缶をふみつぶせ

4/16(土)の稽古、ちょっと収穫がありました。

最近ずっと気になっていたのは、
構え・攻める時にどうしても左足が曲がってしまうこと。

私は沈んだ反動で打つ意識が強いので、
ある程度足を曲げてしまうのは仕方ないなぁと思っていたんですが、
六段昇段や試合でひとつ上に行くには、
やっぱりここを直さないとと思いなおしました。

そんな気持ちで稽古にのぞんでいたところ、
先生から全員に向けて

「左足のかかとでアルミ缶をつぶすように構えなさい。
 そうすればひかがみが伸びて、打ちにタメができる。」

というお話がありました。

いままでにも何度か言われていた言葉だったんですが、
いまひとつ理解して実践まではできていませんでした。
むしろ「ひかがみを伸ばすと動きづらいなぁ」という印象でした。
でも今回はそれがストンと胸に落ちてきたような気がしました。

実際にやってみると、
あれ?うまくいくぞ?

タメも効くし、初動も悪くなかったです。
足さばきがやりにくいかな?という心配もあまり気になりませんでした。

稽古でも攻めて相手を追い詰めることが、
しっかりできた気がしましたし、
技もきちんとしかけることができました。

なんでいままでと違ってうまくできたのかは・・・
正直よくわからないです。(;^_^A
少しづつ足のバネに頼らない打ち方を試してきたのが
活きてきたのかもしれません。

警視庁の選手の構えや技をビデオで何度も見ていて
そのイメージもかなり役に立ちました!

なんかちょっと新しい世界が見えてきたかも!
また次回の稽古が楽しみです!(*^-^)b

Posted at 23:38 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2011.04.15

腹凹!

Tarzan (ターザン) 2011年 4/28号 [雑誌]Tarzan (ターザン) 2011年 4/28号 [雑誌]

マガジンハウス 2011-04-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今月のターザンは腹筋を凹ます!特集です。

気になったのは、腹筋トレの一環で
インナーマッスルを鍛えるメソッドがいろいろ載っていたのと、
サッカーのインテル長友選手のトレーニングメソッドが載っていたことです。

長友選手は最近トレーニング系のメディアでよく見ますね。
それも納得、小柄ながら世界の一流クラブでも当たり負けしない強さ、
身体の強さとアジリティを両立しているのがクローズアップされているんだと思います。

じっさいテレビで見たときの長友選手の腹筋はすごかったです。
コアトレーニングを重視していて、体幹を徹底的に鍛えているそうです。

長友選手を見ていて思うのは、少し前のスポーツ選手に多かった
「筋肉でガチガチ」感がないことですね。
強いし、すばやい、スポーツ選手の理想な気がします。

というわけで少し私も勉強してやってみようと思います。
腹筋・体幹トレーニングは効果が視覚的に見えるので挑戦しやすい気がします。

「お腹が割れたぞ!」って。笑
こういうモチベーションも大事ですよね。(;^_^A

2011.04.12

2011 お花見

お花見2
日曜日に近所の公園でお花見をしてきました~。

今年は直前まで寒い日が多かったためか、
緑の葉が少し混じっていている感じですが
これだけきれいに咲くとやっぱり嬉しいですね。

公園は地元の家族連れがいっぱいで
こどもたちのサッカー、キャッチボール、おにごっこ、
ヨッパライのケンカ・・・
ワイワイガヤガヤで土煙がすごかった!

ハトがふわっと降りてきても土が舞って、
土煙なんて何年ぶりに見たかな?笑

いままでは新宿御苑とかでお花見をしていたので、
地元はちょっと違いますね~。
でもこのアットホームな感じも楽しかったです。

あと道場の先輩がお子さん(1歳と2歳)を連れてきてくれて、
一緒に遊ばせてもらいました。
ちっちゃい子どもの笑顔はやばいですね。
笑わせるために大人みんなでがんばってしまいました。

お花見1
公園脇の川沿い。
近所にこんなに咲いてるなんて知らなかった!

Posted at 23:45 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.10

ストレッチやりすぎ注意?

そうそう、書き忘れたんですが、
ストレッチをやりすぎると怪我することもある気がします。

これは僕の体験談なので、もしかしたら違っているかもしれませんが・・・

僕は一時期、試合前になると足が腫れたり、
捻挫のような症状がよく出たことがありました。
そのせいで大事な試合を棄権したことも何度かあります。

その時はよくわかっていなかったのですが、
たぶん原因はストレッチのやりすぎなんだと思います。

試合前だと稽古にも熱が入って身体が疲れてしまうので、
いつも以上に時間をかけてストレッチを入念にやろうとしてしまっていて、
元々ダメージをうけている筋肉に余計に負荷をかけてしまっていた気がします。

腿を中心に伸ばしていて、そこ自体に痛みはなくても
それをかばったり、見えないダメージがたまって足が腫れたり、捻挫になるんでしょう。

適度にリラックスして伸ばす場合は疲労回復効果があっても、
稼動域を広げるようなストレッチは身体にダメージがかかるようなので、
このふたつは分けて考えたほうがよさそうです。

いろいろ検索したり調べてみても、そんな記載は見つからなかったんですが
自分の感覚としては間違いないんじゃないかな~と思っています。

いまは試合前でもやりすぎないよう気をつけています。

Posted at 23:58 | ストレッチ | COM(4) | TB(0) |
2011.04.08

これまでのストレッチあれやこれや

前回ストレッチの現状について書いたので、
これまでやってみたことをまとめてみようと思います。

元々ストレッチをしようと思ったのは、
怪我を防止すること、
いつまでも体力と瞬発力に頼った剣道をしないようにすること、
そして力を抜くすることを学べないかな?と思ったからです。

武術やスポーツのいきつくところは必ず自然体、脱力なので
柔軟をすればまた新しいカラダの使い方がわかるかな?と思ったんです。
このころ色々武術や身体操作の本を読んだことにもかなり影響を受けています。

そんなわけで取り組み始めたのですが、
最初はまず身体がカッチカチでまともに開脚もできなかったので、
お風呂あがりに片足前屈から取り組みました。

これはしばらくやっているとすぐ成果があって、
開脚の姿勢を取ることができるようになって、
片足前屈なら身体が足につくぐらいになりました。

でも、開脚前屈となると全く身体を曲げられません。
曲げよう曲げようと思って、お風呂あがりに汗を流して
一生懸命ストレッチをしていました。(;^_^A

そんなときに知ったのがSSSのストレッチ講座。
ここで姿勢やストレッチの考え方を教えてもらい、
あとは自分でコツコツやることにしました。

こんな風に取り組んできて
初めて1~2年で開脚もかなり曲げられるようになったんですが、
ここで壁になったのが"骨盤を開く"こと。

骨盤を開けないので、どうしても背中を少し曲げて前屈するような感じになってしまいます。
やっぱり裏腿のお尻に近い部分がどうしても固くて
そこをしっかり伸ばして、骨盤を開けるようになるまで時間がかかりました。

あとは自分なりにいろいろ試してみて、身体にあった伸ばし方を工夫してきました。
最近効果があるなと思っているのは、間に何度か時間をおいてストレッチする方法です。

まずお風呂あがりに一度ストレッチをやって、
しばらく10分ぐらいは他のことをやっています。
その後もう一度ストレッチをやると自然にさっきよりも柔らかくなっています。
これを3回ぐらい繰り返すと、1日でもかなり効果があるのを感じます。

あとはやっぱり気持ちをリラックスさせて、
気長に取り組むぐらいの気持ちもすごく大切ですね。
だれかが「ココロを開かないとカラダも開かないよ」って言ってました。

もしいまからストレッチをやろうかな~という方がいたら、
参考にしてみてください。

それでは~。

Posted at 23:30 | ストレッチ | COM(0) | TB(0) |
2011.04.07

ストレッチの成果!

開脚前屈
いよっと!
開脚前屈、ここまでできるようになりました!(*^-^)b

最近山をひとつ越えた感じがします。
なんとなくですが、"骨盤を開く"って感覚がわかってきました。

それにしても、ここまであしかけ3~4年はかかりました。
最初は開脚したときに身体が固すぎて、
姿勢を維持できず、後ろに倒れていたくらいなので
自分でここまでできるようになると感慨深いです・・・。

こんなにできるようになるなら、ちゃんとBeforeの写真も撮っておくべきでした。
この写真だけ見ると、もとから柔らかい人に見えそうですよね。
しまったなぁ。

さてさて、柔軟もだいぶできるようなって、
以前紹介した「伸びウォーキング」が
とても身体にあっているように最近感じています。

調子がいい時は、ふともも裏(伸筋ですよ~)から
身体がスッスッと自然に力強く押される感覚があります。
これがとっても気持ちいいです。

身体のバランスがよく取れていて、
無理なくまとまっている感じ、心地良さを感じます。

今はまだ歩くときに感じられるぐらいですが、
この感覚がどこかで剣道につながるはず!と思っています。

理想は無理な力みのない、自然体、美しい剣道ですね。
またストレッチに伸展があったら書いていきます~。

Posted at 23:52 | ストレッチ | COM(0) | TB(0) |
2011.04.06

試合と試合と試合と試合

これからの試合の予定がいっぱいあります。

5/8  区民大会 団体戦
5/15 東京都民大会 団体戦
5/22 荒川区60周年記念大会 団体戦
6/19 板橋区60周年記念大会 団体戦

区民大会はこれまで参加5回、優勝3回。
道場対抗なので、どの試合よりも燃える試合ですね。
去年は優勝を逃しているので、今年は絶対に優勝します!!!

都民大会は今年も出させていただくことになりました。
合同稽古会の成果としてチームワークを発揮して、
自分自身も、チームとしても結果を残したいです。

各区の大会は、戦後剣道連盟発足60周年の記念大会です。
どの区も同時期に発足したので、記念大会が重なるみたいですね。

それぞれ団体戦のメンバー規定が違っていておもしろく、
近隣の区での対抗戦になるので、勝負にこだわって
優勝を目指したいと思っています。

そういえば私の区も60周年なので、この記念大会のメンバーからは、
もしかしたら漏れてしまったのかもしれません。

どちらにしても、選手に選んでいただいたのはありがたいです。
いままで以上にシビアに、
勝負にこだわっていこうと思っています。

Posted at 23:43 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.04

第二回の有志稽古会

4/3(日)は区の有志で稽古会を行いました。
今回で2回目、前は1月だったので2ヶ月ぶりぐらいですね。

男性8名、女性4名集まって、
区の体育館を夕方に利用してやりました。

いまの時期は卒業式、入学式の準備などで学校の体育館が使えず、
区の体育館も夜間は節電のため利用できず・・・
などなど、みなさん稽古する機会がなかなかないようで、
思ったよりたくさんの人で稽古することができました。

道場の垣根を越えて稽古できると、新鮮で楽しいですね!
みんな実力者ばかり、試合で当たるかもしれないと思うと真剣さも違ってきます。

私自身は、面打ちで腰を落としすぎないことを意識しました。
構えの重心は低い方がいいと思うんですが、落としすぎると
膝を曲げて跳ぶ形になって相手に読まれやすいのかな?と思っています。

今回は一本だけ納得のいく面を打つことができました。
でもまだまだ、もっと確実に一本を取れる技を目指したいところです。

あとは自分で打てるときもありますが、打たれる場面も多い・・・
せっかくの相手なので、もっと試合のつもりで一本一本勝負していこうと思います。

それに上段対策も・・・。小手も面も全然防げませんし、もちろん打てません。
ちゃんと対応が上手な人に聞かないとダメそうです。

ともあれ、今回もいい稽古ができました!(*^-^)b

Posted at 23:05 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.01

アシステッドって?

前回軽い竹刀を振る方法は、
アシステッドトレーニングだということを書きました。

少し気になったので、アシステッドトレーニングとは何ぞや?
ということを調べてみました。

あまり詳しい解説をしたページはなかったのですが、
何かしら器具などを使って、動作を助けて(アシスト!)あげ、
身体に良い感覚を覚えさせるトレーニングのようですね。

・陸上競技だと
 ゴムチューブで前に引っ張りながら走ることで、
 普段より速く走れる感覚を身につける。

・水泳だと
 ゴムチューブで引っ張ったり、フィンをつけて泳いだりすることで
 速く泳ぐ感覚を身体に染み込ませる。

剣道だと、軽い竹刀で速く振る感覚を覚える効果があるみたいですね。

僕がおもしろいと思ったのは、何かしらアシストしてもらうので、
本人にとっては"楽チン"なトレーニングだってことです。

楽チンでしかも効果がある。
いいトレーニングです!(´∀`)
カラダとの化かし合いなの?っていう不思議さも気に入りました。

少し軽めの竹刀を買って、まずは自分で実践してみようと思います。
うまくいったら子供たちにもやらせてみようかな~。

Posted at 23:47 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |