2011.08.29

夏季強化稽古&有志稽古会

有志稽古会1
週末の土日は朝に道場の強化稽古、
さらに日曜日は午後に有志の稽古会を開催しました!

強化稽古と言っても"小学生の"強化稽古なので、
大人はそれほど稽古量はありませんでした。
今回は他の先生方も多く来られて、
あまり指導する機会もありませんでした。


というわけで、有志の稽古会。
冒頭の写真はこの稽古会の時のものです。
こちらではしっかり充実した稽古ができました。

今回は先週の反省から、積極的に面でしかけることを意識しました。
幸い身体の調子も良くて、面でプレッシャーをかけられたせいか、
自然と出小手を打てる機会も増えた気がします。

やはり僕の剣道は攻めあるのみ!?のようです。
実力の不足は強気な攻めと勢いでカバーです。(;^_^A


他に思ったことは、稽古でも審査同様に初太刀が本当に大切だということです。
特に力量が近い方とだと、初太刀で技をしかけられるか、
有効な技が出せるか、ということがその後の稽古全てにつながってしまいます。

それに初太刀で面や相面を打つことができると、
相手は次は嫌がって小手を打ってくることが多いので相小手面を狙う・・・
といったように、相手の考え方を先読みすることもしやすくなりますね。

立会いからの技、その後の相手の対応は審査を考える上で
とても大切なテーマなので、最初の30秒に集中して取り組もうと思います。


有志稽古会2
あと、構えが以前よりも少し良くなった気がします(左が私です)。
なるべく足を開かず、背を伸ばして攻めることを意識しています。

有志稽古会3
こちらは右が私ですね。


そういえば先週も土日稽古して、
今週も土日稽古。しかも日曜日は二部練。


来週も?いえいえ、さすがにそんなに稽古はしませんよ。


試合です。土日両方。(´∀`)


9/3(土)は全日本東京都予選会、
9/4(日)は東京都青年大会です。

稽古の成果を活かせるよう、がんばってきます!

Posted at 22:55 | 稽古録 | COM(6) | TB(0) |
2011.08.25

8/21 有志稽古会

8/21はまたまた区の有志で稽古会を開催しました!
9月の青年大会という目標もあって、充実した稽古ができました。

今回は女性の代表メンバーも集まってくれて、
人数も14~15人と会を追うごとに増えていっています。

女性は特に同年代の方が少なくて、
こういう稽古会は貴重なようなので、これからも集まってくれると嬉しいです。

試合では男女混成も多いですし、男女別でも同じ会場なら応援しあえますね。
それを除いても単純に同じ剣道をやっているメンバーなので、
男女・道場に関係なく交流の場になれば嬉しいです。

今回はいつものメンバーが実業団のつよ~いお友達を連れてきてくれて、
稽古もいつも同様に盛り上がりました。
時間は1時間ちょっとですが、もうヘロヘロです。(^_^;)
またまたいい稽古ができました。


自身の稽古の中身としては、構えを崩さずに攻めることを意識しましたが、
逆に面での勝負がなかなかできませんでした。
せっかく実力者が集まっているので、面で攻めきるようにしていこうと思います。

最後に少し二刀でもお相手してもらいました。
しかも上段VS二刀という普段はなかなかできない摩訶不思議な対戦も!
「区の試合で二刀の選手がいるので、二刀でお願いしたい」と言うことでした。

元々二刀を始めたのも、稽古相手の方が二刀の対策をできればいいかなと
思っていた部分もあるので、自分の稽古にもなるし願ってもないことですね。

二刀の僕は小刀、長刀を頭の前で交差させるように構え、
長刀で上段の左小手を狙うように攻めていきます。

長刀がかわされても、小刀でそのまま守ることになるので、
この形だと上段からはかなり攻めにくいようですね。
(実は上段対策をYoutubeで研究していたのです!(・з・)ノ)

また今度上段VS二刀でやってみて、お互いに打てるポイントを探していこうと思います。

あと、二刀では面打ちはそこそこ打てるようになってきたのですが、
小手打ちの手の内がまだまだですね。

面は打突部位があまり動かないのですが、
小手は相手の動作を見極めて打たないといけないので、
少しずつ角度や手の内を調整するのがとても難しいです。


有志の稽古会、来週もやります!

Posted at 23:56 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2011.08.23

8/20 稽古再開!

8/20は道場の稽古がいよいよ再開しました!(*^-^)/

稽古前になんとなく、「夏休み中素振りしてたか~?」と聞いてみると

「全然してません!」(,,゜Д゜)つコノヤロー

「早素振り500回(やってます)」という子も!

でもお母さんに聞くと必ずしもやってはいないそうですが・・・(^_^;)

久しぶりの稽古でしたが、試合が近いせいかみんな集中力がありました。
基本打ちからダレずに稽古できていましたし、
小手抜き面、小手相打ち面といった応用技でもしっかり身体が動いていました。


僕としては、指導面では必ず先にポイントを話してから、
「わかった?」と聞いて、「はい!」と言わせる作戦でいきました。

やっぱり返事をさせると、その後のメニューの集中力が上がる気がします。
これは何か論文にして発表しないと!

そして「大きな声で・元気良く・ゆっくり」説明することも意識しました。
出稽古に行って思ったのですが、この方が子供たちに伝わりやすいようです。

早口でササッと話してしまうと、しっかり理解する時間がないのかもしれませんし、
ゆっくりの方が子供たちも安心して聞き取れるのかもしれませんね。
よく考えると子供たちは面をつけているので、
大きな声じゃないと聞こえないのかも(いまさら!?)。


そんなこんなで出だしはいい感じに稽古ができたと思います。

これからやりたいと思っているのは、大人との地稽古の機会を増やすことです。
錬成大会でも、基本の部では勝っていたものの、試合の部で敗れてしまいましたので、
大人との稽古で攻め合い、打つ機会をもっと身につけて欲しいと思っています。

そのためには、稽古時間に来てくれる大人の数を増やさないと!
子どもを引き出す稽古をするためには、僕たち大人も勉強しないといけないですね。
あまり一人でやりすぎず、いろんな人を巻き込んでやっていこうと思います。


あと、今回はブログを見て小学生の子がひとり見学に来てくれました。
最近はブログ経由で稽古の機会が増えたりと、
こうやって輪が広がっていくのは嬉しいですね!
(そしてうちの道場にワンサカ入会してもらう計画!?)

Posted at 23:57 | 剣道の指導 | COM(4) | TB(0) |
2011.08.22

出稽古での稽古内容

少し間が開いてしまいましたが、出稽古の続きで、
自分の稽古についてです。

基本稽古の後では元立ちに七段の先生方がズラリ。
僕の区での合同稽古ぐらいの人数はいらっしゃいました。

稽古では、何本か打てるところもあったのですが、
その後先生方に攻め方を変えられしまったり、
技を返されたりすると攻め迷ってしまうことが多くなってしまいました。
暑かったこともあって、なかなか手数を出せなかったのもあります。

先生方からはいろいろアドバイスをいただいてきました。
・気攻めをもっと充実させること
・攻め迷って待ち剣になってしまっている
・待ってしまうと手元が上がる

返されても、抜かれても思い切って打つことを
次からの課題にしたいと思います。


もうひとつ、稽古後に審査を想定した立会いにも参加させていただきました。
この時点でももう疲労困憊だったのですが、(;^_^A
なんとかしっかり攻めて打ち切ることを意識しました。

立会いをやらせていただいて感じたのは、
相手が打ち気を見せて攻めてくると、こちらも攻め返して技を出せるのですが、
やや様子を見てくるような攻め方だと、攻めにくいなと感じてしまうことです。

相手が出てくるなら、こちらも捨て身で勝負しよう!と思えるのですが、
応じ技を狙っているなと思ってしまうと、打たれたくないという気持ちが
ムクムクとわいてきて迷ってしまいます。
どんな相手でも自分の攻めで、攻めきって、捨て身で打てるようにしたいところです。

立会いについては、
・右手の内がやや開いている、しっかり相手に向けること
・心気力を一致させて技を繰り出すこと
・間合いの攻防をもっと追及すること
といった点を注意していただきました。

間合いの攻防というのは、すごく難しいですね。
立会いのわずかな時間で、相手に打てる間合いと機会を探らないといけません。

審査で求められるのは、「必然の攻め」と言われます。
攻め方・間合い取りで相手を上回ることで、
何度やっても必ず打てるような打ち方を身につけなさいということですね。

うーん、難しいです!
でも子供たちの指導、自身の稽古と本当に勉強になりました。

ありがとうございました!
また道場でじっくり稽古したいと思います。


P.S.
今日連絡をいただいたのですが、
立会いでお相手いただいた方が、日曜日の六段審査に合格されたそうです!

審査を受けられるのはもっと先だと勝手に思っていたので、
実は審査直前の大事な立会いだったと思うと・・・
僕でよかったのかと後ながらびっくり、恐縮しました。

なにはともあれ、合格おめでとうございます!
私も続けるようがんばります!

Posted at 23:10 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.19

出稽古で勉強してきました!

旅行の話ばかりだったので、そろそろ剣道の話を・・・!(;^_^A

夏休みの最終日、8/14はこのブログで知り合った方の道場に
誘っていただき、出稽古に行ってきました。

元々は7月の錬成大会に向けて小学生の練習試合をしませんか?と
ご連絡をいただいて、実現することができたのです。

その際はこちらの道場まで来ていただいたので、
お礼かねがね、今回はこちらからおうかがいさせていただきました。

稽古では、小学生の練習を見学、後からの先生方に稽古をつけていただき、
最後は立会いで昇段審査のご指導までいただくことができ、
とても充実した有意義な稽古ができました。


初めに小学生の稽古を見学しましたので、こちらから書いていこうと思います。

まず驚いたのは子供たちの人数が多いこと!
初級(防具をつける前~防具をつけてしばらく)が10人、
上級(3,4年生~6年生)が10人ほど、
あと別の会場で中学生・一般の方も大勢稽古されているようでした。

先生方も初級に二人、上級には三人と充実の体制で、
同じ道場で初級と上級は別々に稽古をされていました。

初級では小さな子供たちに先生が熱心に指導されていて、
まず見本をみせて、その後子供たちの技に細かくアドバイスされていました。

メニューも打ち込み台を使ったり、お互いに技を打たせたり、
先生が元に立って打たせたりと
低学年の子の集中力を切らさないよう工夫されているのを感じました。

子供たちの人数が多いのは、やっぱり理由があるんですね!
僕の道場では最近子どもの人数が少ないので、
是非とも見習って増やしたいものです。


上級クラスでは、七段の先生!が三人元立ちに立って、
切返しから基本打ちをすべて受けられているのが印象的でした。

僕の道場では小学生同士でお互いに基本稽古をやっていますが、
子供たち同士だと"打たせ方"があまりうまくないので、
なかなか稽古の質を上げるのが難しいなと感じているところです。

ここでは七段の先生が元立ちをされているのに驚きましたし、
何より打たせ方がとてもお上手で、技の一本一本がしっかり決まっていました。

それに出頭面、出小手といった難しい技も、
引き出し方が上手で、悪いタイミングでは打たせないため、
子供たちも稽古をしながら着実に間合いや攻めの呼吸を
身につけていけるなと思いました。


小学生の稽古時間は1時間程度でしたが、とても内容が濃くて、
本当にいい勉強をさせていただきました。

僕の道場の場合だったら、どうやって稽古するのが効果的か・・・
いろいろ考えるきっかけになりました。

自分ひとりでできることはもちろん追求したいですし、
ひとりひとりの子供たちにきちんと指導していくには、
もっと指導者の後輩を育てていくことも大事かなと思いました。

それに、他の道場の稽古を拝見させていただくのがすごく刺激になり、
とても勉強になることにも改めて気がつきました。
これからも機会を作って、出稽古にでかけたいと思います!

Posted at 23:40 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.18

九州旅行② 熊本・阿蘇

九州旅行_熊本1
三日目はまた新幹線に乗って熊本へ!
この時は「さくら」に乗ったので、行きとは違う型でした。

九州旅行_熊本2
この列車は「和」のコンセプトカーといった感じで、とてもきれいな内装でした。
座席やブラインドには木が使われていたり、

九州旅行_熊本3
連結部分もおしゃれで、和風の絵もかざってあります。

九州旅行_熊本4
こちらは金箔が貼られた扉部分。
両脇の絵は蒔絵のようですね。豪華です!


九州旅行_熊本5
熊本に到着してからは、またレンタカーで阿蘇へ。

九州旅行_熊本6
阿蘇山のドライブルートを楽しんできました。
一面の緑、緑、緑!

九州旅行_熊本8
阿蘇山は春先に野焼きして、牛を放牧しているそうですよ。
遠くにちょこっと写っているのがそれです。

九州旅行_熊本7
どこまでも緑がきれいでした~。

そんなこんなで、阿蘇で一泊して戻ってきました。

鹿児島・熊本と自然を満喫できた旅行でした。
緑が多いとやっぱりリラックスできますね!(*^-^)b

この旅行前に登山に行ったので、自然と山の風景などにも目が行った気がします。
視点が少し違うと、旅行も新鮮でいいですね。


さてさて、そろそろ道場での稽古も再開しますので、準備をしないとですね!

Posted at 23:16 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.17

九州旅行① 鹿児島・桜島

九州旅行_鹿児島1
さて、夏休み第二弾は九州旅行です!(*^-^)b
祖父、母・姉と一緒に行ってきました。

元々は岡山に住む祖父が「九州新幹線に乗ろう」と言い出したそうで、
せっかくなら鹿児島まで行こう!ということになったそうです。
去年ハワイにも一緒に行った祖父はただいま96歳ですよ!


九州旅行_鹿児島2
岡山から新幹線で一路鹿児島へ!
さすがに列車がきれいですね!

九州旅行_鹿児島3
鹿児島ではレンタカーを借りて、ドライブです。
天気もよくて、風景はもう南国ですね~。

九州旅行_鹿児島4
鹿児島の南、知覧にある武家屋敷群を見てきました。

九州旅行_鹿児島5
南国風武家屋敷はなかなか趣深いですね。

九州旅行_鹿児島6
宿泊は桜島の旅館でした。
桜島は元々島だったのが、昭和の噴火で大隈半島と陸続きになったそうですよ。


九州旅行_鹿児島7
翌日は桜島をぐるっと半周。
すると島のところどころに噴石避けの避難所が・・・!
活火山と共生しているのを実感しますね。

九州旅行_鹿児島8
次は霧島神宮に行ってきました。
霧島は坂本竜馬が妻のおりょうと新婚旅行に出かけたことで有名ですね。

九州旅行_鹿児島9
うーん、なかばパワースポットめぐりのようになってきました。(;^_^A


九州旅行_鹿児島10
そういえば、鹿児島でドライブしていて思ったのは、緑が深いことですね!
紹介した写真を何枚か見るだけでも、木の密集度の高さが伝わると思います。

なんでもない山でも、木々がグングン伸びていて、本州とは風景が違って感じました。
やっぱり暖かいと生命力が違いますね~。(・з・)ノ

次は続いて行った熊本・阿蘇をご紹介しようと思っています。

Posted at 23:13 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2011.08.15

登山@蓼科山

みなさまご無沙汰しておりました。
夏休みをすっかり満喫してきました。(*^-^)b

今回はいろいろもりだくさんだったので、少しずつ紹介しようと思います。


蓼科登山1
まず8/7は友達と今はやりの登山に行ってきました。

去年・おととし辺りから周りの友達が少しずつ始めていて、
僕も興味はあったのですが、なかなか日程が合わなくて参加できずにいたので
今回はようやく~という感じでした。

行ってきたのは長野県にある蓼科山です。
標高2,400mなのですが、登山口が1,700mの高さにあるので、
経験が浅くても少しがんばれば登れる山のようです。


蓼科登山2
まずは東京から高速で立科へ。
登山口に向かう高原は避暑地ですね。とってもきれいです。

蓼科登山3
登山口から登り始めると、まずは草をかき分けて進みます。

蓼科登山4
だんだん岩が多くなってきて、ここを登るの~?と思っていると・・・

蓼科登山5
おぉ!岩がどんどんデカくなる!
二千数百m辺りの森林限界を超えると、木は生えなくなるそうですよ。

蓼科登山6
山頂辺りはもう岩ばっかりです。
健脚な方はどんどん行きますね!

蓼科登山7
頂上付近から眼下を見下ろすと、少し雲は多かったですが
さすがの絶景でした!

蓼科登山8
そして頂上に到着!
山頂の神社にお参り。

蓼科登山9
帰りは少し雨がパラパラきましたが、
無事登山口まで帰ってきました。


帰りは別ルートで帰ってきたのですが、合計7時間ぐらいは歩きました。
さすがに初めてだとちょっとハードでしたね。(;^_^A

初めての登山はとても楽しかったし、気持ちよかったのですが、
一方で危険ととなり合わせだなぁというのもすごく感じました。

雨が降ってきたら体力を奪われてしまうし、
視界が悪くなってしまうとコースを間違えてしまうかもしれません。
それに足場が悪くなると滑って怪我をしてしまったり、
捻挫したりして動けなくなってしまうと、戻ってくるのが難しくなりますよね。

当日はカミナリも時々落ちていましたし、
きちんと知識を持っていないといけないですね。

あと、本格的な登山でなくても、高原をハイキングするぐらいでも
気持ちよくていいんじゃないかなぁと思ったりしました。

とはいえ、トータルではとても楽しい経験になりました!
また機会があれば行ってみたいと思います。

Posted at 23:30 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2011.08.08

8/6 合同稽古

8/6は区の合同稽古に参加してきました!

今回は7時からの先生方への稽古を二刀でお願いしました。
これまで互角稽古を中心に二刀を練習してきていたので、
一度先生方に稽古をつけていただこうと思ってのことです。

どの先生も二刀にこころよく応じてくださり、
初太刀から何本かは打つことができたのですが、
その後さっと竹刀を斜めに構え直されて、
どんどん間合いを詰めて攻めてこられると
打つ機会を迷ってしまったり、自分からしかけられず、
捨てきった技を出すことができませんでした。

先生方に打たれてしまうのは仕方ないにしても、
自分から技が出せなくなってしまうのはふがいない気持ちです。


それに単純に先生方に二刀でお願いすると、
上段を取る左手がもう動かなくなってしまいます。
こちらの力がなくなると、余計技が出なくなってしまうので、
片手技の打ち込みなどもやっておかないといけないですね。


あと、大切なことに気がつきました。
それは稽古の時に「小刀を使って打とう」という気持ちが勝ちすぎてしまい、
小手先の技に頼ってばかりで、
「気迫で攻め込んで打つ」「攻め合いを制して打つ」という
剣道で本来大切な攻め合いができていないな、ということです。

二刀だと多少技が未熟でも、相手が二刀に慣れていないと
それなりに打ててしまうため、「打つ」という気持ちだけが先にきてしまいます。
もっと技を上達させて、その技を相手に意識させて下がらせる、
逆に攻め込んで出させて打つ、というところまで稽古しないと
本当の意味で二刀をやっている意味がないなと思わされました。


その後の互角稽古では試合に向けて一刀で稽古しようと思っていたのですが、
「二刀で」とお願いされて結局二刀中心になってしまいました。(;^_^A

こちらでも、小刀が届かない位置に竹刀を構えられて、
攻めと足を使いつつ上手に攻められてしまうと、
全く技を出せなくなってしまいました。

小刀が届かないと、ただの片手上段になってしまうので、
ここが二刀の大きな壁だと思います。

本来であれば片手上段からの面で充分に攻めを
効かせられればいいのですが、まだまだそこには程遠いです。

逆二刀の右足前だと、小刀を使わずに打つと
身体が左に開いてしまい、技の冴えがなくなってしまうのが技術的な課題ですね。
(小刀を使うと右手が左に動くのでバランスが取れるんです)

本当に二刀を稽古するなら、左足前にするか、
右足前のこの点をなんとか解決しないといけないですね。


とまぁ、悪い点ばかりでもなくて、いい評価も少しいただけました。
・小刀を以前よりも上手に使えている
・小刀で相手を牽制できてきた
・打突がしっかりしてきた

いい意味でいろんな気付きを得られました。
これを課題に、また稽古に励みたいと思います!


翌日の8/7は友達と登山に行ってきました(初です!)。
それもまた今度書いていこうと思います。

では、しばらく帰省してまいります~。
(・з・)ノ

Posted at 14:40 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.05

稽古の雰囲気をつくる

なんとか仕事をまとめてきました!
来週から夏休みなので、ここしばらくの子供たちへの指導をまとめてみました。


先月サマータイムになってから、平日の子供たちの稽古時間にも
間に合うようになって、ここでも号令をかけさせていただきました。

しばらく集中的に教えてきて思ったのは、
稽古の雰囲気作りというか、テンポよく稽古させてあげないと
集中力がどこかで切れてしまうな、ということです。
うまくほめてあげてノセてあげることも大事ですね。


稽古自体は毎回だいたい同じメニューをやっているので、
「いつもどおりこのメニューで!」とあまり説明せずにやらせてみたこともあるんですが、
こうするとなんとなくダラダラ練習してしまうようです。

逆に毎回同じことでも、きちんとメニューのポイントを教えてあげて、
見本を1、2本見せてからの方が、課題をきちんと考え直せるためか、
稽古に集中できている感じでがします。

それに説明してから、毎回「こうするんだ。わかった?」と聞いて、
「はい!」と言わせた方が、その後の練習が締まってくる気がします。
これはかなり感覚的なものなんですが、
『返事をする』というのは意外に大切なのかもしれません。


あとはいい打ちができた時はそのつど
「いいよ!いいよ!」「そうそう!」「いい打ちだ!」「小手一本!」などなど、
合いの手じゃないですが、どんどん言ってあげると
稽古の雰囲気がグッとよくなって集中力が出てきます。

とはいえ、ここまでうまくいく日もあまり多くはないです。
「なんか今日はノリきらないなぁ~」で終わってしまうこともたくさんあります。(;^_^A


いま思っているのは、うまくテンポを変えてあげることですね。
ノッてきている時はまくしたてるように話した方がいい時もありますし、
新しいメニューをやる時は時間をかけて説明した方がいいですよね。

それに説明する時間は、子供たちにとっては小休止の時間にもなるので
わざと丁寧に説明したり、ゆっくり話すことも全体のテンポ調整になると思います。
僕は少し早口になりがちなので、この辺りをうまくやっていきたいと思っています。

あとは毎回同じメニューでも「少し変える」工夫は欠かさずやりたいところです。
稽古自体どうしてもだいたい同じ内容になってくるので、
少し違う技を練習したり、同じ技でも違う状況を作ってあげるなど
マンネリ化はさせないよう考えていきたいと思っています。

・・・などなど、いろいろ考えてみました。


そういえば最終日の稽古では、これまで上手く練習できていた
小手すり上げ面、相小手面ができなくなってたのでがっくりきました。
ちょっと頼むよ~。(,,゜Д゜)つ

次は3週間後なので、僕も教え方を忘れないようにしないと!

休み中は合同稽古、山登り、鹿児島へ家族旅行と盛りだくさんです。
1週間満喫してきます!(*^-^)b

Posted at 23:54 | 剣道の指導 | COM(4) | TB(0) |
2011.08.04

日曜日 ふたり稽古

自主練習1
ビデオに撮ったらみごとに逆光!(;^_^A
私は右側です。

日曜日は道場の後輩を誘って稽古をできました。
いろいろ声をかけたのですが、なかなかみなさん集まれなくて、
ふたりきりになってしまいました。

でも前日に引き続いて一刀でしっかり稽古できて、いい稽古になりました。
ふたりなので基本打ちを中心に、一刀で基本・応用技、地稽古。
最後に少し二刀でも地稽古をやらせてもらいました。

一日で一刀と二刀を両方やってみるのは初めてだったのですが、
自分なりに切り替えてできた気がします。


普段の稽古ではどうしても地稽古が多いので、
基本打ちをしっかりできると自分の剣道を再確認できますね。

調子が悪いときも、基本打ちで感覚を戻したり調整したりしますから、
一刀の感覚を再確認する意味でも
時間をかけて基本をじっくりできて良かったです!(*^-^)b

今週末も道場の稽古がお休みなので、区の合同稽古に行く予定でいます。

Posted at 23:00 | 稽古録 | COM(3) | TB(0) |
2011.08.03

にじ

にじ
夕方の渋谷駅にて発見!(ノ゜∀゜)ノ
周りの方もみんな写真を撮っていました!

Posted at 23:28 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2011.08.02

7/30 合同稽古

さてさて、小中学生の強化稽古の後は
参加していた方々との地稽古もお願いできました。

僕としては9月の青年大会への出場が決まり、
のんびり二刀の稽古をしている場合ではなくなってきて
(もちろん二刀も真剣にやっていますが)
先週から一刀で稽古をしているのですが・・・
いまひとつピンときていません。

大げさかもしれませんが、
最初は一刀での攻め方がまったくわからなくなってしまいました。(つД`)


まず二刀の感覚だとかなり近間になってしまうので、
一足一刀の間合いを意識しなおして…。

竹刀を合わせて構えて…


ん?


あれ? ?


どうやって打つんだっけ? ? ?


いやもう冗談じゃなくほんとにそんな感じになってしまいました。( ;´Д`)

二刀だと竹刀を合わせずに間合いを詰めてどんどん攻められるんですが、
一刀だとまずは攻め合いからで、その感覚の違いが切り替えられません。

二刀だと長刀も軽いので、一刀に戻すと
かなり竹刀を重く感じてしまうのもやりにくい原因のひとつです。
あと、二刀は小刀が届く位置まで間合いを詰めるので、長刀はほぼ振り下ろすだけですが、
一刀だと攻め込んだ間合いから身体を前に運んで打たないといけません。

こういった違いも一刀と二刀を両方やってみて初めて実感できるものですね。


今回の合同稽古では一刀でみっちり稽古をさせていただいたので、
なんとか一刀の感覚が少しずつ戻ってきました。

いやいや、このまま元に戻らなくなったらどうしよう!?
と真剣に考えてしまいましたが、なんとか一刀でも剣道が続けられそうです。(;^_^A
よかったよかった。

せっかく教えていただいた二刀をしばらくやらなくなってしまうのも
もったいないですから、機会を見つけて両方とも感覚をなくさないように、
感覚をすぐに切り替えられるように身につけていきたいと思います。

Posted at 23:36 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2011.08.01

小中学生強化稽古

週末は区の合同稽古会に参加してきました。

この稽古会は19時~20時の時間帯に
1、3週は大人の合同稽古、
2、4、5週は小中学生の強化稽古
という形式になっているそうです。
どちらも20~21時は残った方達での互角稽古があります。

僕はいままで第1週か、毎週20時からしか参加していなかったので、
今回は19時すぎに行って初めて小中学生の強化稽古を見られました。


この日は中学生は少ないようでしたが、
みんなとても集中して稽古に取り組んでいるのが印象的でした。
やっぱり区から選抜された選手は意識も高いですね!

先生の話を聞くときはみんなじっと聞いているし、
返事も大きくはっきり返しているし、
技の稽古中もだれひとりキョロキョロするような子がいません。

当たり前のことばかりかもしれませんが、
技の上手下手よりも、"一生懸命稽古に取り組む姿勢"をすごく感じました。

うーん、一度道場の子達にも見学に来させたいな。
同じ区内でこれだけ一生懸命やっている子がいるのを見たら
意識も変わってくるかもしれません。


稽古の後半には、僕も元立ちとして小中学生の稽古相手を務めました。

僕が面をつけたらすぐに中学生の子が「お願いします!」とやってきて、
またびっくりさせられました。

今回は初めて稽古する子ばかりだったので、
まだまだ顔と名前と剣道が一致せず、
具体的なアドバイスもあまりできませんでしたが、
また参加できるときにはなるべく行って稽古をしようと思います。

僕も得られるものがとても多い稽古会でした。


そういえば、稽古会場には先週の錬成大会で獲得した優勝旗が!
うーん、あれ欲しい!来年は!

写真はみんなが真剣に稽古している横で撮るわけにもいかず断念しました・・・(;^_^A

Posted at 23:05 | 剣道の指導 | COM(2) | TB(0) |