2012.04.30

力を抜くことと、攻めること

稽古_面
出稽古用の面が塩だらけに!(^-^;)

道場用の防具は別にあって、そっちを週2回使っているんですが、
まさか週1回程度のこっちの面に塩がつくなんて。


29日(土)は道場の稽古、合同稽古と
いつものようにはしごしてきました。

最近少しのどを痛めていて、なんとなく攻めがシャキッとしません。
しっかり腹から声を出せないと、気勢が充実しない感じです。


今回の稽古では、"力を抜く"ことを意識してみました。
東京都の大会では、僕は自分でも「力が入ってるな~」と
感じながら試合しているぐらいなので、だいぶ力んでると思います。

もちろん普段の稽古ではそんなことはないのですが、
相手が強い方で、実際の試合となると、
「打たれたくない」という気持ちからどうしても力が入ってしまいます。

なので、普段の稽古から試合を意識して、
なるべく力を抜こうと考えました。

結果は・・・まずまずでしょうか?
力まないよう注意はできましたが、
かといって有効打突につながったわけでもないような。(^-^;)

一度で結果が付いてくるようなことではないので、
稽古の度に意識していくことが大事だと思います。


あとは、攻めの上手な方をどう攻め崩すか、が大きな課題ですね。
僕は動きの速さ、上下の技の使い分け、足さばきなどで崩すことが多いのですが、
それだけではなくて、もっと剣先のやりとりであるとか、
相手に打たせるであるとか、攻めの巧さが必要だと思います。

先生方にかかると、最初は速さで少し打てても、
中盤以降に慣れられてしまうと、
攻めが単調なために崩せなくなってしまいます。

ポイントは、前から感じている"攻めすぎない"ということかもしれません。
あえて相手に攻め返す余地を残すことで、打突や隙を誘うわけですね。

そういえば、"攻めすぎない"ことと、"力まない"ことは相乗効果があるような気がしますね。
力まず、スッと攻めこんで、相手に「打てる!」と思わせられれば、
打たせて取る機会が作れそうな気がします。

うーむ、また稽古ですね~。
工夫してやってみます。( ^-^)/

Posted at 23:17 | 稽古録 | COM(5) | TB(0) |
2012.04.29

剣道ライブラリーやってます

剣道ライブラリー1
このトレーに入った本。
僕が道場に開設した剣道文庫です。(^-^)/

っていうとおおげさですが、要は僕が持っている
いろんな剣道関係の本を、お母さん達に読んでいただこうと。
もちろん貸し出しもしています。


剣道って長年続けていてもわからない部分がいろいろありますし、
お子さんを見守るだけのお母さん達なら、なおさらだと思います。

稽古や試合を見学されていても、ある程度知識がないと
勝ち負けの内容や意味がわかりにくいんじゃないかと思います。

こういう身近な方から、剣道の世界への理解を
深めてもらうことはとても大切なことだと思います。


剣道ライブラリー2
まずは意外と知っていそうで、よくわからないルールについて。
なかなかいい本がなかったのですが、
写真つきでわかりやすい本を見つけました!

場外反則や押し出しは、押し出した方が反則?押された方が反則?
場外の手前で審判から「やめ」がかかることもあるよね?
などなど、こういう違いも知ってもらえると、
試合が少しづつわかってくると思います。


昇龍館一福道場 剣道・強豪の稽古法 1 [DVD]昇龍館一福道場 剣道・強豪の稽古法 1 [DVD]

スキージャーナル 2008-11-06
売り上げランキング : 267610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
みなさんに人気があるのはこちらの昇龍館のDVD。
(すみません、貸し出し中で写真がありません)

かなりレベルが高いので、
「同じ小学生がここまでできるのか~」とびっくりすると思います。
全国レベルの剣道を知って刺激になるといいですね。


剣道ライブラリー3
武士道シックスティーンの文庫版も。
これはおもしろいのでおススメですよ~。

あとは僕の趣味で兼子ただしさんの本も。笑
昇段審査用の本は、審査の学科の課題用に役に立ちますね。
剣道時代や剣道日本も、僕が読み終わったものを貸し出していこうと思います。

大人から剣道を始められた初心者の方が最近増えているので、
こういった方にも読んでもらえるといいかなと思っています。
剣道の全体像をつかんでいただけたら、細かな話も伝わりやすいのではないでしょうか。

ライブラリを有効活用する方法、いろいろ考えていこうと思います。( ^-^)/

Posted at 23:23 | 剣道の指導 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.25

剣道時代に掲載されました!

剣道時代 2012年 06月号 [雑誌]剣道時代 2012年 06月号 [雑誌]

体育とスポーツ出版社 2012-04-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本日(4/25)発売の剣道時代にて、
当ブログを紹介していただいています。

6月号の123ページ、電脳剣士Hideさんのページのうち、
おすすめのWebサイトを紹介するコーナーで
取り上げていただきました。

ブログの内容に余るような紹介の文章をいただいて大変恐縮です。(^-^;)


このブログではは私の日々の稽古や指導の考え、
試合の結果や内容、さらには課題や迷いなどを書き連ねています。

まだまだ若輩の身で、検討違いなことも多いと思いますが、
今の自分が感じていることを、なるべく率直に書きたいと思っています。

私がもっと成長して、「あの時はこんなことを考えてたんだ」という感じで
懐かしくふり返ったりできたらいいなとも思っています。

このブログを通じて新しいつながりも生まれていて、
日々感謝の気持ちです。

みなさんに温かく見守っていただけると嬉しいです。
これからもよろしくお願い致します。

Posted at 20:39 | メディア | COM(2) | TB(0) |
2012.04.23

4月の有志稽古会

稽古会2012_4_1
日曜日はまたまた、区の有志で稽古会を開催しました。
最近は僕の高校の後輩も、遠くから駆けつけてくれています。

今回の稽古での、僕のテーマは"腹"でした。
写真中央が僕です。

・腹を充実させて、先を取って攻める
・初太刀だけでなく、腹の意識を持ち続ける
・姿勢正しく、右足・お腹を伸ばすようにして構える
・蹴る力を腹で吸収するイメージで、足をなるべく上げずに打つ

道場での稽古の反省をいかして、
攻めとスピードのバランスも考えて試しました。

結果はまずまず・・・という感じでしょうか。
中身の濃い、いい稽古ができました!


技の面では、面を打つイメージで稽古していたのですが、
今回は小手が冴えていた感覚でした。

腹を充実させると、姿勢・体幹が安定して、
すばやい技にも体重が乗ってくるのかもしれません。

僕は下からの小手が苦手なので、ここをしっかり練習して、
下から小手で崩して面、という連続技も入れていきたいところです。


5月のGW明けには、東京都民大会がありますので、
そこに照準を当てて、しっかり調整していこうと思います。(^-^)/

Posted at 23:35 | 稽古録 | COM(5) | TB(0) |
2012.04.20

二刀の壁?

二刀稽古1
昨日木曜日も、火曜日に続いて二刀で稽古しました。

前回はいい手ごたえを感じられたのですが、
今回は一転、課題を感じる稽古内容でした。

火曜に調子が良かったので、積極的に打とうと、
ブンブン振り回してしまいました。
二刀は数は打てないので、しっかり攻めて、
機会をとらえて一撃で決める気持ちを持たないといけないですね。


稽古相手の方が二刀に慣れてきたのもあります。

僕は相手がこちらの左小手を狙う瞬間に、
出頭で面をねらっているのですが、
小手をうまくさばきながら打ってこられると、
ある程度出頭の機会をとらえても、面打ちをよけられてしまいます。

あとは、二刀に対する構えですね。
"斜(はす)に構えて、竹刀をやや手元に引く"と
二刀の側からするとかなり攻めにくいです。

斜に構えていても、腕を伸ばしきった状態だと、
小太刀で絡めるのもそう難しくないのですが、
手元に引いていると小太刀が届きません。

それに手元に少し引いたい状態だと、
伸ばせばそのまま打突できますよね。
攻防一致なので、これが二刀に対するいい攻め方かなと思います。

後輩がこの構えと攻め方をYoutubeなどで研究してきたらしく、
ほとんど打つことができませんでした。(^-^;)
ぬぅぅ、次はリベンジしてやる~!笑


こちらの攻めとしては、小太刀で抑えて面が基本なのですが、
相手の構えがいいと、まずそれができません。

以前にも書いたことがあるのですが、小太刀で抑えることによって、
面打ちの打突の安定感が増して、腰から打ちやすくなるので、
小太刀が使えないと、技自体がしっかり打てなくなってしまいます。

攻めにくい構えにどう対処するか?
これが二刀の大きな壁かなぁと感じます。

・小太刀を使わずに、腰から打てるようにすること
・一本を取れる小手打ちを身につけること
・稽古を積んで、小太刀の上手な使い方を身につけること
このあたりが課題でしょうか?

いまは面がほぼすべてなので、小手を打って、
相手に面か小手か迷わることができたら、
二刀での攻めがもっと効いてくると重いマス。

小太刀の使い方は、今は相手の竹刀を抑えるだけなので、
もっと攻めに生かす方法を学ばないといけません。

二刀はここからが難しそうです。
また研究して稽古します!(^-^)/

Posted at 23:46 | 二刀 | COM(4) | TB(0) |
2012.04.18

久しぶりの二刀

二刀稽古3
火曜日の稽古では、久しぶりに二刀でのぞんでみました。
二刀も機会を作って稽古して、感覚を忘れないようにしないと。

あと、昇段審査が終わったことと、5月の区の剣道大会まで
少し余裕があるので、二刀をするにはいいかなと思いました。

審査や大会の前だと、一刀できちんと稽古したいという方が多いと思うので。
・・・もちろん審査でも大会でも二刀の方とあたる可能性もありますが。


さて、稽古の内容としては、二刀の扱いもかなり慣れてきた気がします。
相手の攻め方に関わらず、腰からしっかり打突することができてきました。

二刀でも一刀と同じように、"腹を作る"ことを意識したためか、
先を取って、自分のペースで稽古を組み立てることができました。

感じたのは、"稽古中でも相手の構えは変わる"ということ。
立会い始めの構えを「やりにくいな」と思っていても、
状況や間合いに応じて相手は攻め方・構えを変えてくることが多くて、
その変えてきた瞬間を捉えることが大事だなと感じました。

少しづつですが、相手の構えの状態と、自分の入り方の状況から、
小太刀で崩して打てる瞬間がわかってきたような気がします。
いままでよりも多少強引さが減ったかも・・・しれません(^-^;)


小手打ちも少し手の内、腕の使い方がつかめてきました。
まだまだ小手打ちだけで一本にできるほどではありませんが、
上達の方向性が見えてきた気がします。

できれば、小手打ちは左足で踏み込めれば
相手の小手の方向に体をさばきつつ打てるので申し分ないのでしょうが、
そこは急には無理そうですね。
ひとまず右足前での打突で稽古します。

この日は二刀に少し手ごたえを感じました。
また引き続き稽古に励みます。(^-^)

Posted at 23:45 | 二刀 | COM(0) | TB(0) |
2012.04.17

稽古の課題 腹を充実、足を上げない

昇段、昇級審査の指導があり、
最近は大人の初心者も増えて、なにかと忙しかったのですが、
自分の稽古もしっかりやらねば!

ここのところは国体予選で課題に感じたことを
稽古で意識してみました。


まず、腹を充実させること。

基本打ちの際にこれまで以上に気勢を充実させて、
腹の力が抜けないように打突することを心がけました。

腹部が充実することで、身体がブレずに安定して、
一本一本打ち切るような打突に自然となってくる感じでした。

地稽古でも縁が切れないよう、腹から力が抜けないよう意識したところ、
攻め始めで、相手の先を取れる場面が増えた気がします。

でもまだまだ徹底できてはいないですね。
もう少し継続してやってみます。


次は、足を上げずに打つことを試してみました。

ここでも基本打ちで意識してやってみたところ、
悪くない手ごたえでした。
腹を充実させることと合わせて、すばやく腰から打突するイメージに近づきました。


難しいのは、打とう打とう、攻めをつなげようと思うと、
どうしても近間になって、攻め急ぎ、打ち急いでしまうことですね。

最後に道場の先生に稽古をお願いしましたが、
「スピードに頼りすぎているので、もっと攻めを充実させよう」
とのアドバイスをいただきました。

もっともでした。(^-^;)

打突、攻めの速さも必要だし、攻めを充実させることも忘れてはいけないです。
ここのバランスが、稽古していてもなかなかうまくいかず難しいところです。

なかなか一度にたくさんのことはできないですね。
でもここのところ体力、気力とも充実していて、
自分なりに課題を試したり、やりたいことができているので楽しいです。

トライ&エラーで前進あるのみです!(^-^)/

Posted at 23:45 | 稽古録 | COM(8) | TB(0) |
2012.04.16

四五段審査 @くにたち市民総合体育館

四五段審査_201204_1
4/15は四五段審査に同行してきました。
(写真は審査風景で、どなたか知らない方です)

結果は五段にひとり合格されました!
おめでとうございます!(^-^)/

ご本人は実技審査を終えて、早々と着替えてしまっていたので、
合格発表を見てあわてて道着に着替えてしました。笑
この発表の瞬間に立ち会えると、ほんとに嬉しいですね。

四段に挑戦した後輩は残念ながら不合格でした。
審査に向けて一生懸命稽古してきたのを見てきただけに・・・
うーん、残念です。


後輩は道場での立会いなどでは、充分力があると感じていましたし、
他の先生方も「今回はいい線いくんじゃないか」という話されていました。

審査本番では、初見の相手だったり、待ち剣のようなクセのある相手に対して、
自分のいいところを出しきれなかった印象でした。
ここは本当に審査の難しいところですね。

道場の中の稽古では、自然とみんな打つ機会が似てきますし、
お互いのクセやタイミングもわかっているので、
意識的に違う相手と組んだり、
合同稽古に参加したりすることも大事だなぁと思いました。

でも確実に力をつけてきたことも実感できました。
これまでは、攻めて・打つがやや形だけの印象だったのです。
こういう攻め方をしなさい、と言われているからしている感じでした。

それが今回はある程度攻めの段階で姿勢を作りつつ、気勢を充実させて、
自分が「ここだ!」と思った機会で技を出すということができてきました。
ここは成長が感じられたので、次回につながる内容だったと思います。

審査後には、五段審査を見学して勉強するように話しました。
僕や他の先生の言葉をそのまま受け入れるんじゃなくて、
自分の中でしっかり消化して、自分なりに考えたうえで、
剣道として表現できるようになって欲しいと。
そのためには、たくさん立会いや他の人の剣道を見ることが大事ですね。


それにしても、みんな仕事だったり、大学だったり、
いろいろ忙しい中を調整して、稽古に励んで審査にのぞんでいるわけですよね。
それだけでもすごいことだなぁと、いまさらながらに感じてしまいました。

努力が結果につながるように、僕も力になりたいと思います。

Posted at 23:44 | 昇段審査 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.13

本番前日は眠れません

週末の四五段審査は、僕が会場に同行することになりました。

当初は区の昇級審査におもむく予定でしたが、
他の先生方との調整で、変更になりました。

同日開催の審査、
昇級も昇段もそれぞれ稽古の成果を出し切って欲しいと思います。


実は僕は試合や審査に同行するときって、
前日なかなか眠れないんです・・・(^-^;)

指導する立場で同行するので、
試合や審査前にひとことアドバイスしたり、
終わってから声をかけたりするのですが、

これが結果に直接影響してしまうこともありますし、
今後の稽古への取り組みに関わることもあります。
なのでとても難しいです。

ひとりひとりの力を引き出してあげたいと思いますが、
その時その時の場面で、どう言えば効果があるかな?
逆にどういったらまずいかな?
・・・などなど考えてしまうと、なかなか寝付けないんですね。

もちろん僕の言葉がすべてでは全くないですし、
稽古の成果はもちろんそれぞれが出したいと思っているので、
その気持ちに沿う言葉をかけてあげられたら、と思っています。


ちなみに、自分が出る試合や審査の前日は、ぐっすり眠れます。

「やるだけの稽古はしてきたし、後は全力でやるだけ!」
「ダメだったらそれが実力なんだから、また稽古しよう!」
とか、妙に開きなおってしまう性格なんです。笑

この辺り妙にずぶといみたいです。
東京都の試合なんて、もう強い人ばかりだから、
緊張したってしょうがないんですよね。


では、稽古の成果が出ることを祈って、審査会場に行ってきます!

Posted at 23:43 | 剣道の指導 | COM(6) | TB(0) |
2012.04.12

びっくり精勤賞

精勤賞1
先日の稽古で、2011年度の皆勤、精勤賞の発表がありました。
写真は精勤賞の景品です。

皆勤賞は毎年なかなか出ないのですが、
小学生はだいたいの子が精勤賞をもらっていました。

「みんなよく稽古来てるな~」と思いつつ、
発表を聞いていると・・・


なんと!

僕の名前も呼ばれました!Σ(゚Д゚)


うーむ、稽古出席率70%という精勤賞の基準を超えてしまい、
80%も稽古に参加していたそうです。
社会人とは思えないこの参加ぶり。(^-^;)

小学生の子に「先生って仕事してるの!?」
って驚かれたのも、無理ないことかもしれません。

自分でもまさかそんなに稽古に来ているとは思っていませんでしたが、
最近は平日に子供たちの指導を担当しているので、稽古回数が増えたようです。


精勤賞2
中身はタオルマフラーでした!
これは来年から冬場のランニング用ですね~。

今年度も精勤賞をめざす・・・つもりはありませんが、
またやってしまうかもしれません。笑

Posted at 23:49 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.11

国体予選ふり返り

国体予選2012_1
試合後の恒例、ビデオでの反省会です。

まず全体的に、構えは背筋が伸びてきれいになってきたと思います。
まだ少し沈むクセが残っていますが、稽古の方向性は良さそうに感じました。

手の内で下の指をより意識した打突を心がけていますが、
それも構えの見た目に現れてきた気がします。


さて、一回戦、二回戦は勝負にこだわってなんとか勝ちを拾えたものの、
攻め込んで、崩すということがなかなかできず、
フェイントとタイミング主体の試合になってしまいました。

勝つには勝ったものの、内容はまだまだでした。

どうしても手元を上げてしまうクセが抜けないために、
"攻め"と"守り"がはっきり分かれてしまう点は
しっかり直していかないと今後につながらないと思います。

いままでも意識して稽古していますが・・・
やっぱり本番の緊張感は違いますし、対戦相手のレベルも高いので、
なかなか稽古通りにいかないですね。

これはある程度仕方のないことだとも思うので、
本番と同じ緊張感で、繰り返し稽古にのぞむしかないですね。

あとは膠着した状態を打開できるような技をもっと身につけたいところです。
逆胴、突き、巻き技などなど・・・。


国体予選2012_2
三回戦は構えた瞬間のプレッシャー、攻めが全然違いました。

試合中盤、スッと間合いを詰めてこられて、
そのままきれいに面を打たれてしまいました。

ビデオを見ていると、右足をほとんど上げずに打っているので、
それが起こりのわかりにくさ、面の早さにつながっているのかもしれません。

最後は引き小手をきれいに取られて終了。。。
ここ以外でも引き技で危ない場面が2、3度あったので、
このレベルでは僕のつば競り合いもスキだらけなんでしょう。

あとは、"腹の力"の差も感じました。
僕は攻めて・打つと腹から力が一瞬抜けてしまうような感じなのですが、
相手の方はそこでも腹圧が充分なまま、
どんどん続けて技をしかけてこられるイメージでした。

常に"充実した気勢"という印象で、
これがあるからこそ、つば競り合いでもすぐさま鋭い技が出せるのだと思いました。


反省点はいろいろあるのですが、一回戦、二回戦を突破できたことで、
強い選手と対戦でき、またいろいろ課題をいただいてきました。

まずは足を上げずに面を打つ、それとつば競り合いの研究かな。
腹から力を抜かないようにすることも、稽古で意識できそうです。

うーん、やることは多いですが、地道に身につけていこうと思います!


最後に、今回の大会で、
一般の選手が警視庁の強豪選手を破っている試合を見ました。

内容で互角に渡り合った上で、お互いに一本になってもおかしくないような技も多くあり、
延長の末に抜き胴が決まっていました。

すごいなぁと思いつつ、惜しい打ちが多少あるぐらいでは
とても歯が立たないんだなとも実感しました。
まだまだ遠いですが、このレベルをめざしたいと思います!

Posted at 23:51 | 試合参加 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.08

国体予選 @台東リバーサイドスポーツセンター

国体予選2012_1
4/7(土)は国体予選会に参加してきました。

結果は・・・三回戦まで進出できました!
東京都の個人戦の大会では、いままで二回戦が最高だったので、
一歩前進できた気がします。(*^-^)

もちろん組合せ次第なので、どこまで上がったからすごい
というわけではありませんが、勝負に徹することはできたと思います。


今回は「自分と同じぐらいの強さの人に勝つ」ことを目標にしていました。

というのは、僕は試合をこんな風に3つに分けて考えています。
①相手が自分より強い
②相手が自分と同じぐらいの強さ
③相手が自分より弱い

試合では最低限③の試合を落さないことが一番大切で、
そうすると勝ち上がって、①や②の試合ができるようになります。
試合の成績でも、経験という意味でもこのことが大事だと思っています。

②は力が拮抗しているなら、勝ったり負けたりが当然ですし、
①はもう胸を借りるつもりで思い切って勝負するしかないと思います。

と、いままでは②を"勝ったり負けたりが当然"と思っていたのですが、
東京都の試合では③の試合なんて僕のレベルではありえないので、
この②の試合を絶対に勝つ!ということを目標にしました。

②の試合は勝つといっても、実力が近いのでかなり苦しい試合になります。
そこで最後まであきらめずに、勝負に徹することを意識しました。

実際に一回戦はお互いに決め手を欠いて、
15分ぐらいは試合を続けましたが、最後になんとか一本を奪えました。
周りからははた迷惑な試合かもしれませんが、僕には大きな一勝でした。


3回戦は皇宮警察の選手と。
ここはさすがに完敗でした。力量が全然違いました。

今回はひとつ目標を達成できたので、
また次も同じように取り組めること、
さらに次にいけるようがんばります。


国体予選2012_2
ちなみに、試合会場は浅草駅の近くで、
お花見、隅田川、スカイツリーの三拍子?そろって、
たくさんの人でにぎわっていました。

僕は試合が終わったら、桜もそこそこに道場の稽古に参加して、
それから区の合同稽古にも行ってきましたが・・・何か?(^-^;)

Posted at 23:44 | 試合参加 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.06

初心者にイチから教える、ということ

最近剣道を始めた初心者のひとりに、中学生の女の子がいます。

この子を僕が指導担当していて、いままでの稽古が2回。
道場の入り方(入退室の礼)、座礼・立礼の礼法や足さばき、
3挙動の素振りぐらいまで進めていました。

実は初心者の方にイチから全部指導するのは
今回が初めてのような気がします。
いままでは分担して一部分だけ教えたりすることが多かったので。


で、この週末が3回目の稽古だったのですが、
ようやく道場や剣道の雰囲気に慣れてきたのか、
固さが取れてきて、明るい表情を見せてくれるようになりました。

なんだか、ちょっとホッとしました。(*^-^)
いままではすごく緊張している感じがあったので、特にですね。

中学生で、女の子がひとりで、全然知らない剣道というものを始めるのには、
かなり勇気が必要だったんだろうな、と感じさせられました。


剣道もだんだん上手になってきました。

足さばきで左足が開いてしまうことと、
素振りの面打ちで左手が下がってしまうことが苦手のようだったので、
そこを何度も意識してもらって練習しました。

今回の稽古を終えて、他の先生からも
「上手になったなぁ」と言っていただけました。

初心者の方は最初は何が正しいかよくわからないので、
意識することを明確にして、繰り返し練習することが大事だなと思いました。

いや、当たり前のことですね。(^-^;)
でも「同じメニューばかりやっていて退屈しないかな?」とか
「他の人はもっと先にいっているから、追いつかせないと」とか
いろいろ考えてしまったりもするんです。

初めてだと、上達することをそれほど急いでいないと思うので、
しっかり"正しいこと"を伝えて、できるまで待ってあげることが大切なんですね。


などなど、ここのところ指導についていろいろ考えてきて・・・、
今年度のテーマは"ひとりひとりをよく見る"ことかな。

僕も道場で責任ある立場になってきました。
ひとりひとりの生徒の、気持ちを汲んであげるような指導者をめざしたいと思います。

Posted at 23:43 | 剣道の指導 | COM(4) | TB(0) |
2012.04.04

この春の予定

4/7  国体予選(個人戦)
4/15 四五段審査会
4/15 一級審査会
5/13 東京都民大会(団体戦)
5/13 区民剣道大会
6/10 簿記一級試験

■国体予選
いろいろ忙しいのですが(もちろん剣道が)、
今週末は国体予選があります!

昨年度は東京都の大会で、団体戦は良い成績をおさめることができたので、
これからは個人戦も結果を残せるようにしていきたいです。

個人戦は毎回一・二回戦負け。
壁は高いですが、乗り越えたいと思います!


■一級審査会、四五段審査会
審査会は東京都の昇段審査と、区の昇級審査が重なってしまいました。
僕は昇級審査の付き添いになったのですが、
こちらは受審者の方が稽古によく来てくれていて、
合格できそうなメドがたってきました。

なので気になるのは、四五段審査の方ですね。
稽古をがんばってきた後輩を是非合格させてあげたい。

会場に見に行けないのが残念ですが、
だれかにビデオを撮りにいってもらおうと画策中です。


■東京都民大会
東京都民大会は去年準優勝した大会です。
今年は欲張って、優勝を狙っていきたいと思っています。

なんとこの日も区の剣道大会と同日開催になっていて・・・
子供たちの試合を見ることができません。

会場の都合などがあるんでしょうか?
今年は剣連の日程調整どうなってるんだぁ。(つД`)

残念無念、ですが自分にできることをやるしかありませんね。


■簿記試験
6月には簿記の試験を受けます!

もうかれこれ3年近くは勉強していますが、さすがに一級は難しいです。
今回こそは!時間を作って勉強していきます。


ちょっとバタバタしていまして、乱雑な文章ですみません。(^-^;)
ひとつひとつの行事に全力で取り組みたいと思います!

Posted at 23:44 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.03

春の嵐に・・・やってもうた!

今日は東京は暴風雨!
子供たちの稽古は早々に中止との連絡がありました。

でもこういう時、うちの道場は大人の稽古は任意なんです。
自己責任で、やりたい人はやってもいいよ、ってことですね。


会社では15時に帰宅指示が出て、
そのときすでに風がかなり強かったので、
「これは誰も稽古来ないだろうな~」と思っていました。

「ん?でも、来週4/15は昇段審査があるし、
奇特な人が稽古に来るかもしれないな」と思い直し、
念のため道場に行って、稽古が始まる時間ぐらいまで待っていました。

審査も近いから、あれやって、これやって・・・
うーん稽古楽しみだ、早くみんな来ないかな、とかいろいろ考えて。


でも・・・

だーれも来ない。
まぁ当然です。外は暴風雨ですから。


しょうがないから、
「この程度の雨で来ないなんて、みんな気合が足りないなぁ」ヽ( ´ー`)ノヤレヤレ
とかひとりでうそぶいて、道場の戸締りをして帰ってきました。



で、しばらくすると、
「今日は練習ないんですか?」と後輩からメールが。

ん?

んん?

あれ?道場に来るの遅くない?
ずっと待ってたのに・・・
















!!





!!!(;゚ ロ゚)ハッ





時間間違えてた!Σ(゚Д゚)


どうやら僕は1時間早く道場にいて、
1時間早く戸締りしてしまったようです・・・。( ;´Д`)

もうガックリですよ。せっかく雨と風の中道場行ったのに。
後輩も道場に来てくれたのに。

昇段審査前に、審査指導担当としてどうなのか?
しかもこの時間になると、風も雨もほとんどやんでるし。

僕はきっちりタイプなので、あんまりこういう勘違いしないのですが、
今日は会社から早くあがったので、時間の感覚が狂っちゃったみたいです。

みんなごめーん、来週今回の分もがんばろう!

Posted at 22:54 | 雑記 | COM(6) | TB(0) |