2012.10.31

返し胴の稽古

週末の稽古をビデオに撮っていたら、
基本打ちの返し胴の場面が写っていました。

返し胴1
構えから・・・
(ちょっと間合い近いですね(^-^;))

返し胴2
すりあげて・・・

返し胴3
返します!

返し胴4

返し胴5
残心をきっちりと。

コマ送りしてみると、すり上げてから返すまでに
まだまだ上半身に無駄な動きがありますね。
そうか~、次は上半身を崩さないよう意識してやってみます。

あと、胴打ちの冴えが少し足りない気がします。
おそらく打突のときの左足のひきつけと、
返しの刃筋をもっと身体で覚える必要があるんだと思います。

元々身体をぐるっと一回転しながら打つ抜き胴・返し胴は得意なのですが、
段位にふさわしい技となると、姿勢を崩さずに
腰からの打つ返し技が必要ですね。

まだ課題はあるものの、少しずつ以前よりしっかり打ててきました。
少しづつ改善して良い技にしていきたいと思います。(^-^)

Posted at 23:48 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2012.10.29

構えを変えてみると・・・

週末稽古1
週末も稽古に励んできました!
手前右側が私です。

ここのところの稽古では、腕の下側を使って構えること・打つことを
意識してやってきたのですが、いい構えになるには何か足りない・・・

そう思っていろいろ考えながら試行錯誤していて、
今までよりも脇を締めるようにすると、
構えがよくなって姿勢も整うことに気がつきました。(^-^)

具体的には、ひじを胴につけるように構えてみました。
こうすると自然と腕の下側を使った構えになるようで、
自分でも「これはいいな!」と思って稽古で試してみました。


地稽古を含めると、構え・立ち姿は良くなったものの、
構えが小さくなってしまうためか、攻めが効きにくく、
なかなか自分から打っていけなくなってしまいました。(^-^;)

一本の打突を打ち切る形にもなるので、
打突後の返し技を何度も打たれてしまいました。

うーん、難しいです。
取り組んでいる方向はいいと思うのですが、
まだ自分の剣道がついてきていない感じです。

回数を重ねて身につけていこうと思います。


剣道時代 2012年 12月号 [雑誌]剣道時代 2012年 12月号 [雑誌]

体育とスポーツ出版社 2012-10-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あと、今月号の剣道時代は出ばなの特集だったのですが、
そこである先生が手の内の握りについて説明されていました。

打突の際には、
『小指、薬指、中指の順番に締め、
親指と人差し指は前に出す感じにする』
と手の内が効くそうです。

指のひとつひとつを意識した握り、打突はなかなか出来ていないので、
こちらは素振りから、ちょっと取り組んでみようと思っています。

Posted at 22:19 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |
2012.10.26

全日本選手権 チケット予約しました!

全日本2012
今年も全日本のチケットを買ってきました!
前回に引き続き、1階席での観戦です。

もうトーナメント表も発表されていますし、
石田先生による解説もホームページに掲載されていますね。

今年は全体的に初出場の選手が多いようで、フレッシュな感じですね。
警察選手権でも活躍された高鍋選手、内村選手に
どんな選手がどこまで迫れるのか、という大会になりそうな印象です。

世代交代を思わせる若手の選手に活躍して欲しいですし、
ベテラン選手の勝負の妙も見どころがありそうですね。

当日を楽しみに待ちたいと思います。(^-^)/

Posted at 23:43 | 試合観戦 | COM(2) | TB(0) |
2012.10.24

おやゆびザックリ

さぁ風邪も治ったし、しっかり稽古するぞー!
と思っていたら、先週の復帰稽古でちょっと怪我を。(^-^;)

右足の親指の横側を切ってしまいました。
稽古中にだれかの親指に当たって切れてしまったみたいです。
終わってから足を見ると、血だらけに・・・。

切り口はそれほど深くないのですが、まだしっかり乾いて固まっていないので、
平日の稽古は無理せずお休みすることにしました。

こういうケースはちょっとめずらしいですが・・・
足の爪は短く切らないと危ないですね!

Posted at 21:38 | 怪我・症状 | COM(2) | TB(0) |
2012.10.22

稽古に復帰しました!

風邪の状態も良くなって、
週末の稽古にはようやく参加することができました!

来月の昇段審査を控えて、稽古も熱気がでてきました。
今回は受審者が特に多くて、四五段審査を7人、
六段審査を3人と大勢なので、熱気もうなずけますね。

稽古終盤には審査を想定した立会いも行われ、
先生からの指導にも力が入っていました。

「有効打突が少ない」という先生の指摘には、僕も耳が痛い思いです。(^-^;)
去年の審査では、「これだ!」という有効打突がなかったので・・・。
両者真っ向勝負の立会いで、有効打突はやはり難しいですね。


自分の稽古としては、かかとサポーターなしがだいぶなじんできました。
基本稽古の最中は何度か痛みを感じるときがあったので、
踏込みや足を上げないことを確認しながら続けたところ、
地稽古のあいだも気にせずそのまま稽古を終えることができました。

もうサポーターがなくても、
気持ちとしてはだいぶいけそうな気がします。(^-^)

地稽古では、面を攻めつつ、小手も積極的に狙うことを意識しました。
小手だけで一本にはできなくても、打たれて相手の意識が移った瞬間に
面に乗るような連続での技も、理合のある攻めになってくると思います。

小手はまだまだ鋭さ、理合のある打突には遠いですが、
考えながら続けていこうと思っています。


みなさんの熱気に便乗して、僕も審査を受けるつもりで、
一回の稽古を充実させようと思います。ノシ

Posted at 21:01 | 稽古録 | COM(4) | TB(0) |
2012.10.19

稽古お休み中です

先週末から風邪をひいてしまって、稽古をお休みしています。
しばらく更新できなくてすみませんでした。(>_<)

去年もこの時期に風邪で体調を崩してたんですよね・・・。
あたたかくして、安静にしていますが、なかなか全快に至りません。

僕の場合は剣道すれば治るような気もしますが(^-^;)
無理して他の方や小学生の子供たちに移してしまってはいけないですよね。

この週末はできれば稽古に復帰したいところです。

Posted at 22:16 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2012.10.11

かかサポなし順調です

さてさて、出張から帰ってきて、
さっそく何度か稽古することができました。

かかサポをしない取り組みは、
まずはかかとを上げすぎないことを意識しています。

最初は少しおっかなびっくりで、踏み込んだときに痛むときもありましたが、
やっているうちに少しずつ慣れてきました。
前回の稽古では、サポーターをしていないことも
あまり意識していないぐらいの感覚で稽古ができました。


足を上げすぎないようにすると、体が上に上がらないようにもなるため、
面打ちにも効果が出ている気がしています。

私は少し飛び上がるように面を打ってしまうクセがあって、
それが面打ちのムダになっているので、そこもいっしょに治せそうです。

イメージは"上に飛ばず、身体を前に出すだけ"という感じで、
打突前に沈む瞬間を作らないようにも意識しています。

いまの感じで、続けてみようと思います。( ^-^)/

Posted at 22:21 | 稽古録 | COM(5) | TB(0) |
2012.10.10

はじめての海外出張

サンフランシスコ
先週1週間はサンフランシスコに出張に行ってきました。

記事は少しだけ予約投稿しておいたのですが、
コメントの返信などが遅くなってしまってすみませんでした。

内容はベンダーのイベントに参加するためだったのですが、
その内容もおもしろかったですし、空き時間に少し観光もできて、
有意義な出張になりました。

現地で剣道の稽古しているところをあらかじめ検索していて、
時間があれば見学させてもらおうかな、と思っていたのですが、
ちょっとうまく日程が合いませんでした。(^-^;)

帰ってきたら・・・いつのまにか体重が元に戻っている?
うーむ、トレーニングの話を書いたばかりでしたが・・・。

Posted at 22:16 | 雑記 | COM(4) | TB(0) |
2012.10.03

トレーニングみなおし

続いて、トレーニングのみなおしですが、
体幹をもう一度しっかり鍛え直そうと思っています。

一流の選手の試合を見ていると、やはり体(たい)が安定して全くブレがありません。
その土台があるからこそ、鋭い技がうまれるのだと思います。

以前から体幹トレーニングはやっていて、
大きな効果があったと感じているのですが、
やや慣れてきて惰性になってきてしまっている感じもしていました。

そこで、トレーニングのメニューを変更して、
より体幹に負荷がかかって効果があるものにしようかなと。

具体的には、いままでの静止する体幹トレに加えて、
動きがあるものも取り入れて、
負荷を上げてみようかなと思っています。


あと、7月ごろに体調を崩してしまったときに、
以前より2~3Kg体重が減ってしまったままになってしまっているので、
もう一度しっかり体から作り直さないと、と思ってもいます。

効果はあるのでしょうか?
また報告します!( ̄^ ̄)ゞ

2012.10.01

素振りをみなおしてみます

前回の大会を振りかえって、素振りとトレーニングをみなおしてみようと思います。

まず、素振りでは手の内の冴え、技のキレを磨くことをめざしたいと思います。
私は下段からの小手が苦手なので、ここでも有効打突とできることが目標です。

具体的には、手の小指・薬指を意識して手の内を決めることと、
腕の下側の筋肉を使って振ることを意識しています。

「腕の上側を使わずに、下側を使いなさい」
というのは、大学時代に教えていただいた先生の言葉でした。
先生は当時は七段でしたが、後に若くして八段を取得された方です。

その時は「?」の文字が浮かんだのですが、
稽古を重ねるうちに少しづつ意味がつかめてきた気がします。

武道では普段意識して使わない"伸筋"を使うことが重要で、
腕の下側の筋肉はこの"伸筋"にあたります。
"屈筋"である腕の上側は誰でも使いやすいのですが、
パフォーマンスは"伸筋"には及ばないそうです。

それに、腕の下側を意識して構えると、自然と高段者の構えに近くなると感じています。
これは"伸筋"を使う方が、肩の力が抜け、腹に力がたまりやすいのだと思います。
言い換えれば、"上虚下実"の状態になるということですね。

もちろんこうすると、構え方・打ち方が変わってくるので、
攻め方・剣道全体にも影響があって、とても難しいと思います。

それでも、全日本レベルの試合を見ていいインスピレーションをもらったので、
挑戦してみたいと思っています。


私が持っている素振り用竹刀には、
中に鉄?が入っています。
長くお蔵入りしていたのですが、これから活躍してもらおうと思っています。
手の内を強化しつつ、筋力もつけられればと。

腕の下側を意識して振る。
まずは続けてみます!( ^_^)/