2013.07.12

一刀も二刀もむずかしい

今週の平日は一刀と二刀で一回ずつ稽古ができました。
昨日は少し久しぶりに二刀で。

ここのところ片手でずいぶん振れるようになったので、
少しはいい打突ができるかなと期待してのぞんだのですが・・・

ぜんぜんダメでした。(^-^;)

片手の素振り(上下にまっすぐ)と
二刀の打突(斜めに構えた状態からの打突)は軌道が違うので、
その差にすぐ対応できなくて、打突がブレてしまうことが基本打ちでも多くありました。

地稽古でも、速く打とう、いいところを打とう、
という意識が出てしまって攻める気持ちが足りなかったと思います。

後で鏡を見てみると、左手の構えの位置が
無意識に変わってしまっていたように思います。
無駄のない打ちにつなげるために、見直さないといけないですね。

ただ、悪いことばかりでもなく、
小手打ちでは、素振りでの手の内の感覚が活かせるなと感じました。
これを磨いて、面打ちにもつなげていくことを考えたいと思っています。

総じて、二刀が上達するには、もっと稽古が必要だと感じました。
二刀と一刀両方やるためには、二倍稽古しないと!
と思ったりもしています。笑


一刀での稽古では、じっくり攻める、ためる、打ちきる、
ということを考えていますが、攻められて迷ったり、
相手の方の打突に打ち遅れる場面がありました。

もっと左足を上げる感じにして、
どんどん自分から攻めていけばそんなことはないのですが、
ここはグッと我慢して、今の稽古を続けていこうと思っています。

スピードに頼らず、相手を動かし、理合で打つ剣道が目標です。
まだまだ遠い感じですが、また稽古に励みます!(^-^)

Posted at 23:21 | 二刀 | COM(6) | TB(0) |