2015.04.29

武道とは重さを扱うこと

サポーター
空手の道具
グローブとすねあて、ローキックサポーターです。


ゴールデンウィーク中の5月5日に空手の大会に出場します。
白帯・青帯クラスの新人の部での参加になります。

大会に向けてしっかり稽古したかったところ、
仕事でなかなか時間が割けず、少し残念ではありますが
教えていただいたことを出し切りたいと思います。


空手と剣道で共通することとして最近感じることは、
「自分の体重を上手に使う」ということです。

私は剣道の打突動作では、竹刀の重さ・自分の体重の重さを
竹刀を通して相手に伝えることを意識しています。

そのためには姿勢を崩さず背を伸ばし、後足がはねることなく、
刃筋を立てて打ち込む必要があります。
いずれも崩れてしまうと重さが分散してしまい、
相手に伝わらなくなってしまうからです。

そしてこの考え方は空手でも同じようですね。
私はまだまだ空手で実践できるレベルではありませんが、
打撃は筋肉で力いっぱい撃つのではなく、
力を抜いて体重を伝えるように撃つのだそうです。

中段蹴りの蹴り方が最近少しわかってきたのですが、
足で力いっぱい蹴るのではなくて、
腰から回して足を連動させると良いそうです。
その方が無理なく体重が相手に伝わるからだと理解しています。


剣道に話を戻すと、前に進む、後に下がる動作も
相手に極力悟られずにしようと思うと、
いかに重心移動を精緻に行うかという話になります。

二刀の片手打ちでも、竹刀の重心点を中心に回転させることで
打突を素早く行うことができます。

重さや重心、ここを扱うことが武道の共通の要ですね。
剣道でも空手でも、意識して稽古したいと思います。

Posted at 23:47 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2015.04.17

心は熱く、頭は冷静に

kikuchi2.jpg
前回ご紹介した記事のなかに、大谷投手の高校時代の
目標達成シートが載っていました。

そのメンタル目標のひとつに、
「心は熱く、頭は冷静に」
と書かれていました。

このフレーズ、私が剣道の試合で考えていることと同じで、
言い回しまで全く同じだったので驚きました。


剣道の試合では気迫で相手に勝らないと勝負にならないと感じます。
実力が拮抗するような試合で、"うまく"勝とう、
"楽に"勝とう、と思うと攻め込まれて、こちらの技も返されてしまいます。

先の心で気迫で攻める、という気持ちがまず欠かせないため、
「気持ちを熱く」ということを考えています。
そのためにも、しっかり発声することも意識しています。

そして、熱くなりすぎて頭に血が上ってしまってもいけません。
相手の攻めや得意技、かわし方の癖なども見抜いて攻めなければいけませんし、
団体戦であればスコアを踏まえた試合展開も重要ですね。

熱くなる一方で、冷静な部分を残す。
そういう意味で「頭を冷静に」と意識しています。

一見矛盾するような考え方ですが、
ハート(胸)は熱く、頭はクレバーにと
ふたつの場所を同時に使い分けるイメージです。

野球でも一球に込める気迫、勝負かかった場面での気持ちの強さが大事で、
同時に考えながら試合を組み立てることが大事なのでしょう。
有名な選手の考え方と共通するものがあり、心強く感じました。

Posted at 23:16 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2015.04.16

強くなる仕組みを作る

kikuchi.jpg
ネットで大谷翔平投手、菊池雄星投手の
指導者として知られる佐々木洋監督の記事を読みました。

こちら と こちら

生徒を集めるために、進学実績をつくる
学生目線のカッコいいロゴをつくる
効果の出るトレーニングを工夫する
練習に取り組む意識づくりをする

明確な目標をつくる
夢と目標と決意の区別をつける
夢をかなえるために、9×9マスの目標達成用紙を書く

いずれもただ「努力する」「練習する」ではなく、
勝てるための「仕組みをつくる」ことを意識されているそうです。

数年前に勝間さんの自己啓発本が流行ったときも、
ポイントは「勉強できる仕組みをつくる」でした。

努力や根性だけで成長するのには限界があるので、
組織として、方法論として「仕組み」を作ることが大切だとのこと。
競技は違いますが、指導という点で学ぶことが多いです。

佐々木監督の出発点はナポレオンヒルの成功哲学だそうで、
それも一度是非読破してみたいと思います(^-^)

Posted at 23:17 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2015.04.14

剣道形を演武します

またまた、なかなか更新できておらずすみません。

今週末は情報処理試験、来週末は社内の試験があって勉強中です。
また小さな怪我も重なって残念ながら稽古もできていませんが、
来週からは少しづつ稽古に復帰できそうです。


少し先になりますが、5月の区民大会の開会式にて
昨年の剣道形大会に出場したお相手と一緒に
剣道形を演武させていただくことになりました。

4~5年前に木刀で演武させていただいたことはありますが、
今回は羽織袴・模擬刀なのでより気が引き締まります。

道場で何度か剣道形を稽古していただきましたが、模擬刀だと緊張感が違いますね。
重さがあるために太刀五本目や六本目のすりあげ技が難しく感じます。
稽古を重ねて、木刀以上に「刀」であること、「刀法」を意識して演武できればと思います。

Posted at 23:19 | 剣道形 | COM(2) | TB(0) |
2015.04.06

春の強化稽古

H27春季強化稽古1
先々週は道場にて土曜・日曜の午前・午後と
計4回の強化稽古がありました。

私は今回は指を痛めて見学が多かったのですが、
小学生や中学生が上達しているのが感じられました。

進学が決まった子も新しい制服で挨拶に来てくれたりと、
春は子供たちの成長を感じる季節ですね。

強化稽古のお昼休みはみんなで近くの公園に行って遊ぶのですが、
今回は小学生低学年が多かったり、新大学生が遊びに付き合ってくれて
いつも以上の盛り上がりでした(稽古以上では?)。


さてさて、先週はようやく怪我も落ち着いて稽古ができました。
写真は最近意識している姿勢をキャプチャしてみました。

上半身の力を少し抜くことができてきたかなと思います。
この力を抜いた状態で、ゆるやかに、なおかつ剣先の攻めを効かせたいと思っています。

左手をへその前に納め、竹刀の角度を作る(水平にならないようにする)ことで
自然と相手に攻め込まれにくくなったように思います。
また、攻めこまれても構えを崩さず、直前まで動じないことを意識すると、
攻めて入ってきた相手が攻めきれず下がることが多くなりました。

一本勝負や互角稽古になると、左手の位置が上がってしまうため、
左手の位置を動かさないことが次の課題です。
あっ、首を襟につけて背中を伸ばすことを忘れていました。
次回はそれも忘れず意識したいと思います。

Posted at 22:39 | 稽古録 | COM(2) | TB(0) |