2015.12.29

空手の稽古納め

剣道の稽古納めに続いて、
空手でも稽古納めとなりました。

最後の稽古では、腰の使い方を確認できる
おもしろいメニューがありました。


空手では基本の姿勢として、
三戦(サンチン)立ちという構えがあります。

両足を八の字に立ち、内膝を締めやや腰を落とし、
腕は肘を内側に絞り立ちます。

そして、この時の腰は
腹をへこませるようにするので、
骨盤が後ろに傾くような状態になります。

三戦には呼吸法など他にも
身体の使い方のポイントがあるようですが、
筋肉だけに頼らない内的なパワーを
発揮する構えなのだそうです。


今回の稽古では、まず壁を背にして
普通に気を付けをして立ちました。

気を付けの状態だと
お尻・背中・頭が壁についています。
(背中は少しカーブしているので
 腰は壁につかないですよね)

ここから三戦立ちの構えをして、
お尻と腰が両方とも壁につくようにします。

な、なるほど・・・。

これは初心者には客観的に
構えと腰の状態が確認できて
いい稽古法だと思いました。


剣道と空手を比べておもしろいのは
腰の使い方が逆だということですね。

剣道では帯を押し返すように
腹圧を高めることで骨盤を前傾させます。
姿勢は基本的に気を付けと同じですね。

上級者になると袴の腰板が
お尻よりも前にある姿勢になります。
(腰板の部分がへこんで見えます)

逆に空手では骨盤をやや後傾させます。
(なので腰とお尻の両方が壁につきます)

剣道では素早く前に移動するために骨盤を前傾させ、
空手では力を発揮するために骨盤を後傾させる、
そういった違いがあるのかなと思います。

両方に共通するのは丹田を意識するということ。

まだ空手で丹田を意識する、
というところまで稽古できていませんが、
腰の使い方が違っても
丹田の意識の仕方は同じなのでしょうか。

丹田について、丹田の使い方を
もう少し勉強できたら
空手も剣道ももっと上達できるかも?
そう思い至った稽古納めでした。

Posted at 23:26 | 空手 | COM(2) | TB(0) |