2017.05.18

東京都民大会

H29東京都民
5/14は東京都民大会に大将として出場しました。

もちろん組合せもありますが、なんとか上位を狙いたいと
ここ何度か選手で集まって稽古も重ねてきました。
が、結果は2回戦敗退。
大会にかけていた気持ちがあるだけに残念です。


1回戦は先鋒、中堅が勝ち、副将が引き分けて
勝ちが決まった状態での試合でした。
お相手は稽古をご一緒したこともある方でしたが、
攻め・崩しきれず引き分けとなりました。

安全に小手ばかり狙って攻めてしまい、
捨て身の技、攻める気迫が足りなかったと感じます。
リスクを負うところは負うことを再確認しなければと
振り返って感じています。


2回戦は勝ち数本数とも1つ負けた状況での大将戦。
そしてお相手は東京代表に何度も選ばれている選手、
これまで5回ほど挑戦してすべて二本負けしているはず…。

相手の得意な技はもらわないこと、
自分から攻めてしかけて一本を奪うことを意識しましたが、
出小手、小手返し面を続けて奪われてしまいました。

うーん、強いです!
こちらが間合いを詰めて攻めてもビクともしませんし、
逆にあちらの攻め・打突は的確で非常に鋭いです。

奪われた出小手は、相手の攻めに攻め返そうとした瞬間、
自分でも面を打とうと意識していない瞬間でした。
その手元が挙がった瞬間なので、完璧な一本でした。

またしても完敗、しかもチームも敗退となってしまいました。
やはり勝ち上がるためには、どんな相手でも必ず
大将戦で制するぐらいの力がなければと思い知らされました。

京都大会で少しいい内容の立ち合いができた気持ちを
しっかり正された想いです。
力がつく稽古しなければ!

また、真っ向勝負で力が及ばないなら、
引き技なり逆胴なり変化をつけたり
一本を奪える技がなければと思いました。


おととし出張で行っていた愛知県に
5月からまたまた出張になりドタバタしています。
しっかりと時間を作って稽古をしたいと思います。

Posted at 23:03 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2017.05.08

京都大会 朝稽古

IMG_9549.jpg
いざ、京都大会朝稽古へ!
夜明け頃の空は、高校時代の新聞配達を思い出します。

朝稽古は6時前には会場に着かないと一番にかかることはできないと
うかがったので、始発の阪急に飛び乗りました。

朝稽古は去年まで6時30分開始だったのが、今年から7時開始になったそうで、
6時頃に到着したため余裕をもって準備ができました。



朝稽古は京都武道センターで行われます。
自分も参加しているので写真が取れませんでしたが、
この動画のように、ひとひとひと・・・!

体育館中央に八段の先生方が外側に向かってズラリと並び、
両サイドから稽古をお願いしていく形になっています。

先生おひとりに対して、平均4・5人は並んでいて、
稽古時間が長い先生もいれば短い先生もいて
どこにならべば稽古を時間内に稽古をお願いできそうかわかりません。
お願いしたい先生に意を決して並ぶしかありません。

2日間の稽古で、全日本を制した先生おふたりや、
強豪大学の師範の先生など錚々たる八段の先生方に稽古をお願いできました。
ただ、やはりもっとこちらに力がなくては
先生方にいい稽古をつけていただくこともできないとも感じました。

整列では一番前に並び、先生方には真っ先に稽古をお願いしたものの、
1時間で3人の先生にかかるのがやっとでしたが
両日ともに代えがたい貴重な稽古の経験となりました。

稽古後にご挨拶したところ、ひとりの先生から
「いい稽古をするので、このまま頑張って下さい」
と声をかけていただき、とても励みになりました。


IMG_9569.jpg
立ち合いは武道センターの隣にある武徳殿で行われます。
歴史と文化・趣を感じさせる武道の殿堂、
観客も気持ちが引き締まる会場です。

IMG_9572.jpg
武徳殿正面から。
裏手に武道センターがあります。

IMG_9574.jpg
武徳殿正面側には剣道具店の出店がたくさん、お祭りのようです。
北斗武道具さんの垂ネームが、
筆跡が特徴的でとてもかっこいいのですが、
これを着けている方が大会中多いように感じました。

私も最近ここで作ったのですが
とてもいい仕上がりで気に入っています(^-^)


京都大会の雰囲気が伝わったでしょうか?
朝稽古や立ち合いを拝見していると、
大勢の中でもやはり光る剣道をしている先生がいらっしゃいました。

姿勢・気迫・打突・残心すべてが磨かれていて
よどみなく行われていると、自然と目がいってしまいます。
見取り稽古でもたくさんの刺激をいただいて帰ってきました。

Posted at 23:37 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2017.05.06

初の京都大会

kyoutoH29.jpg

kyotoH29-2.jpg
5月3日、4日と京都大会に参加してきました。
両日朝稽古に参加できたのですが、それはまた次回に。

本番の大会の立ち合い、
錬士は時間がわずかに1分15秒程度で、
この時間内に一本を奪うのは至難の業に感じました。

が、今回京都大会に参加したのは審査を見据えてだと
もう一度自分に言い聞かせ、
先に攻める・打ち切る、面を打つことを意識して臨みました。

結果としては、終了直前に小手相打ち面で一本を奪うことができました。
そして、その前に一本とはならなかったものの、
捨てきった面を打つことができたことが良かったと感じました。

ただ、試合まで待つ時間も長く、
立ち上がりの第一声が鋭い発声ができずに
抜けたような声になってしまったことは反省点です。
最初の発声は、攻めの上でも審査の印象という点でも
非常に大切だと思っています。


立ち合い後にお相手の先生とお話しできましたが、
相面となった面をお互いに捨てて打つことができて良かったと
お互いに同じ気持ちだったようでした。

偶然にも私と同郷で、六段の昇段も同じ審査の日だったそうで、
秋の七段審査に向けてお互いに稽古に励みましょうとお話できました。
このご縁でいつか地元で一緒に稽古ができたらと思っています。

GWはこの他にも高校のOB会・恩師の退職お祝い会を開催しましたので、
また書きたいと思います。

Posted at 23:03 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |