2017.07.30

錬成大会も終わり…

錬成大会から1週間経った週末の稽古。

所属道場の子供達は残念ながら1回戦敗退でしたが、
土曜の稽古では素振りを見ただけで
力をつけたな~、と感じました。

振りかぶり、振りおろし、身体の安定など
全体的な動きがひと段階上手になっていました。


連盟の育成選手達も、次の大会へ向けての試合をさせたところ、
堂々とした試合で、勝負どころでしっかりと技を決めていました。

大会の当日や、大会へ向けての稽古をやりきったことで
それぞれが自信をつけられたことが大きいのかなと思います。

ひと回り大きくなった子供達が見られて
指導を担当したものとして、とても嬉しいです。

またこれからも大会が続きますが、
稽古を続けてさらに成長して欲しいと思います。


錬成大会が終わって所属の道場は稽古が夏休みになります。
ようやく仕事もひと段落して、平日の稽古にも行けそうなので
タイミングが悪くて残念です(^-^;)

IMG_0051.jpg

IMG_0053.jpg
日曜日は久しぶりに稽古も全くなく、
道場用、出稽古用の道着と袴をお洗濯。

お風呂につけ置きにすると、いままでの汗で水がまっ茶色に…
よくがんばりました笑

Posted at 23:42 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.24

錬成大会の奮闘

IMG_0021.jpg
7月23日とうとう錬成大会当日を迎えました。

錬成大会は2日間開催されるのですが、
私の所属団体は前日22日に出場し、
監督・元立ちを務めた剣道連盟チームの出場は23日でした。

というわけで2日間続けて早起きして
日本武道館へ向かう週末でした。


そして結果は…剣道連盟Aチームがコート決勝まで勝ち上がり、
敢闘賞をいただくことができました!

1・2回戦の基本判定試合は、両試合とも
5-0ですべて勝つことができ、
この大会へ向けての稽古の成果を発揮することができました。

その後の試合も代表戦までもつれるものもありましたが、
ひとつずつコマを進め、なんとかコート決勝までたどりつきました。
最後は経験豊富なチームに及びませんでしたが、
賞というひとつの形をいただくことができました。

子供たちも保護者の方も大喜びだったのが印象的でした(^-^)
稽古の成果が形になってなによりでした。

私としても閉会式の時間に広い日本武道館に立っているのは
始めての体験で、想い出に残る大会になりました。

指導といいながら、子供たちからいつも勉強させてもらえることに感謝します。
また次の機会に向けて努力します。

IMG_0029.jpg

Posted at 23:56 | 監督 | COM(2) | TB(0) |
2017.07.13

都道府県対抗少年大会 選手選考会

7月8日に東京武道館にて都道府県対抗少年の部の
東京都代表選手選考会がありました。

3月の東京都少年剣道大会での2次リーグ以上進出チームのメンバーによる
個人戦での代表選手決定試合です。
小学生は男女混合で代表5名、中学生は男子3名、女子2名を選出します。


3月の大会でA・B両チームが1次リーグを抜けたため、
今回の試合には12名が参加することとなりました。
が、結果は残念ながら代表選手獲得はなりませんでした。

おおむね前評判通りの選手が手堅く勝ち上がったようです。
我が区の選手達も検討しましたが、一歩及びませんでした。

全体的な印象としては、技の力量はそう大きな違いはないものの、
実力が拮抗した試合での一本を辛抱強く奪う力、方法、経験
そういったものが足りないように感じました。

どの選手も区内の大会では、自分の実力が上の試合が多いため
間合いを詰めれば相手の手元が上がりますし、
攻め合いから相手が打ってくるところを返し技を決めることもできます。

ただ、実力が近い相手同士では
攻め入っても相手の構えは崩れませんし、
自分が勝負したいところで相手が打ってきてくれません。

こういう状態になると、「相手が動く瞬間を打とう」と
知らず知らず相手の機会で
"合わせて"技を出してしまうことが多くなってしまいます。

そこを合わせず、"我慢して"辛抱強く自分の勝負できる機会を作る、
作れるチャンスを待つ、機会を作るための技を出していく、
そういう試合運びができるようにならなければと感じました。

私も大人の大会に出場して同じ壁に当たったため、
子供たちは早くもその壁に当たっているのを感じました。
そこを超えることができれば、新しい勝負のステージに進めるはず、
そのための指導をしていきたいと思います。

Posted at 23:28 | 監督 | COM(2) | TB(0) |
2017.07.10

スポーツ教室終了しました

IMG_9892.jpg
かわいいチビッ子たち
この日曜日で剣道スポーツ教室の全6回の稽古が終了しました。

わずか6回という短期間で防具をつけて地稽古までを
体験してもらうという、超特急での指導になりましたが
小学1年生から一般の方まで皆さんやりきってくれました。

最後はお互いの稽古、指導者との稽古で終了しました。
私はめずらしい経験になるかと思い、
相手は初心者ながらも二刀で相手をしました。(^-^)

最後に面を外した表情が皆さん充実した様子でなによりでした。
これを機にぜひ剣道を本格的に初めて欲しいですし、
剣道の経験を勉強や生活に活かして欲しいと思います。

Posted at 23:27 | 剣道の指導 | COM(2) | TB(0) |
2017.07.08

錬成大会への稽古

7月末の日本武道館での錬成大会に向けて稽古を重ねています。
区剣道連盟として4年生~6年生で2チーム組んでの出場です。

今年はみんな力はあるものの、
出小手、返し胴、小手相打ち面など細かな技術が苦手な子が多いため
技術的な稽古を多めに稽古を行っています。

基本錬成の打ちこみも勝ち数を取りたいですし、
一本勝負でもきちんと勝負ができる剣道を身に着けてもらいたいと思っています。

個々人が技を身に着けたうえで、その技どう使うか、
逆にその技を使う相手にどう対処するか、
そこまでできないと試合を組み立てることも
もちろん勝ちあがることも難しいと思っています。

ここ数回一本勝負など試合を多くさせていますが、
出小手や小手相打ち面などの技が決まることが増えてきたので
しっかりと成長してくれているようです。


試合の運び方や考え方は、私の考える剣道を
メニューに入れて教えていこうと思っています。
いままでは試合の展開の仕方は個々人の考え方があるし、
押しつけるものではないと考えていたのですが、
ひとつの方法として私のやり方を伝えることをやってみようと思っています。

それを噛み砕いて自分なりのやり方にしてもらえればいいと思いますし、
試合で考えることを伝えていくことの方が大切だと考えるようになりました。

先生方はじめ先輩の中学生も手伝ってくれたりと、
様々な協力をいただいているので、
得るものの多い稽古・大会にしたいと思います。

Posted at 23:36 | 剣道の指導 | COM(2) | TB(0) |
2017.07.05

空手をはじめるきっかけ

先日の空手の稽古で、新しく入会された方のあいさつがありました。

「○○と申します、今年で50歳になります。
8歳の息子を鍛えるために入会させたのですが、
息子にだけに辛い思いをさせるわけにはいかず、
自分も入会することにしました。」

パパ魂にちょっと感動しました。
ただ、そんなに辛い場所ではないと思うのですが…(^-^;)


会社に別の団体で空手をしている先輩がいるので話してみたところ、
「息子にボコボコにされないためじゃない?」
とのことでした。

受け止め方は人それぞれですね(^-^)

Posted at 23:31 | 空手 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.03

スポーツ教室のその後

以前書いたスポーツ教室も、5回の稽古が終わりました。
次でいよいよ最終回の6回目になります。

最初はどうなることかと思いましたが、
前回の稽古では垂れ・胴・面までつけて基本打ちまでやりました。
多少細かい点は目をつぶって笑

素振りでは一歩間合いを詰めてから踏み込んで打つこともはできるのですが、
面を付けた相手に打つとなるとどうしても走ってしまいます。
おそらく相手との間合いがつかめないので、
なんとか当てようと思って走ってしまうのかなと思います。

最終回はそこをもうちょっとできるようにしたいところです。


今回の指導では剣道の技術だけではなくて、
・一回の稽古をやりきる集中力をつける
・礼法や稽古に取り組む姿勢をみにつける
ことなどを大事にしたいと思ってきました。

しっかり伝えきれているかはわかりませんが、
前回の稽古ではみんなに防具や竹刀を配っている間に
他の子はちゃんと整列して待っていてくれました。

また、道場の出入りの際に一礼することも
みんなきちんとやってくれていますので、
そういったところを嬉しく感じました。


剣道への興味や集中力を続けさせようと
女性の指導員の方が
・竹刀にてぬぐいをかけて、素振りの要領でてぬぐいとばし
・新聞紙切り
などいろいろやってくれ、とても好評でした。

私も日本刀を用意し木刀、竹刀の関係性と違いを話したり、
剣道の5つの構えに加えて二刀もちょっと話してみました。

残りあと1回です。
子供たちが学ぶものがある稽古にできればと思います。

Posted at 23:28 | 剣道の指導 | COM(0) | TB(0) |