2017.08.25

ウェイトトレーニングの回数

weight80.jpg
80キロスクワットのセット


ウェイトトレーニングでは
"どれだけの重さを何回トレーニングするのか"が
筋力アップという目的のために大事だそうです。

"10回挙げられるが、11回は挙げられない"限界の重さで
10回を1セットとして3,4セット行うのが
良いというのが一般的な理論のようです。

さらに、低い重さから挙げ始め、限界の重さを挙げた後、
また低い重さに戻して挙げていく方法(ピラミッド)が
挙げる総重量をかせぐことができるため良いとも聞きました。

そこでこれまでは、1セット10回で低い重さから
ピラミッド型でトレーニングを続けていました。


そんな折、先日区の体育館にトレーニングに行ったところ、
スタッフの方から
「8発狙いを4セットぐらいするのがいいですよ」
と教えていただきました。


どうやら1回挙げることを、ウェイト業界?では"1発"というそうです笑
「8回ですか?」と聞き直しても「8発ですね」と返ってきます。

まぁ言い方はともかく、筋力をアップさせるには
"8発"Maxを4セット程度がいいそうで、
結果的に"6発"しか挙げられなくても問題ないそうです。

というわけでそれ以降は"8発"Maxを4,5セット繰り返しています。

このセットのいいところは、
・トレーニング時間の短縮
・10回はきついが、8回は意外とがんばれる(主観)
ところですね。


区の体育館だとひとつの機材は20分の制限がありますし、
トレーニングの時間が短いのは効率的でいいですね。

この方法でも挑戦する重さは徐々に増やせているので
効果は出ていると感じています。

重さと回数、インターバルの時間など
目的に応じたトレーニング理論がいろいろあるようです。
勉強しながら続けていきます。

2017.08.23

先週末の稽古

◆土曜日
午前:ウェイトトレーニング
夕方:道場の稽古
夜:合同稽古

◆日曜日
午前:有志稽古会
夕方:東京都稽古会

平日はなかなか稽古に行けないものの、
週末はまとめて稽古ができました。

日曜日の最後の稽古は八段の先生にお願いできたのもあり
もう疲労困憊でした(^-^;)

八段の先生の引出し方や、初動からの打突までの動作は見事ですね。
並んでいる間にイメージしていても、
実際に対峙するとスルスルと引き出され、乗られてしまいます。
こんな境地まで剣道を突き詰めたいものです。

今回は東京武道館まではバイクで行ってみました。
原付なのでスピードは出ませんが、
交通量や信号も多いので所用時間は車とあまり変わらないようです。

東京都の稽古会は平日に行われることも多いのですが、
なるべく機会を見つけて参加したいと思います。

来週末は道場での強化稽古(土曜・日曜に2回ずつ稽古)、
青少年育成の稽古と計5回あります。
がんばって乗り切ります!

Posted at 23:56 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.19

七段審査申込み

IMG_0239.jpg
11月の六段七段の審査申込み要項が届きました。
とうとう本番の審査手続きを行います。

今年度も七段審査は東京武道館ということで、
先日ちょうど審査の講習会をうけた会場になります。

おそらく第1コートだと考えると、
まさに模擬審査を行った場所になりますね。
実際の場所で一度審査を行えたことは心強く感じます。

ますます気を引き締めて稽古に臨みたいと思います。

Posted at 14:28 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.15

昇段審査講習会

昇段講習会
8月13日は東京都の昇段審査講習会を受講してきました。

七段受講者はあまり多くなく30名ほどで、
私が最年少だったようです。

1時間程度剣道形の稽古と、
もう1時間は本番同様に相手を組んで
模擬審査の稽古がありました。


模擬審査では攻めをじっくりとためたうえで
先をかけて技をしかけることを意識しました。

お一人目は初太刀相面を決めることができ、
その後出小手、返し胴を打つことができましたが、
先の動作で"相手を使う"ことができなかったと感じました。

お二人目は面の相打ちが何度かあり、
返し胴は打つことができましたが
攻め合いから自分の形でしかけることができませんでした。

どちらも攻めて間合いを詰めたところから、
そこからどのように引き出すか、
どのように打突するのかの工夫ができていませんでした。

指導の先生からの講評では、
「間合いを詰めるのが早い」ということでした。
しっかり自分の気勢、姿勢を作ってから詰める必要があり、
それができていなかったために
間合いを詰めてからもたついてしまったのでしょう。

短い講習会でしたがとても勉強になりました。
本番で力を発揮できるよう稽古に励みます。

Posted at 23:15 | 講習会 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.11

ひさしぶりの講習会

今日は剣道ブロック講習会に参加してきました。

今回は私の区が開催当番団体だったこともあり、
錬士称号を取得した時以来の久しぶりに参加になりました。


IMG_0138.jpg
荷物がもりだくさんでした。
防具、竹刀袋(木刀入り)、講師の先生用の木刀、
あと講習会終了後のウェイトトレーニング用アイテム笑


講習会は私は会場係員だったため、
形の稽古などはできませんでしたが
講師の先生のお話は聞くことができました。

お互いの稽古の時間は、組み合わせが端数だったため
私も相手として参加することができました。
係員で一日が終わると思っていたのでラッキー(^-^)


2分間を10回程度の周り稽古でしたが、
審査を考えて立ち上がりから初太刀を意識しました。

初太刀から面を決められた機会もありましたが、
良くなかったパターンが決まっていました。

攻めても相手の方が動じられず
攻めきれないまま打って出たところを返される。
初太刀が悪いと、次の技の流れも悪くなってしまいました。

攻めをしっかりとタメたうえで、
相手の打突の意思を感じとることで
待ちかまえる相手を見抜かないといけません。

打って出る際もただ勢いで打つのではなく、
相手の打突する気持ちが高まるのを待ち、
その打つ気持ちの先をとらえる必要があると感じました。

初見のお相手と稽古の数を重ねられたのはいい機会でした。
また次回の稽古の課題にしたいと思います。

Posted at 23:43 | 講習会 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.09

ウェイトアイテム追加!

IMG_0153.jpg
デッドリフト用にリストストラップを購入しました。

素手でバーベルを持ち上げると、手の皮がめくれてしまうので
買った方がいいかなと思っていたのですが、
本当の目的はデッドリフトで背中をきちんと鍛えるためだそうです。

持ち上げる重量が重くなると、背中の筋肉よりも先に握力が
疲れてしまってトレーニングが続けられなくなるため、
これを使えば腕よりも背中に負荷をかけて鍛えられるようです。

まさか自分がこんなアイテムを買うことになるとは…
半年前には想像していなかったです(^-^;)


ウェイトの効果を確実に感じられているので
いまモチベーションが上がっているところです。
試合だけでなく審査に向けてもいい効果がありそうです。

もちろん稽古をしっかりと積むことが何より大切ですね。
そのための身体作りをやっていきます。

2017.08.07

夏休みの課題

剣道の稽古が夏休みになってしまった分、
この期間はウェイトトレーニングをしっかりやってみようと思っています。

以前に書いたように、ウェイトの王道と呼ばれる3種目を行っています。
4月頃から本格的にトレーニングを始めたのですが、
扱う重さも少しずつ増えてきました。

他には、足のもも裏であるハムストリングを鍛えるレッグカールを。
これは打突の出足の鋭さを養うためのものです。


■4月頃
・ベンチプレス
40kg×10、50kg×30

・スクワット
40kg×10、50kg×30

・デッドリフト
40kg×10、50kg×30


■8月
・ベンチプレス
50kg×20、60kg×30、70kg×5

・スクワット
60kg×20、70kg×30、80kg×10

・デッドリフト
60kg×20、70kg×30、80kg×10

・レッグカール
35kg×30


個人的にベンチプレスが苦手で、なかなか数値が伸びないです。
剣道にはあまり腕力は必要ないとも思っていますが、
基礎の体力として少しずつ伸ばしたいと思っています。
二刀をする上でも役に立ちそうですね。

スクワットとデッドリフトは80kgまで挙げられるようになりましたが、
おそらく元々足腰は剣道や空手で鍛えたものがあり
トレーニングに慣れてきたことで数値が上がったのかなと思います。

トレーニングの結果、体格も目に見えて大きくなってきました。
上半身が大きいと見た目に直結しますが、
剣道としては下半身のトレーニングにとても効果を感じています。

週末の区の合同稽古では下半身が安定していて
非常に攻めやすく感じましたし、
相手の攻めをギリギリまで我慢しやすくもなりました。

打突した勢いでの体当たりも、相手をはじき飛ばしてしまう程で
ここは力加減を気を付けないと…と思いました。

あとは、単純に力がついたのに対して、明らかに稽古が不足していますね。
特に打突の出足の鋭さ、細かな技など繰り返し基本稽古をしたいです。