2017.11.28

七段審査合格しました

IMG_0610.jpg
27日に東京武道館で行われた審査会にて、
剣道七段に昇段することができました。

ご指導いただく先生方、
稽古をご一緒いただく皆様のお陰と感謝しております。

万全を期して臨んだ審査会、
お相手の力量が高く考えていた内容の何割も実現できませんでしたが、
幸いにも合格者に番号を見つけることができました。

段位にふさわしい剣道と人格を磨けるよう今後とも精進して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

Posted at 23:34 | 昇段審査 | COM(2) | TB(0) |
2017.11.23

区選手権大会

無題
11/19は所属区の剣道祭、剣道選手権大会があり、
選手権大会にて4度目の優勝を果たすことができました。


稽古では今月末の七段審査を目標としてきましたので、
あまり大会のことは意識していなかったのですが
出場する以上は負けるつもりはありません。

普段東京都の大会に多く出場していますが、
地元の大会となると逆に勝たなくてはいけないという
緊張感やプレッシャーを強く感じ
自分の心の弱さを再認識しました。。。

相手もよく顔見知りの強い選手ばかりなので、
ここで守りに入って、慎重すぎる試合をしてしまうと
勝ちあがることはできないと考えていたため、
『捨てる』ことを意識しました。

試合の要所要所で『捨てる』技が出せれば、
自然と攻めも効き、他の技も決まってくるとの考えです。
特に初太刀から積極的にしかけ、
チャンスがあれば『捨てる』ことを意識しました。

結果的に『捨てきれた』技は多くはありませんでしたが、
攻めの気迫で負けない、自分の試合を展開する
ことにはつながったと思います。


今回は決まり手としては、小手面打ちが多かったです。
審査の稽古として、攻め入って小手に誘い、
そこを小手面に乗ることを考えていましたが
この攻めが自然と出せたのかもしれません。

また、身体づくりを続けてきたことで
背の高い選手に当たり負け・押し負けることがなく
自分が会場の中央側で相手を追い詰める展開を作ることができました。


次はいよいよ七段審査…!
と言いたいのですが、前日は所属の会の大会があります。
心と身体を整えて、力を出し切りたいと思います。

Posted at 23:11 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2017.11.16

11月東京都合同稽古会

区の大会の後、帰宅してから東京都の合同稽古会へ。

お互いの稽古時間の開始には間に合わなかったのですが、
この日はその稽古は中止で、
高段者稽古会という八段の先生同士の稽古会が行われていました。

バタバタと着替えて準備しながらだったため、
あまり稽古内容を拝見できませんでしたが、
めったに見られるものではないそうです。
次の機会にはしっかり勉強したいと思います。


さて、合同稽古では3人の先生に稽古をお願いできました。
なるべく1番にかかるようにしていますが、
それでも1時間で3人にお願いするのがギリギリですね。。。

稽古では一度だけ先生の出ばなに相面を打つことができました。
その他は打っては返され、攻めをためては打たれる内容でしたが、
その一度だけは自然に身体が動いていました。

この稽古会に何度か参加していて、八段の先生にかかる緊張が少し解けてきたのと、
必死で攻めて打つ中で自然と先生に引き出していただいた気がします。

狙って打とうと必死になっても打てませんが、
自然に身体が動いて打つことができたのが不思議です。
この一本はこれからの稽古の指針として大事にしたいと思います。


稽古後には
・まっすぐな剣道で良い、これからも続けること
・遠慮せずに面だけでなく色々な技を出すこと
をアドバイスいただきました。

審査まで後少し、相変わらず平日は出張ですが、
この自然体の一本が出せるよう取り組みたいと思います。

Posted at 23:50 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2017.11.14

基本技稽古法試合の審判

先日11/12は所属する区のスポーツ少年団大会があり
審判を務めました。

この大会は通常の防具をつけての試合とは別に、
小学生は基本技稽古法、中学生は日本剣道形の
演武での試合があるのが特徴になっています。

私は小学生の基本技稽古法の審判に割り振られ、
3月の東京都少年剣道大会では元立ちとして出場する側ですが
今回は評価する側という立場になりました。


審判は3人での判定試合ですが、
自分なりには見落としなく判定ができたかなと思います。

小学生の場合は
①演武に間違いがないか
②発声(気迫)
③打突の間合いが適切か
④振りかぶりが45度になっているか
⑤中央で演武・横手交差できているか
こういったところが勝敗の分かれ目だと感じました。

①はみんなよくできていましたし
②の発声も気迫が感じられる試合が多かったです。

③は面・小手は間合いを意識して稽古できているようでしたが、
基本5・基本8の胴が間合いが近すぎる組が見られました。

⑤がなかなか小学生同士の演武では難しいようで、
縦や横に大きくずれてしまい、勝敗につながることが多く感じました。

旗が割れてしまうのは減点ポイントをどの程度重く見るか、
総合的な評価でどこを重視するかという違いかと思います。


私の道場の小学生組は精一杯の演武をしましたが、
残念ながら2回戦敗退でした。
力は出し切れていましたので、来年に期待したいです。

大会後、夜は東京都の合同稽古会に参加してきました。

Posted at 23:47 | 審判 | COM(0) | TB(0) |
2017.11.07

全日本剣道選手権大会2017

IMG_0503.jpg
11/3は盛り上がりましたね!
西村選手優勝おめでとうございます!!!


今年も日本武道館に全日本選手権を観戦に行ってきました。

今年は二階席から見ようと思っていたため、
早めに行って場所を確保しようと思っていたら…
開場よりも早い時間に着いてしまい、入場を待つことに…笑
でも二階席最前列のいい場所から観戦できました。

IMG_0492.jpg
試合開始前の会場。


大会序盤を振り返ると、安藤選手、正代選手、越川選手が初戦で敗退し、
勝見選手、國友選手、大城戸選手は二回戦で敗れるなど
有力選手が早くに姿を消す結果になりました。

私は観戦していて、どの選手も「リスクを負えていない」ので
苦戦するのではないかと感じていました。

個人戦は時間をかけてもリスクを少なくし、
確実に勝つことが勝ち上がるコツと思いますが、
リスクを恐れすぎてしまうと、攻めが効かない、自分の剣道ができない、
相手に合わせる形になってしまう状況に陥ってしまいます。

そのため、ある程度はリスクを負って、
自分からの打突を出す、捨てきった技を出す場面も必要と思っています。

序盤で敗退された選手は勝ち上がる気持ちが強かったためか、
リスクを背負えず、後手に回る試合展開が多かったと思います。

逆に初戦から次々に技をしかけ、捨てる場面も作り、
なおかつ相手の攻め入りに対しては、大きく間合いをとって下がり、
自分の剣道の形で攻め入ることを徹底していたのが西村選手でした。

もちろん剣道会最高峰の世界ですから、
私が感じている以上のかけひきや攻防があるのだと思いますが、
観戦していて自分の剣道に徹することが重要なことを改めて感じました。


内村選手の準優勝も見事でした!

東京都予選から見事な小手を連取していましたが、
全日本でも次々と小手を決めていました。

動き回る剣道ではなく、ひとつひとつの動きから無駄を省き、
磨かれた最小限の動きで技を出し、決めているように感じました。


若手、ベテラン、中堅どの選手層も活躍され
観客としても楽しめる大会でした。

これから11月の大会出場、審査本番を迎えますので、
観戦でもらった"気"を切らずにやりきりたいと思います!


IMG_0500.jpg
そして、来年こそはここで必ず演武します!

Posted at 23:40 | 試合観戦 | COM(0) | TB(0) |
2017.11.02

じむわーく


いま現在週の半分は愛知県へ出張へ行っています。

2年前は週5日間出張だったのですが、
今回はなんとか半分の出張で仕事を進められるよう調整しています。

当たり前ですが出張に行くと家でやりたいことや
もちろん稽古も全くできなくなってしまって困ったものです。


でも最近ちょうどいい時間の使い方を発見しました!
駅前にスポーツジムがあって法人割引が利用できるのです。

ウェイト用のパワーラックはひとつだけあって、
使っている人が少ないので、毎回利用できています。
一般の方はスタジオとランニングマシーンが中心のようです。


何度か通って編み出したジムワークはこんな感じです。

①ストレッチ
②スクワット→デッドリフト→ベンチプレス
③ランニングマシーン
④お風呂、サウナ
⑤マッサージチェア

これで2時間ほど、施設を満喫しています笑

ジムとホテルも歩いていける距離なので、
お風呂も入って帰ったらそのまま寝られるます。
なかなかいいコースです。

でもやっぱり早めに出張を終えて、
自宅に帰りたいものです。
もっと稽古をしたい!