2017.12.21

今後取り組みたいこと

審査後はまだ出張などもあって
充分に稽古が詰めていないのですが、
これからも基本稽古を大事にして
常に基礎からの力をつけていきたいと思っています。


先日村瀬選手のインタビュー記事を拝読して、
この面打ちを意識して稽古してみたいです。

村瀬選手は前回世界選手権の代表選手として有名ですが、
試合内容もまっすぐな剣道で、特に拍子のない面打ちを得意としていて
私がお手本と考えている選手です。

記事の中で面打ちの意識するポイントを解説してくれています。

・面打ちは「重心移動」と「竹刀に触る」ことを徹底
・腰の高さを変えずに40cm移動する
 歩く延長で大股で前に出るイメージ
・相手の目を見ながら打つ
・相手がのけぞった状態になる

これは"速い面"ではなく、
予備動作がなく相手から"かわしにくい面"になり、
無駄な動作を究極的に省いたものだと思います。

この面打ちは私の段位として求められる剣道に一致していますし、
年齢的にもこのような洗練された動作を
これから追い求めていければと思います。

基本稽古が一番好きな私ですが、
これはなかなかワクワクする課題です。
そして難しそうです…!

さっそく稽古で試してみたいところですが、
もうすぐ年末年始のお休みになってしまうんですよね。。。
本格的には年明けからでしょうか。

Posted at 23:23 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |