2018.03.18

東京都少年剣道大会

昨日3/17(土)は東京都少年剣道大会に参加、
私は区の小中学生のAチーム監督・元立ちとして出場しました。

これまで三位2回、去年は準優勝だったため、
今年こそはと優勝を目指しましたが…
結果は1次リーグ敗退というものでした。


1回戦は対戦相手の試合を先に見ている状態で、
基本技・一本勝負ともに非常に力のあるチームだとわかっていました。

私も一回戦から正念場であることを選手に伝えて、
基本技をしっかり集中してリードした状況で
一本勝負に臨めるように話していました。

基本技は先鋒が小さなミスがあって落としたことと、
中学生が星をとれず、4-3でひとつリードした状態で一本勝負を迎えました。
一本勝負はすぐに逆転され、追う展開となったのですが、
大将が1本を取り返してなんとか引き分けに持ち込むことができました。


続く2回戦は、引き分けた相手のチームが13勝していたため、
こちらが13勝なら代表戦、14勝なら勝ちという非常に厳しい試合になりました。

子供達は奮戦しましたが、12勝しか奪えず…
無念の敗退となりました。


基本技でしっかり勝ちきれなかったことと、
一本勝負での勝負強さ・試合運びがもう一歩でした。
決して悪い内容でなかっただけに、改めてこの大会のむずかしさを感じました。


終わってからいろいろと考えてみると、
この大会の基本技の判定にも流行りがあることを感じます。

昨年優勝したチームが技の鋭さ、
特に連続左右面の鋭さが印象的なチームだったため、
出場チーム全体がその鋭さを目指しているように感じました。

結果的に、ひとつひとつの技の精度、刃筋や体さばきよりも
連続左右面の技の鋭さが評価された傾向にあったと思います。

数年前までは木刀の振りかぶりが45度であることを
非常に評価されていた、逆に言うとそれより振りかぶると減点されていた印象のため
評価される(されやすい)ポイントが変わってきているように感じています。

もちろん審判員の先生も、昨年の優勝チームの印象があるわけですから
自然とそうなってしまうのだと思いますが、
指導する側としては柔軟に対応していかなければと思います。


今年は非常に残念な結果でしたが、来年の指導につなげます。
一本勝負も短期間での指導は難しいですが、もうひと伸びしないと
自信を持って勝負に臨める段階までは来ていなかったかなと思います。

子供達は稽古、試合ともに頑張りましたので、
指導者としてしっかり結果につなげられるように努力します。

Posted at 15:36 | 監督 | COM(1) | TB(0) |