2018.04.27

防具袋を買えました!

IMG_1628.jpg

IMG_1629.jpg
先日ブログに書いた防具袋を購入できました!

同じタイプの防具袋を探していて、
ネットで検索しても、もう売っていないようでしたが
仕事現場近くの武道具店に立ち寄ってみたところ
なんと新品が置いてありました!

最近はやはり軽めのナイロンのバックが主流で
「この合皮の袋が欲しい方もまだいるんですね~」
と驚かれてしまいました(^-^;)


肩掛けベルトの接合部分はプラスチックになっているので
少し劣化や破損が心配ですが…
それを伝えたところ、余っていたベルトもいただけました。

もっと高いものを買うしかないかなと思っていたので、
思わぬ掘り出し物に出会えて感激です。

大事に使いたいと思います。

Posted at 23:00 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.24

二刀の打突改善?

来月には二刀で試合にも出場しますので、
二刀の稽古も、少しずつですが行うようにしています。

随分前ですが、二刀の著名な先生に
片手打突の仕組みと稽古方法を教えていただいた機会があり、
当日のビデオを引っ張り出してきて内容を復習し、
日々素振りを繰り返しています。


二刀1

二刀2
先日二刀で稽古したところ、面打ちの際に大刀での打突が
非常にスムーズでシャープになり、
いままでにない機会で打突することができました。
単純に打突自体も速くなっている印象です。

効果がわかり、さらに繰り返し素振りを重ねたいと思います。
これから大会に向けて、二刀仲間での稽古会も計画中です。

Posted at 23:37 | 二刀 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.22

もう限界?な防具袋

少し前の話になってしまいますが、東京剣道祭に出場した時、
負けて肩を落として、さぁ帰ろうと防具袋をかつぐと…

IMG_1303.jpg
防具袋の肩紐の金具が壊れてしまいました。
なんだかダブルでショックです…笑


金具が外れたのではなくて、
金属部分自体が劣化して壊れてしまいました。
金属がこんな風にちぎれるなんてなかなかありません。

この防具袋はいつから使っているか覚えていませんが、
(高校生ぐらいからかな?)
外側の小物入れのカバーの手で持つ部分の皮はすでに取れ、
小物入れ自体も縫い合わせが取れかけています。

そういえば肩掛けのベルトは一度壊れてしまったため、
別の防具袋のものを付替えていたのですが、
それも壊れてしまったことになります。


防具袋は他にもひとつあり、
過去にはいろいろ試したこともあったのですが
結局昔からよくあるクラシックスタイル?の
この防具袋が気に入っています。

ローラーが付いていると重くて手で運びにくかったり、
バッグとして大きすぎたり小さすぎたりすることもあって、
結局このクラシックに戻ってきた経緯があります。

とはいえさすがにそろそろ限界が近そうです。
もうこのタイプの防具袋は扱っていないお店が多く、
似たタイプでも高かったりするため、
新しい別のものを探さないとなぁ。


IMG_1597.jpg
ひとまず金具は使えないので、紐をしばって対応。
まだしばらくは持ちそうです。

Posted at 23:32 | 剣道具 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.20

こうぜんのき

先日の合同稽古会にて、いつも稽古をお願いする先生に
「面を打っても小手を打ってもすべて返されてしまうのですが、
 どのように攻めるべきなのでしょうか」と
稽古後に思い切って質問してみました。


すると
「腹を作って攻めること。
いわゆる『浩然の気』で攻めることが大事です。
そのためには呼吸法を意識すること。」
と教えていただきました。


恥ずかしながら『浩然の気』という言葉はあまり耳にしたことがなく、
調べてみることにしました。

辞書で検索すると、
天地に充満する,生命や活力のみなもととなる気。
転じて,俗事にとらわれない,広く大きな気分。 「 -を養う」

ということだそうです。

なるほど、相手を包み込むように大きな気力で攻めるということのようです。

これは大きな稽古のテーマをいただきました。
何年かかるかわかりませんが、このような気持ち・気力、
心身が充実した状態を目指したいと思います。

Posted at 23:28 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.18

東京都合同稽古会

国体予選当日は一度帰宅してから、
夕方にもう一度東京武道館へ。

この日行われた合同稽古会に参加するためです。


東京都稽古会
前半の自由稽古の時間では、
剣友の方に事前に参加する連絡をしていて
会場で稽古をすることができました。
二刀も何度か稽古できたのがいい経験でした。
(いい位置でビデオが撮れました!笑)

後半の八段元立ちの稽古では、
4人の先生方に稽古をお願いできました。
とはいえ、時間の都合で2回はほぼ打ちこみだったため
実質的には2人の先生と稽古できたことになります。

稽古の内容的には、これまでは八段の先生方には
"攻めた(と思った)ら捨て身で打つ"ということの繰り返しでした。
とても"攻め合い"という内容には程遠く、
面を打っても小手を打っても返されてしまいました。

今回はあまり意図したわけではありませんが、
少しだけ先生方と"攻め合い"の形を作ることができたように思います。
蹲踞から立ち上がった際の左足・左手の充実を意識しましたが、
それが構えの充実につながったのかもしれません。

打突は相変わらず返されたり、起こりを抑えられる場面ばかりでしたが、
見取り稽古では先生方の"しかけ"が感じ取ることができました。
竹刀操作や足使いの玄妙な使いで"先"にしかけているように感じます。

なぜそこで掛かり手が出てしまうのかと考えましたが、
ひとつは掛かり手側から攻めて、間合いを詰めようともビクともしないため
掛かり手側は打つ機会が見いだせず、先生の作る機会に反応してしまうように思います。
これは私自身が下位の段の方に対して行うこと同じ構図です。

まだまだ考えがまとまったわけではありませんが、
次に取り組むべき稽古の内容が少し見えてきました。

必死の攻めで打ち切り、気持ち良く打たれ、
国体予選でのモヤモヤした気持ちを吹き飛ばすことができました。

Posted at 23:17 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.16

国体予選

国体予選
4/15は国体予選会に出場しました。
結果は法務の選手に一回戦敗退…。

相手の方はもちろん強かったのですが、
もう少し頑張れたと思います。


今回は段位の剣道を追及しつつ、棒立ちにならないよう
足も使って攻めることを試合前に考えました。

が、全体的に自分からの積極的な打突を出せませんでした。
攻め合いから間合いを詰めても打てない展開が何度かあり、
相手の攻め・打突を受ける場面が多くなってしまいました。

中段からの小手打ちがやや斜めから打ってこられる選手で、
こちらが中断に構えている状態でも小手を打たれてしまったため
間合いを詰めにくく攻めにくい印象でした。

あとは攻めて間合いを詰めた状態で、
腹を括って技を出し、打ち切らなければいけません。
技が出ないのは打って返されるのが怖いためで、
その気持ちを越えて打たないと試合を流れを作れないと感じました。


ここのところ自分でも納得のいく試合がなかなかできません。
年齢的に同年代の出場選手は減ってきたり、
昇段したことで強い選手と対戦する機会が増えていますので、
単に地力が不足しているのだと思います。

試合展開は次に活かし、地力はいま以上にしっかり考えて稽古に取り組む、
またはもっと稽古の機会を増やさなければ。

Posted at 23:12 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.13

高段者名簿!

IMG_1596.jpg
ドドンと。
七段以上の高段者名簿というものが届きました。

そういえば昇段直後に、全剣連から名簿を作成するので、
名前を載せるか、購入するかの問い合わせがあって
購入の手続きをした気がします。

いざ届いてみるとすごい分厚さです。
果たして使う機会はあるでしょうか笑
年賀状を書く時に見るのかな?

Posted at 01:04 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.10

春の大会予定

4/15 国体予選
5/3  京都大会
5/13 都民大会
5/27 東京都スポーツフェスティバル

と意外とたくさん大会があります。
勝負にこだわりつつも、段位にふさわしい剣道を追及したいと思います。

スポーツフェスティバルは二刀仲間で参加する予定です。
こちらもしっかり稽古して臨みたいと思います。

Posted at 23:27 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.08

日々の稽古

ようやく平日の稽古にも徐々に復帰できてきており、
身体はそれなりに動いているのですが
体力面や筋力がやや落ちてしまっているようです。
まずはあわてず身体作りからやり直しですね。


最近の稽古では、構えを崩さないことを意識しています。
・相手の攻めに構えを崩さずに我慢すること、攻め返すこと
・自分からの攻めで構えをギリギリまで崩さないこと

特に相手からの攻めに対して、
かなり我慢してこらえることができるようになってきました。

これは竹刀の構える位置取りが
自然に中心を取れるようになってきたこととも関係していると思います。
中心を自然に取れるために、攻められても動じる場面が減ってきました。

とはいえ、やはり動きの速い方やより高いレベルではまだまだ我慢が効きません。
ここは打たれても構わないので構えを崩さない気持ちで臨みます。


打突の場面では、出頭の面が決まる機会が増えました。
打突そのものよりも、その前の姿勢・攻めが良くなったのかもしれません。

比較的近い間合いでも余裕があるために、
どの間合いからどのような仕掛け方をすれば有効打突につながるのか、
技の速さではなく理合いで打つ、
ということを繰り返し意識して仕掛けるようにしています。


あとは面打ち、小手打ちの基本的な身体の動作、
竹刀の扱い方・刀法をもっと磨きたいと思っています。
理想は得意技がわかっていても打たれてしまうレベルです。

東京都の大会で上位に勝ち進むには、
ただ稽古を重ねるだけではなく、
質的にいままでとは全く違う内容にならなければと思います。

先日の剣道祭の内容も参考に動作を磨いていきます。

Posted at 23:24 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.05

こ、腰が・・・!

3月で忙しかった仕事もひと区切りつき、
4月からは少し仕事に余裕も出てきたたため
久しぶりに平日の剣道・空手の稽古に出てきました。

剣道は3月も週末に稽古を続けられていたため
それほど稽古への抵抗感はなかったのですが、
空手は2・3月はほとんど稽古に参加していなかったため
身体への負担を考えて徐々に負荷を上げていこうと思っていました。

空手の稽古後に自主トレの時間があるのですが、
久しぶりのウェイトは軽め、回数も少な目に。

・スクワット 70kg×3セット(1セット8回)
・デッドリフト 70kg×3セット(1セット8回)


さて、翌朝。

ベッドから立ち上がれない。
立ち上がってもしゃがめない。
という経験したことのない事態に!(^-^;)


剣道を続けていると腰痛や大きな怪我をされる方も多いところ、
幸い私はいままで深刻な怪我はせずにここまで来られたのですが…

腰痛はつらいですね~。


ただ、腰を痛めたというよりは
局部的な疲労が強くて筋肉が固まってしまったために、
痛みが腰に現れてしまったようです。

とりあえず今日は会社でも腰に湿布を張り続け…
(周りからは臭かったと思います)
少し良くなりました。

週末には稽古に復帰できるよう、平日は治療に専念します。
Posted at 23:34 | 怪我・症状 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.03

東京都剣道祭

IMG_1300.jpg
4/1は東京都剣道祭に出場しました。

3/31・4/1は道場での春季強化稽古があり、
午前・午後の2回稽古を行うのですが
その稽古を抜けての出場になりました。
私が日程が重なっていたのに気が付かずに申し込んでしまっただけなのですが(^-^;)

対戦相手はあらかじめホームページで
発表されていてわかっていました。

なんと警視庁の全日本にも出場された2人の先生と。
そのうちおひとりは全日本準優勝という
剣道界のトップを走る先生方です。

3月は仕事がまだ忙しく、週末に稽古を重ねる形でしたが、
前日の強化稽古稽古に参加できたこともあって
大会に向けて調整を進められました。


剣道祭

剣道祭2
そして結果はというと…
2回続けて二本負け!という内容でした。
構えからして全然違いますね。

さすがの実力者の先生方、
攻めてもビクともせず、グイグイと間合いを詰められて
中途半端な打突をしてしまったところを見事に返されました。

その他にも出頭、攻めに居ついてしまったところを打たれたりと、
見事に一本を頂戴し、全く手が出ませんでした。
良かった点と言えば打ち切った面を1度ずつ出せたことぐらいでしょうか。

短い時間でしたがとても貴重な経験になりました。
あの強い攻め、早い打突に対抗するにはどうするべきか?
それをこれからの稽古で考えなければいけないと感じます。

基本の打突は「強く、速く、起こりを少なく」、
刀法をより意識して無駄なく素早く理にかなった打突、
手元を上げない強い攻め、腰からの打突、
こういった点が課題と思います。

当たり前のことばかりですが、
やはり基本のレベルの高さが剣道の強さに直接つながっていると感じます。

あとはもっと稽古の機会を求めなければ、とも思います。


次の京都大会でも対戦相手の先生は
全日本への出場経験のある警察の先生のようです。
次は全国レベルの先生に近づける立会いを展開したいと思います。

Posted at 23:19 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |