2018.07.31

右足の湧泉

稽古
足裏のツボである湧泉に体重を乗せることを意識すると
足の運用がスムーズに行えるとよく聞きます。

私も意識はしているのですが、
左足の教えであると捉えていました。

実際に湧泉の話が挙がる場合は、
体重を左足にどの程度、どのようにかけるべきか
という話で語られることが多いと思います。


そこへ、先日ある先生が「左右の湧泉を意識して…」と
あまり「右」を強調するわけでもなく
自然に話をされていました。

それをうかがって、なるほどと思いました。
「右の湧泉を意識する」のは考えていませんでした。
足さばきは左足が重視されますが、
右足の運用について考えが至っていませんでした。


自身の構えの姿勢を振り返ってみると、
左足は曲がってしまうことが随分減ったのですが、
全体的にどこか伸びやかさ、
ひいては構えの美しさが足りないと感じていました。

その解決のヒントは右足の使い方、
特に湧泉を意識した体重の運び方にあるのかと思ったところです。

少し意識して稽古してみると、
いままでは右足はべったりついていたのですが、
湧泉を意識すると点で立っている感覚に近いです。

構えの姿、打突への移行を考えながら
右足の運用にも目を向けてみたいと思います。

Posted at 23:40 | 稽古録 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.25

全日本少年少女武道錬成大会

錬成大会1
7/21の錬成大会1日目は所属道場の応援として、
7/22の2日目は区の連盟チームの監督として
いよいよ錬成大会の本番を迎えました。

結果は以下の通りでした。

所属道場チーム 2回戦敗退
連盟Aチーム 3回戦敗退
連盟Bチーム 1回戦敗退


まず所属道場チームは全体的には経験の浅い子が多いため
なんとか一回戦勝ち上がって欲しいと願っていましたが
際どい勝負をものにして見事勝ち上がりました!

二回戦はさすがに相手チームも強かったのですが、
武道館で一勝できたことはいい経験になったと思います。


連盟Bチームは4年生2名、補員を入れると女子5名というチームで
稽古から一生懸命ついてきていましたが
初戦の相手がとても強く運がなかった印象です。

私が監督を務めた連盟Aチームは
1・2回戦を基本錬成をほぼ落とさず取れたため
一本勝負は気持ち楽に進めることができました。

三本勝負となる3回戦では、そこまで力の差はないように感じましたが、
うまく試合を運ばれ差をつけられての敗退となりました。


今回は先に攻め・動いて相手の手元を浮かせて打つ、
先に攻めて相手がいついたところを打つ、
単調な攻めにならないように打つ(二段三段の技・打ち終わり)、
ということを稽古してきたのですが、
見事に逆にそれをやられてしまいました。

先に攻めるというと、=(イコール) 先に打つになってしまうため、
今回の経験をしっかり力に変えてくれると嬉しいです。

私自身も指導したこと、やりたい剣道のイメージが
もうひとつ伝わっていなかったのかと思います。
そこは私の課題でもありますし、子供たちにも上手な選手の
攻め・打ち方のいいイメージを持って帰るように話しました。


結果はともあれ、選手のみんなは大会当日はもちろん、
大会までの稽古を暑いなかよく頑張りました。
確実にその分の力は付いてきていると感じています。

夏から秋にかけて試合もいくつかありますので、
今回の反省をしっかり稽古して
また頑張って欲しいと思います。

Posted at 23:30 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.15

表から小手を打つ

子供たちの指導で毎回言っていることのひとつに、
「基本の小手打ちは表から打つ」
ということがあります。

なにげなく小手打ちをやってもらうと、
構えの段階では表を合わせていても、
間合いを詰めて打突しようとする際に
裏から入って小手を打つ子が多いです。


もちろん裏から、下からの小手も
打突方法としてありますが、
それは応用的な打ち方なので
基本は表から攻めて、相手の竹刀を越えて小手を打つことが重要だと思います。

相手の竹刀を越える際に、
無駄のない竹刀の上げ方・下げ方も身に着けることができますし、
この打ち方ができないと、その先で出小手が身につかなくなります。


元立ちも相手の竹刀が自分の竹刀を越えた段階で
小手を開いて打たせる必要があります。
間合いを詰められた際に
相手が振りかぶる前に開いてしまうと、
竹刀を越えて打つことにならないため要注意です。

稽古で何を意識すべきか、
ということをしっかり説明しなければと思います。

Posted at 23:37 | 剣道の指導 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.11

錬成大会に向けて

7月に日本武道館で行われる全日本少年少女武道錬成大会に向けて
剣道連盟代表2チームの稽古を重ねています。

昨年はAチームが敢闘賞を受賞したため、
今年もそれに続きたいものです。


錬成大会は基本判定と一本勝負のため、
基本の稽古に重点を置きつつも、
勝負にも強くなれるよう考えて指導を行っています。

今年は稽古メニューをあえて少し限定し、
実施する内容を確実に身に着けることを考えています。

打突動作では構えの際に左足を"つくる"こと、
左足で身体を押し出して打つこと、
小手打ちは表から相手の竹刀を越えて打つこと、
など大人なら当たり前のことでも
あえて言葉にしてひとつひとつ行うようにしています。

剣道の稽古を続けるうえで、土台となる考え方を付けてもらえたらと思っています。


先週から一気に厚さも増してきました。
この大会は暑さとの戦いでもありますね。

健康に注意しながら上位進出を目指してがんばります!

Posted at 23:36 | 剣道の指導 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.06

ランニングマシーン

IMG_1907.jpg
どどーんと。

いろいろ悩んだ結果、ランニングマシーンを購入することにしました。
主な目的は妻のダイエットwと、私のコンディション調整です。

女性のダイエットを考えると、まずはランニングが思い浮かびますが
夜は防犯上ひとりで走るのは危険ですし、
かといって朝早く起きるのもちょっと現実的ではないかなと…。
そこでランニングマシーンに思い至ったのです。


通常のメーカーのものだと7,8万からという価格帯なのですが
amazonで見つけたBARWINGという製品は
3,4万と格段に安いものがありました。

迷ったのは10km/h以下で3万のものか、
17km/hまで出るけど4万かということですなのですが…

マンションだとあまり早く走っても騒音が心配ですし、
用途としても走って体力をつけるわけではないので、
低速タイプのものに決めました。


実物を何度か走ってみた感触はいい感じです。
思ったよりずっと本格的な印象で
走行面も広いですし、かなりしっかりランニングできます。

10km/hはかなり早く感じますし、
自分の走る音がうるさいぐらいなので
7km~8km/hで走っています。

ちなみに体脂肪の燃焼を考慮すると、
心拍数が上がらないくらいの比較的ゆっくりのペースで
20分以上の有酸素運動をするとよいそうです。

なのであまり速くない方がダイエットや
体脂肪を落とすには効率的なようです。


私はモニター画面にIPADを置いて動画を見たりしながら走っていますw
30分番組だとちょうどいい感じですね。
いまamazonビデオでユニコーンガンダムを見始めましたw

そういえば気になってきたのは、
走った時に場所によってはミシミシ音がするようになったことです。
安いのである程度は仕方ないですが、
メンテナンスでカバーできるものか見てみます。

2018.07.04

スポーツ教室

6月から剣道のスポーツ教室が始まりました。

区の体育協会が主催しており、経験の全くない方に
各種スポーツを体験してもらうというイベントです。
指導者は剣道連盟の者が担当するのですが、それを私が務めています。

今年で4年目でしょうか?
なんと今回は指導主任ということになりました。
今年から連盟の理事に参画したので、そのためのようです。


参加者の多い年は20人弱の人が集まるのですが、
今年は10人ほどで、全体に目が行き届いて教えやすい人数です。

全6回の教室で、もう5回が終了したのですが、
5回目には面をつけて稽古するところまで超特急で進めましたw

早素振りなどの難しい内容は省略したりしていますが、
基本的な着装、礼法、素振り、打突は行っていて
皆さんなかなかの集中力で頑張ってくれています。

声を大きく出すのはすこし恥ずかしいようですが、
毎回一生懸命がんばってくれて指導者として嬉しいです。


今年度は3つを稽古の度にお話ししています。

①あいさつをしよう
②姿勢を正しくしよう
③大きな声を出そう

いずれも剣道で必要なことでもあるのですが、
スポーツ教室は体験的な意味合いが強く
その後剣道を続けない子がほとんどなので
これら剣道で行ったことを学校や自宅での生活にも活かすよう話しています。

剣道の技術は、剣道をしなければ役に立ちませんが、
礼法や剣道の心は実生活にも役に立ちます。
それを伝えられたらと考えています。

受講される子供達の記憶に残る経験になるでしょうか?
次回はいよいよ最後の教室になります。

Posted at 23:55 | 剣道の指導 | COM(0) | TB(0) |