2018.09.10

柄の長さをかんがえてみる

IMG_2709.jpg
竹刀の柄の長さについて、
以前37.5に変えてみたということを書きました。

一般的に竹刀の柄の長さはこんな特徴があるかなと思います。

長い:
 手元の操作がしやすい、打突部が短い
 小手が得意な人向け、面には不向き
 高校生・大学生に多い

短い:
 手元の操作がしにくい、打突部が長い
 面が得意な人向け、小手には不向き
 高段者に多い

私は小手が得意なのでどうしても
柄が長い竹刀が使いやすかったのですが、
柄が長いと両手の間隔があるため
姿勢も前傾しがちになってしまいます。

最近小手を変えたことと、手の内の握りを
人差し指・親指も使うことを意識してきたことで
柄が短くても小手を打つことに
それほど不自由しないことを感じてきました。

今では37.5よりも37.0にしようかと思っているぐらいです。
小手を打つことに問題がなければ
やはり姿勢を良くしたいですね。
理想は警視庁の選手のような背筋が美しく伸びた構えです。

ただ、高段者は柄は短い方がいいと
盲目的に短くするつもりはありません。
あくまで自分の剣道がしっかり行える範囲で考えています。
自分の感覚と理屈を重視する人間なのです笑

握りと姿勢と柄皮の長さ、
これからも工夫していきます。

Posted at 23:49 | 剣道具 | COM(2) | TB(0) |