2018.12.31

東京都形剣道大会 準優勝


12月24日は東京都形剣道大会に出場し、
六七段の部にて2年連続の準優勝という成績でした。

決勝では昨年に続き警視庁に挑みましたが
越えることはできませんでした。


今回は稽古から警視庁との対戦を考えて
太刀と小太刀を通じて理合を表現することを意識し
剣道形を練ってきました。

私自身は小太刀をテーマに以下を考えていました。
・小太刀の構えを追求する
・1本目、2本目で「受け流す」小太刀の遣いを表現する
・小太刀の鎬を使う
・苦手な2本目を重点的に稽古する

2本目は刀で受け流す動きを意識して稽古したところ
かなりミスなく無駄の少ない動きでさばけるようになりました。

また、前日の所属道場の稽古納めでは
範士八段の先生に剣道形を見ていただき、
「技の冴えを出そうと力みがある。力を抜くこと」
とのアドバイスをいただきました。

当日は先生の教えの通り力を抜くこと、
その上で気迫と技の冴え、理合を意識して演武しました。

結果は冒頭の通りですが、稽古してきた内容を出し切ることができ
やり切った気持ちで終えることができました。

他の出場者の先生方の剣道形も多く拝見させていただき、
脱力・緩急・より理合を表現すること、
小太刀をさらに追及することが課題と感じました。
また来年の出場に向けて、日々稽古を重ねたいと思います。

Posted at 21:27 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2018.12.11

空手の大会 初優勝

IMG_3140.jpg
先日12/9空手の大会に出場し、
シニア中量級の部で優勝することができました!

この大会はルーキーチャレンジ大会という名称で
初級中級者を対象とした試合になり、
そのシニア部門での参加になりました。


決勝戦まで計3試合しましたが、
一戦一戦が体力の限界への挑戦というような試合です。

シニアの部では年齢的には有利ではあるのですが、
剣道で例えるとエンドレスかかり稽古をしているような感じです。

技はまだまだでしたが、なんとか体力と根性で勝てた印象です(^-^;)
長年の剣道で身につけた体幹の強さも有利なようです。


私は突き(パンチ)も蹴りも
力いっぱい撃ちこんでしまうのですが、
そうするとモーションも大きくなりますし
素早く連続で打つことができません。体勢も崩れてしまいます。

もっと力を抜いて素早くスナップを利かせるように
突き・蹴りを出せるようにすることが
試合を終えての一番の課題だと感じました。

わかってはいても、相手が力強く打ってくると
どうしても自分も力が入ってしまうんです。
あとそもそも力を抜いても威力のある
突きを打てるよう身につけなければいけないです。
剣道も空手も稽古の繰り返しですね。

今回の優勝を励みに空手も時間を作って頑張ります。

Posted at 23:41 | 空手 | COM(2) | TB(0) |
2018.12.03

八段審査会見学

IMG_3083.jpg
11月28日は会社をお休みして、八段審査会(1日目)を見学してきました。

私が見学していた第一コートは午前中15組60名が受審され、
一次合格されたのは…たった2人でした。

この人数には驚きました。
そこまで厳しいものなのかと。

その各コートの合格者がさらに二次審査を行うので、
なるほど、この厳しさなら合格率1%に達しないわけですね。


今回の目的は合格者の審査映像を撮ること。
見学したコートはすべて撮影して、合格発表と照らし合わせます。
そうやって合格映像ができたので、これからの稽古の指針にしていきます。

特に勉強になったのは構えと攻めです。
構えは両足を前後に開かず美しい立ち姿が目を引きました。

攻めはお互いに高いレベルで攻めながら
どう崩すのか、どう仕掛けるのか、
うまく文章にできませんがその呼吸のようなものは学べました。

まだまだ理解できていない部分も多いと思いますが、
この高みまであと9年で近づけるよう
日々の稽古で意識したいと思います。

Posted at 23:44 | 昇段審査 | COM(2) | TB(0) |