2019.02.25

怪我 & 怪我

怪我をしてしまいました。

ひとつは二刀で大会に出場した際に
大刀側の左手の親指を痛めました。

二刀だと手首を痛めそうなイメージがありましたが、
親指が振りぬいた時の細かな操作をしていて
負担がかかっているのだと再確認しました。

いまは少し良くなりましたが、まだ二刀で振れそうにないですし、
一刀でも胴などの返し技は痛みがあります。
これはじっくり治さなければと思っています。


もうひとつは一刀で都道府県対抗予選に出た際に
左足太ももの裏が痛くなってしまいました。
もも裏のお尻との境の辺りなので、
前に大きく伸びて打つ際に負担がかかったものかと思います。

こんな深い部分を痛めるとは正直思っていませんでした。
これからはもっと体幹に近い部分もしっかりストレッチしなければと思わされます。

一刀も二刀もしばらくは厳しそうです。
ストレッチをしっかりやることと、
空手はあまり影響がないので稽古を積めたらと思います。

Posted at 23:20 | 怪我・症状 | COM(2) | TB(0) |
2019.02.19

東京都剣道大会

東京都剣道大会
2/18東京都剣道大会に出場しました。
先週の都道府県対抗予選のよくない試合を払拭したいと
気持ち新たに臨みました。

が、結果はまたしても初戦敗退。
先鋒は勝ったものの、後続が続けずに私も2本負けでした。


私の相手の選手は外国人の方で、先日の都道府県予選にも出られていて
特に背が高く面が早いうえ、他の技も鋭いものがある印象でした。

今回は先週の反省を踏まえて、強い気持ちで攻める、
自分の間合いで勝負することを意識しましたが、
序盤に遠間からの伸びる面で一本を奪われてしまい
近い間合いで攻めきる、我慢することができませんでした。

結果手元を挙げてバタバタした試合展開になってしまい、
後半に小手を奪われて負け、という結果でした。
先週の反省も活かせず情けない限りです。


2,3日して落ち着いてビデオを見てみると、
こちらも惜しい打ちは何度かあり、
攻めることも全くできていない訳ではありませんでした。

ただ、2本奪われたことは事実ですし、
攻め合いの攻防で相手の方の胆力が勝っていました。

自分で気になったのは、攻防の中で腹圧が抜けている瞬間です。
特に近い間合いでの一瞬に腹から力が抜けている場面がありました。
これは空手からの気づきでもあるのですが、
常に腹圧を抜けない姿勢を作れたらと思いました。


また、気持ちの作り方や試合の流れで
試合の内容や結果が変わってきてしまうのは
やはり剣道は難しいな…と、また楽しいと思えてきました。

このギリギリの攻防を自分のものにできるように、
またさらに稽古に励みたいと思います。

まだまだ改善するべき点はたくさんあり、
剣道から学ぶこともたくさんあると思えました!

Posted at 22:01 | 試合参加 | COM(2) | TB(0) |
2019.02.15

四五段審査会

IMG_3509.jpg
2/10は東京都の四五段審査会に帯同してきました。
結果は四段1名合格、五段4名は不合格でした。

四段審査の方は打突も力強く打ち切れていましたので、
実技審査は問題なくパスできました。
形審査は直前まで復習し、本番でミスは一回…!
ヒヤリとしましたがなんとか合格。(^-^)

五段審査では女性受審者がしっかり攻め、
返し胴・相面と決めることができ
合格できたかなと思ったのですが、結果は残念でした。

女性にとって審査は五段だと5.5段ぐらいの力が
必要になりますから、やっぱり難しいですね。
この攻め、打突でダメならより基本から磨くしかなさそうです。

年配の五段受審の方は間合いの使い方が良くなかったです。
打ち終わりにすぐ間合いを詰めてしまうため、
あわてて打つことになってしまい、
中途半端な技やガチャガチャした展開になってしまいました。

間合いを切ろうと、わかってはいてもなかなかできないのが審査ですね。
遠い間合いからしっかりと攻め、
間合いを詰めることで相手に打たせるなど
間合いとそれに応じた技の使い方ができればいいなと感じました。

審査は一筋縄ではいかず難しいですが、
受審者の力になれるよう努力したいと思います。

Posted at 21:55 | 昇段審査 | COM(2) | TB(0) |
2019.02.13

東京武道館杯

IMG_3538.jpg
2/11は東京武道館杯という大会に初めて参加しました。

この大会は一度に剣道・柔道・空手・弓道・なぎなたが試合するという
欲張りな大会?で、他の武道も一緒に観戦することができました。

今回は二刀で試合に臨み、なんと優勝することができました!


準決勝、決勝は20すぎの若手の選手で、
実業団でも活躍されている方のようだったので
まさか勝てるとは思っていませんでした。

ただ、間合いに気を付けて、常に自分の間合い・
二刀の間合いで勝負しようと考えていました。
相手の方が二刀に慣れていなかったので勝てた部分も
正直大きいとは思いますが、二刀でのひとつの成果を
得ることができたので、これを励みに今後も精進したいと思います。


この大会は剣道競技の規模は小さくて20人程度の参加者だったのですが、
(それでも決勝まで4回も貴重な試合ができました)
審判の先生は七段八段の先生だったので、
その大会で二刀の有効打突を認めていただいたことはとても自信になりました。

また、二刀での小手打ちは部位を捉えていても
旗が上がらないことが多かったです。
これは角度や手の内・打つ機会などより精度の高さが求めれると感じました。

途中二刀仲間との相二刀の対戦があったのも初めての経験でした。
やはりお互い二刀だと打つ部位がなかなかありません。。。
辛くも勝ち上がりましたが、危ない場面もありました。


二刀はいま若手の未経験者に体験会も行っているのですが
皆さん一刀での実力があるので、二刀の習得も早いです。

二刀で教わったことを他の方にも伝えつつ、
自身の二刀も深めていきたいと思います。

優勝できたので写真をいっぱい載せますw
東京武道館杯1

東京武道館杯2

東京武道館杯3

東京武道館杯5

東京武道館杯4
相面で竹刀が飛びました。

Posted at 23:25 | 二刀 | COM(2) | TB(0) |
2019.02.11

都道府県対抗予選会

都道府県対抗
2/9は都道府県対抗予選会に出場しました。
が結果は初戦敗退というふがいないものでした。

しかも小手を打ってその後面を返される、
といういつもの負ける時のパターンそのままでした。
うーむ、進歩がありません…。


内容的にはやはり小手を打つ前に攻め負けているのだと思います。
試合の感触としては、相手の方の攻めが
先に先に細かく技を出されるのを嫌がってしまい、
こちらから先の技が少なくなってしまいました。

あとは緊張する場面、負けたくない場面で
どこまで腹をくくって攻めにいけるか、
大きな技、勝負にいけるかといいう気持ちの部分が
相手の方がまさっていたのだと思います。

あとは七段の剣道をして勝ちたいという欲、
もちろんこれも必要だとは思うのですが
こればかり意識すると固くなってしまい、
先の技も少なくなってしまいます。


技の前の攻め、しかける機会、試合への臨み方、
考えること、意識することで変わる部分も多いと思いますので
もう一度自分を見つめて試合に臨めるように心がけます。

Posted at 23:21 | 試合参加 | COM(0) | TB(0) |