2016.12.06

空手とトレーニング

空手の稽古では、剣道とは違って筋力トレーニングがあります。

稽古後に希望者だけが残って参加する形なのですが、
スクワット、立禅、拳立姿勢維持、
拳立て、腹筋、背筋、ミット打ち
だいたいこういったメニューを行います。

トレーニング系は剣道ではやらないので
身体を鍛えるうえではとても役に立ちます。
ミット打ちは2分間ひたすら打ち続けるので
体力というより呼吸が苦しいです。


そして、実は空手の道場で
ウェイトトレーニングができそうです。

ベンチプレス(寝た姿勢でバーベルを持ち上げる)の機材が大きくて、
バーベルスクワット(肩にバーベルをかついでスクワット)も
できるようになっていたことに気が付きました。

ちょうどジムのトレーニングに行ける回数が減っていましたし、
区のトレーニングジムではこういうパワーラックというものがないので
やってみたいと思っていたところでした。

さっそくやってみたのですが、10回×3セット目安だと
ベンチプレスもバーベルスクワットも40kgがちょうどよさそうでした。

ベンチプレスは胸筋を付けてパンチを効かせなくできますし、
こちらのパンチのパワーアップにもつながります。
バーベルスクワットはお尻中心に下半身を鍛えられるので
剣道でしっかり役に立ってくれそうかなと思います。

まずはYoutubeで正しいフォームを調べてみて…
時間を見つけて続けてみたいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1131-65f92b6c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
空手の道場でジムではできないことを補えるのはいいですね。
ますますいい体になってしまいますね。(笑)

剣道はそんなに筋肉は必要ないと思いますが、ないよりあったほうがいいと思いますのできっと剣道にもいい影響はあると思います。
Posted by ATUSHI at 2016.12.14 09:40 | 編集
>ATUSHIさん
筋肉は確かについてきているのですが、
体脂肪率が低くならないんですよね~(^-^;)

仕事中の間食が良くないのか、
食事のカロリーが高すぎるのかな…

確かに剣道の筋肉はないよりあった方がいいと思うのですが、
長年やっていても、ここを鍛える!という場所があまりないですね。
強いて言えば全身を使うので、体幹が大事でしょうか。

筋肉だけではないと思いますが、強い選手はつばぜりの押しや
当たった際の身体が強いですよね。
そこに近づけられればと思います。
Posted by けんいち at 2016.12.15 00:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する