2017.02.21

東京都剣道大会

toukyotokendo.jpg
2/19は東京都剣道大会に大将として出場しました。
画像は右が私です。

結果は1回戦接戦の末代表戦を制し、
2回戦は余裕をもって勝ち上がりましたが、
3回戦で法務に敗退となりました。

チームとして、2・3回戦に勝ち上がれる力はついてきましたが、
そこからの戦いがまたレベルが上がって難しいことを感じました。
次はこの一歩上を目指したいと思います。


私は、1回戦スコアが勝ち数・本数とも同数のまま回ってきましたが、
大将戦は一旦引き分けという結果になりました。
その後の代表戦に選ばれたところ、大将戦と同じ組み合わせとなり、
これをなんとか制することができました。

2回戦は前4人が順調に勝つことができ、
大将戦では1本勝ち。

3回戦は5-1のスコアですでに負けが決まっている状態で、
なんとかもうひとつ勝ちたいところでしたが、
初太刀から出小手を奪われ、続いて相手の攻めに
苦し紛れに小手を打ち、その後を面に返されてしまいました。


勝つことができた1・2回戦でも、相手の攻めに対して
構えや体を崩してかわす場面が多くなってしまった点は反省点です。
勝負がかかってくると、どうしても守りすぎてしまいます。
ただ、そこで打たれてもいけないので難しいところです。

理想としては、極力構えを崩さずに相手の打突をかわし、
打ち終わり、もしくはつば競り合いから
即座に打突できるようにしたいと思っています。

負けてしまった法務戦では、攻めて相手を崩すことができず、
相手の攻めの形で打ってしまいました。
攻めを作れなかった理由を振り返って次に活かします。


大会終盤は、学生クラブ(中央大)と警視庁の決勝戦を見られました。
全体的に学生が挑戦者の立場で生き生きと試合をしており、
警視庁を大将戦で1本先制という状況まで追い詰めましたが
最終的に警視庁大将の越川選手が逆転して優勝となりました。

また上位の選手から刺激をもらえましたし、
あとひとつ上に行くために必要なものが見えてきた気がしています。
またこの経験を糧に稽古に励みます。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1145-ecccd92d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する