2017.02.23

四五段審査会

IMG_8807.jpg
話が前後してしまいますが、2/18は四五段審査会の会場に。
朝早く着いたため、まだ誰もいません。。。

この日の審査会では、所属の道場から
四段1名五段1名が合格されました。
おめでとうございます!


私はというと、今回は審査会場の係員を務めました。
受審者の整列と、番号の読み上げを交代で行いました。

一日係員をしていて感じたのは、若い方が多い会場だったためか
皆さん直前まで面をつけないことです。
私だったら緊張して早めに面を着けて待ちそうですが、
番号を呼ばれてから面を着ける方も多いぐらいで、
間に合わなかったらどうするの?と私が心配になりました。

緊張感の感じ方が違うのかもしれません。
ジェネレーションギャップでしょうか?(^-^;)


立ち合いも多く拝見できました。
さすが大学生は腰からの打突がしっかりしている方が多かったです。
左手の握りで、柄が余っている方が多いのが気になりました。

形審査では、座礼の座り方・木刀の置き方(特に仕太刀)が
わからず戸惑っている方が多かったですね。
ただ、私も大学生の時は剣道形は何も知りませんでしたから、
大きなことは全く言えません笑
きちんと先生に教わって剣道形も稽古して欲しいですね。


そうそう、もう次回4月の審査案内が届きました。
審査を間近で見られた経験を指導にも活かしたいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1146-d94d9379
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
審査の係員お疲れ様でした。
面を着け始めるのが遅いのはなんでだったのですかね?

柄を余して握っている若い人は、最近私もよく見かけ気になっていました。
雑誌か何かでその効果を特集していて流行っているのかなと思っていました。
右手を支点にして速く振れたりするとかですかね?
試合の時はいいかもしれませんが、段審査ではダメな気がしますが。

剣道形はおざなりになりがちですよね。
私も剣道形から学べることも沢山あるというのに気づいたのは社会人になってからですから人の事を言えないですが。(笑)
Posted by ATUSHI at 2017.03.08 16:20 | 編集
>ATUSHIさん
柄を余して持っている人はATUSHIさんの周りでも多いんですね。
全国的な流行なのでしょうか。雑誌にあるなら見てみたいですね。

この持ち方の人は竹刀を小指・薬指ではなくて
中指で保持しているように感じています。

打突の際に小指・薬指を締めるため、
あらかじめこの指の力を抜いておき
中指で保持しておくと打突がスムーズなのかな?
と思って見ているところです。

小指・薬指を打突の時だけ使うため
結果的に柄が余ってしまうのかなと。
一度この持ち方の人を捕まえて聞いてみたいですね笑
Posted by けんいち at 2017.03.11 13:55 | 編集
なるほど、中指で保持ですか。そこまでは見てませんでした。
そうですね、一度余して持っている人に聞いてみたいですね。私もかけたら報告します。
Posted by ATUSHI at 2017.03.13 17:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する