2017.04.08

東京剣道祭

剣道祭2
遅くなってしまいましたが、4月2日は東京剣道祭に出場しました。
(写真は右、防具がいつもと違います)

直前まで足を痛めていて出場できるか心配しましたが、
無事経過は良く前日には稽古にも参加し
怪我の不安なく迎えることができました。

試合の組み合わせは事前に発表され
一人1回試合が組まれているのですが
今回は運良く2回試合をする機会に恵まれました。


試合は1本負け、引き分けという結果に。

今回は勝ち負けよりも、審査を視野に入れて
姿勢、発声、打ちきること、
そして何より攻め合いを意識して試合に臨みました。

両試合とも先に攻め、しかけ、打突することはできたのですが、
やはりギリギリのところで相手を引き出したり、
攻め崩すことができませんでした。

先に攻めて間合いを詰め、機会と見てしかけたつもりですが、
中の間合いでの打たれる怖さ、打たれたくないという気持ちがあり
自分の勝負する機会を作ることができませんでした。

一本を取られてしまった場面は、
自分から攻めるものの、攻め崩すことができないため
試合後半にしかけ・技が単調になってしまい、
そこを合わせられてしまいました。


剣道祭1
いざ本番となると、やはり稽古以上に攻めの攻防は難しいです。
ただ、姿勢や発声などの課題は稽古の成果が出せたかなと思います。
できたこともあり、難しかったこともあり
とても良い経験を積むことができました。

また、自身の試合後は七段・八段の先生方の試合も拝見することができました。
経験を活かして稽古に励みたいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1153-8ad2a3a5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
東京剣道祭お疲れ様でした。結果はともあれ二試合出来たのは運が良かったですね。
そして自分から先に攻め、しかけ、打突できたのは良かったのではないでしょうか。
姿勢や発声も良かったとのこと。いい感じじゃないですか。(^O^)

打たれる怖さ、打たれたくないという気持ちは試合ならではですよね。段審査ではその辺りはもう少し意識しなくてすむので、相手を引き出したり、攻め崩したりしてから打ち出せると思います。
Posted by ATUSHI at 2017.05.05 18:00 | 編集
>ATUSHIさん
いつもありがとうございます(^-^)

なるほど、審査では確かに一本を取られるという怖さは
剣道祭ほどは感じないかもしれませんね。
でも審査という緊張は充分にありそうです…!笑

この経験を活かして京都大会に臨んできましたので、
また近いうちに書きたいと思います。
Posted by けんいち at 2017.05.08 22:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する