2017.08.07

夏休みの課題

剣道の稽古が夏休みになってしまった分、
この期間はウェイトトレーニングをしっかりやってみようと思っています。

以前に書いたように、ウェイトの王道と呼ばれる3種目を行っています。
4月頃から本格的にトレーニングを始めたのですが、
扱う重さも少しずつ増えてきました。

他には、足のもも裏であるハムストリングを鍛えるレッグカールを。
これは打突の出足の鋭さを養うためのものです。


■4月頃
・ベンチプレス
40kg×10、50kg×30

・スクワット
40kg×10、50kg×30

・デッドリフト
40kg×10、50kg×30


■8月
・ベンチプレス
50kg×20、60kg×30、70kg×5

・スクワット
60kg×20、70kg×30、80kg×10

・デッドリフト
60kg×20、70kg×30、80kg×10

・レッグカール
35kg×30


個人的にベンチプレスが苦手で、なかなか数値が伸びないです。
剣道にはあまり腕力は必要ないとも思っていますが、
基礎の体力として少しずつ伸ばしたいと思っています。
二刀をする上でも役に立ちそうですね。

スクワットとデッドリフトは80kgまで挙げられるようになりましたが、
おそらく元々足腰は剣道や空手で鍛えたものがあり
トレーニングに慣れてきたことで数値が上がったのかなと思います。

トレーニングの結果、体格も目に見えて大きくなってきました。
上半身が大きいと見た目に直結しますが、
剣道としては下半身のトレーニングにとても効果を感じています。

週末の区の合同稽古では下半身が安定していて
非常に攻めやすく感じましたし、
相手の攻めをギリギリまで我慢しやすくもなりました。

打突した勢いでの体当たりも、相手をはじき飛ばしてしまう程で
ここは力加減を気を付けないと…と思いました。

あとは、単純に力がついたのに対して、明らかに稽古が不足していますね。
特に打突の出足の鋭さ、細かな技など繰り返し基本稽古をしたいです。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1170-920e49a8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する