2017.08.25

ウェイトトレーニングの回数

weight80.jpg
80キロスクワットのセット


ウェイトトレーニングでは
"どれだけの重さを何回トレーニングするのか"が
筋力アップという目的のために大事だそうです。

"10回挙げられるが、11回は挙げられない"限界の重さで
10回を1セットとして3,4セット行うのが
良いというのが一般的な理論のようです。

さらに、低い重さから挙げ始め、限界の重さを挙げた後、
また低い重さに戻して挙げていく方法(ピラミッド)が
挙げる総重量をかせぐことができるため良いとも聞きました。

そこでこれまでは、1セット10回で低い重さから
ピラミッド型でトレーニングを続けていました。


そんな折、先日区の体育館にトレーニングに行ったところ、
スタッフの方から
「8発狙いを4セットぐらいするのがいいですよ」
と教えていただきました。


どうやら1回挙げることを、ウェイト業界?では"1発"というそうです笑
「8回ですか?」と聞き直しても「8発ですね」と返ってきます。

まぁ言い方はともかく、筋力をアップさせるには
"8発"Maxを4セット程度がいいそうで、
結果的に"6発"しか挙げられなくても問題ないそうです。

というわけでそれ以降は"8発"Maxを4,5セット繰り返しています。

このセットのいいところは、
・トレーニング時間の短縮
・10回はきついが、8回は意外とがんばれる(主観)
ところですね。


区の体育館だとひとつの機材は20分の制限がありますし、
トレーニングの時間が短いのは効率的でいいですね。

この方法でも挑戦する重さは徐々に増やせているので
効果は出ていると感じています。

重さと回数、インターバルの時間など
目的に応じたトレーニング理論がいろいろあるようです。
勉強しながら続けていきます。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1176-6530cf8b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する