2017.09.21

"無限"の一歩

稽古でお互いに構えて徐々に間合いを詰め、
そこから"先に"、"打つ機会をつくる"動作として
交刃の間合いから近間への"一歩の足づかい"を意識しています。

この一歩の攻め足で、相手を居つかせて打つ、
もしくは引き出して打つことが理想です。
"懸待一致"の足づかいとも言えると思います。


その前の攻めが充分でなければ、
このひと足で相手を動かすことはできませんし、
大きく詰めればより相手を動かしやすいと思いますが
自分の動作も遅れてしまいがちです。

反対に小さな一歩であれば、
自分は次の動作に映りやすいのですが
相手を動かす力は弱くなってしまうと感じています。

また右足で詰めた後、左足を継いで打てれば
腰から重さのある打突を打つことができますが、
左足を継ぐことが隙にもなってしまいます。

この一歩が難しく、単純な動作ながらも
"無限の方法と可能性"のある一歩だと稽古を通じて感じています。


いまはしっかりと攻めた後は、
心持ち大きな足づかいで攻め込むことを意識しています。

自分より上位の先生方をまだこの足づかいで
動かすまでは至っていないのですが、
ここは"攻めきる"、"打ちきる"ことを意識しています。

反対に自分が上位の稽古では相手を動かせる機会が増えてきました。
そして、意図したことではないのですが
自分が後から動き出した場合にも
中心を制して打突できる場面が最近何度かありました。


動作1
交刃の間合いから大き目に足を詰め、左足を継いでいます。
そのため、相手の方が先に始動しています。

動作2
相手の方の打突動作の方が早いのですが、

動作3
中心を制して面を打てました。

自分でこのような打突を狙っていたわけではないのですが、
どういうわけか同じような打突が何度か続いたので書いてみました。
自分の感覚では、"かなり遅れて打っている"印象だったので、
いままでになかった面白い打突に思えてきました。

このような攻め方、打ち方も使いこなせれば
"深みのある剣道"につながるのかもしれません。
"無限の一歩の足づかい"をさらに研究したいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1181-653227ae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
表題、面白いですね。
稽古が十分されている感じです。
打突の早い遅いは重心からの足捌きと体重移動が鍵と思われます。
打突時に顎が上がっているのが気になりますが、出鼻面が、綺麗に当てている感じですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。
Posted by kendomania at 2017.09.24 02:17 | 編集
「"無限"の一歩」という題名がいいですね。
そして中心を取っていることで、後から打ち出した面も取れるというのが素晴らしいですね。
写真でもとてもわかりやすかったです。
これを上の先生にもできたら最高ですね。その差はなんなんですかね??
剣道は奥が深いですね。
Posted by ATUSHI at 2017.09.29 09:46 | 編集
>kendomaniaさん
コメントありがとうございます(^-^)

顎が上がっていることは意識していませんでした。
稽古で注意するように致します。

打突の速さの違いは足さばきと体重移動とのこと、
またこれも簡単なようで奥が深いですね。
いろいろ試しながら稽古を続けます。

是非またご覧になって下さい。
Posted by けんいち at 2017.10.03 00:31 | 編集
>ATUSHIさん
題名が好評で良かったです(^-^)
実際に「この一歩が難しいんだよなぁ」とか
「この一歩でうまく引き出せた」などなど思いながら稽古をしています。

"無限の一歩"というのは稽古の中で自然に思いつきました。

上の先生の攻めは奥が深いですね。
構えられただけで攻め込めない気がします、
そんな境地を目指したいですね!

Posted by けんいち at 2017.10.03 00:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する