2017.10.02

東京都稽古会

10/1は東京都の合同稽古会に参加してきました。

前半1時間は自由稽古、
後半1時間は八段の先生による元立ち稽古になります。


この日は前半少し遅れて到着し、おひとりと稽古できました。
実業団で稽古されている方のようで、
素早く若い動きでとてもいい稽古になりました。

後半は先頭で先生に稽古をお願いしましたが、
1時間で3人稽古をお願いするのがやっとでした。

以下、いただいたアドバイスです。
・左脇が空くことがあるので締めること
・速さだけでなく打つ機会を捉えること

自分の中で攻めるだけ攻めたら迷わず打ち切ろうと思っていたのですが
それでは"機会を捉えていない"ということでした。
難しいですが、ギリギリのところでためる、
我慢するということが必要なのかと思います。


他の方が指導を受けているところを見ていると、
・面打ちを振りかぶって打突すること、"差し面"のように打たないこと
を話されている先生が多いように感じました。
そして実際に先生方もそういった打突をされていました。

先生方は攻めても全く崩れませんし、打突にも隙がなく、
不用意に打つと必ず胴に返されてしまいます。
年齢などを考えても素晴らしい技量だと改めて感じました。

先生方の年齢になった時に、私が20代・30代を相手に
張り合ったり、攻めで圧倒することができるかと考えると
その道のりは果てしなく遠いように思います。

8月に続き2回目の参加でしたが、短い時間にも
得るものの大きい稽古でした。
なるべく毎月参加したいものです。平日開催だと厳しいのですが…。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1183-52b7c95f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する