2017.10.12

週末の稽古

土 道場での稽古→合同稽古
日 基本技稽古法、日本剣道形講習会
祝 武道・スポーツフェスティバル@東京武道館(八段元立ち)

週末も稽古を重ねることができました。

土曜は恒例のダブルヘッダーでの稽古でした。
この日は審査を意識しすぎるあまり、動きが固かったかなと思います。

稽古をお願いした先生からも
「攻めの足がない」とのアドバイスをいただきました。
構えを意識しすぎたうえ、攻めても崩せないために
"先に攻めて打つ"ことができず
その場打ち、苦し紛れの打ちが多くなってしまいました。

もう一度稽古・立ち合いの内容を振り返ることにしました。


日曜は区剣連主催で八段の先生をお招きしての形講習会が行われ、
私は助手として先生が解説される際の見本を演武しました。

先生のお話が非常にわかりやすく、
また基本技・形の差がつきやすいポイントを押さえた解説で
とても勉強になりました。

終了後には先生に稽古をお願いすることもでき、
昇段審査に向けて励ましの言葉をいただきました。

遠間からスッと間合いを詰めて、
身体から打ち切る先生の面打ちを学びたいと思います。


体育の日は東京武道館で行われた稽古会に参加してきました。
東京都の合同稽古会と同じ要領でしたが、
参加人数は半分ぐらいの印象でした。
ただ、どの先生もズラリと並ぶのは同じでした笑

この日は"攻めて打ち切る"ことと、"我慢する"ことを両方しようと考えました。
前回の稽古会では速さだけとの言葉をいただいたので、
攻める時は攻めて打ち切る、ただし攻め急ぎすぎず
我慢して先生の動く機会、その先を打とうと考えました。

先に攻めて打ったところは返し胴を打たれ、
我慢すると居ついたところを面に打たれる、
という結果でしたが、今はこの稽古で良いのかなと思います。

返し胴も中途半端に防がずに、打ち切って打たれ切る気持ちです笑
ただ、ここで打たれたり返されることを恐れて
技を出さなければ意味がないと思っています。

稽古をお願いした先生には、今回は不思議と
「いい稽古でした」という言葉をいただけました。

ちょうど挨拶が列の最後だったため、
先に打っては返され、我慢しては居ついて打たれるのを
どう稽古したら良いか質問することができました。

「そこは経験ですから、今の思い切った剣道を続けて下さい」
とのことでした。

ここ数日でたくさんの良い稽古を積めました。
そしてここのところ八段の先生の稽古を多く拝見して、
その見取り稽古の内容がまた次の剣道につながる思いがしました。

審査まであとわずかですが、変わらず稽古に励みます。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1185-ab48feff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する