2017.12.18

返し胴の稽古

審査も終わり、まだバタバタはしていますが、
仕事も含めて少しずつ落ち着いてきました。

日々の稽古も重ねられてきているのと、
空手の稽古も少しずつ復帰できてきました。
空手もいろいろ気づきがあり、また書けたらと思います。

さて、剣道に話は戻って、
次回の四五段審査は四段2人、五段4人の計6人も
受審することになりそうです。


ここ何度かの稽古では審査も想定して、
みんなで返し胴の練習をやってみました。

返し胴は得意な人とそうでない人がはっきり分かれますね。

①右足を出しながら面を受ける
②左足を引き付けながら胴を打つ
手順は簡単に書くとこの通りですね。

苦手な人は胴打ちの手の返しができない、
面を受ける際に右足を出して受けられないことが多かったです。

あとは胴を素早く打とうとしすぎて
①から胴へ直線的に打ってしまう人も多いです。
むしろ胴は大きく打つイメージの方がうまくいくことをお話ししました。


返し胴は少しコツがあって難しいので、苦手な方は
抜き胴を先に練習するのがいいと思って試しています。

抜き胴は相手が出てくると同時に胴に打てばよいため、
タイミングを取りやすいですし、
胴も大きく返して間に合うと思います。

抜き胴と返し胴の竹刀の動きは
全く同じなので、抜き胴の動作の途中で
相手の竹刀を当てると返し胴になります。

まずは皆さん抜き胴、返し胴が打てるように
私も指導の方法を勉強しつつ
繰り返し一緒に練習したいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1199-99e27120
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも楽しく拝読させて頂いております。
遅ればせながら、七段合格おめでとうございます!

私も最近剣道を再開しまして(けんいちさんの足元にも及びませんが;)
抜き胴、返し胴共に不得意でしたので、踏み込みが不十分であったのではと
非常に参考になりました。
けれどやはり「胴」は勇気がいります・・・。

私の道場には若い先生がいらっしゃらないので
先生方で指導方針に食い違う場面が多々あり迷う事もあり
こちらのサイトで再確認して納得できています(笑)
これからも「遠隔ご指導」のほどよろしくお願い致します^^
Posted by もくめ at 2017.12.20 15:28 | 編集
>もくめさん
はじめまして。読んでいただいてありがとうございます。(^-^)

剣道再開されたとのこと、すばらしいですね!
抜き胴、返し胴は踏み込みは不要ですよ。
左足を引き付ける時に打つことが大切です。

いろいろな技や指導法などは先生方によって
教え方が違う場合もあって難しいですね。
でも最終的な剣道の目指すところは一緒なのだと思います。

稽古再開時は怪我をされることが多いので気を付けて下さいね。
場所は離れているかもしれませんが、一緒に稽古に励みましょう!
Posted by けんいち at 2017.12.22 12:33 | 編集
すみません!
踏み込みではありませんでした(汗
間合いに思い切って入れず右足を出せずにいて
その場で打ってしまう事が多いんです。
なので左足の引きつけ時に打つという意識は
なかったので今日から実践してみます。
ありがとうございました!
Posted by もくめ at 2017.12.22 15:18 | 編集
>もくめさん
書き間違いでしたか、失礼しました。(^-^;)
引き付けを意識して是非やってみて下さい。
Posted by けんいち at 2017.12.31 17:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する