2018.04.03

東京都剣道祭

IMG_1300.jpg
4/1は東京都剣道祭に出場しました。

3/31・4/1は道場での春季強化稽古があり、
午前・午後の2回稽古を行うのですが
その稽古を抜けての出場になりました。
私が日程が重なっていたのに気が付かずに申し込んでしまっただけなのですが(^-^;)

対戦相手はあらかじめホームページで
発表されていてわかっていました。

なんと警視庁の全日本にも出場された2人の先生と。
そのうちおひとりは全日本準優勝という
剣道界のトップを走る先生方です。

3月は仕事がまだ忙しく、週末に稽古を重ねる形でしたが、
前日の強化稽古稽古に参加できたこともあって
大会に向けて調整を進められました。


剣道祭

剣道祭2
そして結果はというと…
2回続けて二本負け!という内容でした。
構えからして全然違いますね。

さすがの実力者の先生方、
攻めてもビクともせず、グイグイと間合いを詰められて
中途半端な打突をしてしまったところを見事に返されました。

その他にも出頭、攻めに居ついてしまったところを打たれたりと、
見事に一本を頂戴し、全く手が出ませんでした。
良かった点と言えば打ち切った面を1度ずつ出せたことぐらいでしょうか。

短い時間でしたがとても貴重な経験になりました。
あの強い攻め、早い打突に対抗するにはどうするべきか?
それをこれからの稽古で考えなければいけないと感じます。

基本の打突は「強く、速く、起こりを少なく」、
刀法をより意識して無駄なく素早く理にかなった打突、
手元を上げない強い攻め、腰からの打突、
こういった点が課題と思います。

当たり前のことばかりですが、
やはり基本のレベルの高さが剣道の強さに直接つながっていると感じます。

あとはもっと稽古の機会を求めなければ、とも思います。


次の京都大会でも対戦相手の先生は
全日本への出場経験のある警察の先生のようです。
次は全国レベルの先生に近づける立会いを展開したいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1210-13d15e22
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する