2018.04.08

日々の稽古

ようやく平日の稽古にも徐々に復帰できてきており、
身体はそれなりに動いているのですが
体力面や筋力がやや落ちてしまっているようです。
まずはあわてず身体作りからやり直しですね。


最近の稽古では、構えを崩さないことを意識しています。
・相手の攻めに構えを崩さずに我慢すること、攻め返すこと
・自分からの攻めで構えをギリギリまで崩さないこと

特に相手からの攻めに対して、
かなり我慢してこらえることができるようになってきました。

これは竹刀の構える位置取りが
自然に中心を取れるようになってきたこととも関係していると思います。
中心を自然に取れるために、攻められても動じる場面が減ってきました。

とはいえ、やはり動きの速い方やより高いレベルではまだまだ我慢が効きません。
ここは打たれても構わないので構えを崩さない気持ちで臨みます。


打突の場面では、出頭の面が決まる機会が増えました。
打突そのものよりも、その前の姿勢・攻めが良くなったのかもしれません。

比較的近い間合いでも余裕があるために、
どの間合いからどのような仕掛け方をすれば有効打突につながるのか、
技の速さではなく理合いで打つ、
ということを繰り返し意識して仕掛けるようにしています。


あとは面打ち、小手打ちの基本的な身体の動作、
竹刀の扱い方・刀法をもっと磨きたいと思っています。
理想は得意技がわかっていても打たれてしまうレベルです。

東京都の大会で上位に勝ち進むには、
ただ稽古を重ねるだけではなく、
質的にいままでとは全く違う内容にならなければと思います。

先日の剣道祭の内容も参考に動作を磨いていきます。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1212-602d62ba
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する