2018.04.18

東京都合同稽古会

国体予選当日は一度帰宅してから、
夕方にもう一度東京武道館へ。

この日行われた合同稽古会に参加するためです。


東京都稽古会
前半の自由稽古の時間では、
剣友の方に事前に参加する連絡をしていて
会場で稽古をすることができました。
二刀も何度か稽古できたのがいい経験でした。
(いい位置でビデオが撮れました!笑)

後半の八段元立ちの稽古では、
4人の先生方に稽古をお願いできました。
とはいえ、時間の都合で2回はほぼ打ちこみだったため
実質的には2人の先生と稽古できたことになります。

稽古の内容的には、これまでは八段の先生方には
"攻めた(と思った)ら捨て身で打つ"ということの繰り返しでした。
とても"攻め合い"という内容には程遠く、
面を打っても小手を打っても返されてしまいました。

今回はあまり意図したわけではありませんが、
少しだけ先生方と"攻め合い"の形を作ることができたように思います。
蹲踞から立ち上がった際の左足・左手の充実を意識しましたが、
それが構えの充実につながったのかもしれません。

打突は相変わらず返されたり、起こりを抑えられる場面ばかりでしたが、
見取り稽古では先生方の"しかけ"が感じ取ることができました。
竹刀操作や足使いの玄妙な使いで"先"にしかけているように感じます。

なぜそこで掛かり手が出てしまうのかと考えましたが、
ひとつは掛かり手側から攻めて、間合いを詰めようともビクともしないため
掛かり手側は打つ機会が見いだせず、先生の作る機会に反応してしまうように思います。
これは私自身が下位の段の方に対して行うこと同じ構図です。

まだまだ考えがまとまったわけではありませんが、
次に取り組むべき稽古の内容が少し見えてきました。

必死の攻めで打ち切り、気持ち良く打たれ、
国体予選でのモヤモヤした気持ちを吹き飛ばすことができました。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1216-bdeae612
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する