2018.05.10

空手の昇級審査

イベント尽くしのGW、4/29は空手の昇級審査に臨みました。
現在4級のため、3級への審査です。

空手の級審査は以下の内容になっていて、
受審する級が上がると、実施する内容が難しくなる仕組みになっています。

・基本稽古(突き・受け技・蹴り技)
・移動稽古(前屈立ち回転からの突き・蹴り技)
・パンチコンビネーション
・体力審査(拳立て、スクワットなど)
・組手

私が苦手なのは移動稽古です。
前屈立ちという構えから180度または360度回転したり、
回転して他の構えに移行したりするのですが、
軸足を安定させたまま回転するのが難しいです。

これは稽古回数が重要なのですが、
どうしても参加回数が限られるため苦手を克服できずにいます。


本番はというと…
なんとかやり切りました!

結果は次回の稽古で伝えられます。
移動稽古は完璧ではなかったのですが、
なんとかごまかしました…(^-^;)

組手は得意なのですが、打たれ弱いのが難点ですね。
これも稽古を重ねて鍛えることが大事です。
昇段審査を受ける方の相手なども担当したため、
この日で3回も組手ができて、いい経験になりました。

緊張した中で審査をすることで稽古不足を痛感しましたが、
またできる限り稽古に参加して精進したいと思います。

6月には久しぶりに大会にも参加したいと思っています。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1222-d08ba17f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する