2018.06.19

片手振りのコツ

ベランダを芝生化したことで、
ちょっとした時間に素振りがしやすくなりました。

最近はもっぱら二刀での素振りを研究しています。
理論も大事ですし、振り込む回数も同様に大事だと思っています。


二刀の大刀は竹刀の重心を中心として、
回転させるように振ると打突しやすいというのが通説なのですが
(と言ってもそれもかなり上級者だと思います)
この感覚が自分でつかめてきたように思います。

以前ブログのこの回で解説していました。

直近で気が付いたのは、上段に構えた大刀を下に落とす、
と同時に竹刀を回転させるように振るとスムーズに行えるということです。
調子のいい時はほぼ竹刀の重さを感じずに振り下ろすことができます。

私の中では二刀の先生の打突のイメージとも合っていますので、
この感覚で稽古できればいいのかな…!と思っています。
(ちょっと感動でした)
ただ、実際に稽古で打突するとまた難しさはありそうです。


二刀の振りは、竹刀を回転させるように振って先端を落とすのですが、
単純に上段からまっすぐ振り下ろす方もいますので
やはり自分に合う、無理なく素早く振れる方法を探さないといけないのだと思います。

最近驚いたのは手首のスナップで打つ方ですね。
もちろん手首だけの力ではないのだと思いますが、
手首の割合が他の人よりも随分多い感じです。

この方は本当に手首だけで強烈な打突をするので、
どれだけ強い手首なのか、どれだけ竹刀を振り込んだのかと感じます。

このやり方もちょっと真似しつつ、ベランダで素振りしています。
最近はミルクも外に出て邪魔するようになってきましたw

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1234-146ee006
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
色々研究されていますね。
自分に合う振り方をしつつ、相手によっても変えられたら引き出しが沢山あり強いでしょうね。
私も試してみたいと思います。
教えていただきありがとうございます。(^ ^)
Posted by ATUSHI at 2018.06.25 18:47 | 編集
>ATUSHIさん
そうですね、二刀でも色々な振り方や仕掛け方を使い分けたいですね。
二刀だと攻めが単調になってしまいやすいので、
変化をつけられると効果的だと思います!(^-^)
Posted by けんいち at 2018.07.05 01:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する