2018.10.04

二刀の胴打ち

私の二刀の課題のひとつは、胴打ちです。

面と小手はそれなりに打てるのですが、
胴がさっぱり打てません。


教わったところによると、二刀の胴打ちは少しコツがあって、
ただ上から強く打つだけでは一本になりにくく、
打突の瞬間に腰をクッと入れることがポイントだそうです。

強く打つことよりも、竹刀が当たる瞬間に
左二刀の場合だと右側に腰を少しひねるような動作を
加えると冴えのある打突になるそうです。


私も何度か繰り返してやってみると、
相手に静止していてもらうと
パクッと小気味良い音がして冴えを出すことができました。

しかしこれを相手が動く中で、
自分も足をさばきながら、
できれば相手の面を受けながら打つとなると…
やはり相当な修練が必要です(^-^;)


こちらから攻め込んで相手の手元が上がったところを胴打ち、
相手が面に来たところを返し胴、
これができれば二刀の幅がずいぶん広がります。
それを目指して胴打ちを身に着けたいと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/1253-fb17328b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する