2008.07.25

剣道の身体づくり ?

最近怪我がちなこともあり、剣道を続けていくために
「怪我をしにくい身体づくり」を意識しなきゃと思っています。

ZAVASのHPを参考に剣道競技に必要な栄養素をまとめてみました。


まずZAVASでは、競技特性ごとにTYPE1~3に分類しています。

■TYPE1 爆発・瞬発系アスリート
短い時間(0秒~10秒)に大きな力を発揮する競技。
種目は重量挙げ、投擲競技、100m走など。

■TYPE2 パワー持久系アスリート
パワーとスタミナが両方要求される競技。
種目はバレー、バスケ、サッカー、テニスなど。

■TYPE3 持久系アスリート
パワーは少ないが、長時間発揮する競技。
マラソン、自転車競技など。

剣道はTYPE2に当たりますね。
TYPE2の競技力向上には、パワーアップのために「タンパク質」の摂取と
スタミナ維持のために「エネルギー補給」と「水分補給」が重要ですが、
詳細はまた今度書きたいと思います。

そしてTYPE2の競技での身体づくりのためには、
「衝撃に克つ身体」を作ることが重要。

TYPE2は相手と接触するコンタクトスポーツが多く、
接触によって「筋肉へのダメージ」「赤血球の破壊」が蓄積されることになります。

こういった衝撃に耐えられるようにするために、
だいたいこんな栄養素が必要になります。
・筋肉    タンパク質の摂取
・骨     カルシウムの摂取
・靭帯、腱 タンパク質(コラーゲン)・ビタミンCの摂取
・血液    鉄の摂取

私は以前稽古中にスポーツ性貧血で倒れたこともあり、
鉄分はサプリメントで取っていますので、あとの栄養素をどうするかですね。

タンパク質は糖質や脂質と違って、食品中の含有率が低いそうなので、
プロテインを摂取せよ!とHPでは書かれています。

カルシウムは牛乳が一番だそうですが、私は牛乳はちょっと…な人です(´∀`)
なのでヨーグルトやチーズのような乳製品で補います。
ビタミンCは100%ジュースで十分みたいですね。

いきなりいろいろ変えようと思っても難しいので、
まずは乳製品とジュースを取るように心がけてみます。
プロテインはもう少し調査ということで。

この記事へのトラックバックURL
http://ikenkaiyu.blog10.fc2.com/tb.php/28-f202abf2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する